カテゴリー
アニメーション

アカデミー賞でジャスティン・ティンバーレイクが披露した『キャント・ストップ・ザ・フィーリング!』の動画

2017年度アカデミー賞の授賞式でジャスティン・ティンバーレイクさんパフォーマンスした動画が、ジャスティン・ティンバーレイクさんのYouTubeチャンネルにアップされました。

アカデミー賞の授賞式でのパフォーマンス

映画『Trolls (トロールズ)』の主題歌『キャント・ストップ・ザ・フィーリング!』はアカデミー賞オリジナル・ソング部門にノミネートされたので、授賞式のステージでジャスティン・ティンバーレイクさんがパフォーマンスをすることになりました。

オリジナルのバージョンと少し違うところもいいですが、途中からビル・ウィザースさんの『Lovely Day』につながるところもいいですね。また衣装がフォーマルなのでジャスティン・ティンバーレイクさんとダンサーさんたちがカッコイイです。

Justin Timberlake – CAN’T STOP THE FEELING! (89th Academy Awards Performance)

https://youtu.be/H-Iu06b_Nfg

豪華な顔ぶれがそろったアカデミー賞の授賞式

ジャスティン・ティンバーレイクさんがドルビー・シアターのエントランスから入ってくるので、観客席にいる俳優さんたちの姿が映し出されています。ジャッキー・チェンさんやスティングさん、マイケル・J・フォックスさんなども映ってますね。

Trolls (トロールズ)のサウンドトラックCD

インポート版のサウンドトラックCD

ジャスティン・ティンバーレイクさんが歌う映画『Trolls (トロールズ)』の主題歌『CAN’T STOP THE FEELING!(キャント・ストップ・ザ・フィーリング!)』が収録されています。


Ost: Trolls

ジャケットが日本訳されたサウンドトラックCD

CDジャケットが日本訳されたCDも発売されています。CDに収録された曲は英語です。


トロールズ オリジナル・サウンドトラック

映画『Trolls (トロールズ)』のコンセプトアート画集(英語)

映画『Trolls (トロールズ)』のコンセプトやさまざまなアートワークを掲載した画集が英語で出版されています。残念ながらドリームワークスのコンセプトアート画集は日本語訳されていません。


The Art of Trolls(英語)

カテゴリー
アニメーション

アカデミー賞で披露されたディズニー『モアナと伝説の海』の主題歌『どこまでも~How Far I’ll Go~』

アカデミー賞の生中継をしたテレビ局ABCのYouTubeチャンネルに、授賞式で披露された『モアナと伝説の海』の主題歌『どこまでも~How Far I’ll Go~』の動画がアップされました。

アカデミー賞で披露された主題歌『どこまでも~How Far I’ll Go~』

ディズニーの新作『モアナと伝説の海』は2017年のアカデミー賞オリジナル・ソング部門にノミネートされていたので、授賞式でパフォーマンスを披露しました。

プレゼンターはマウイの声優をしたドウェイン・ジョンソンさん、最初にラップを歌うのが作詞作曲をしたリン=マニュエル・ミランダさん、そして歌っているのがアウリィ・カルバーリョさんです。

Lin-Manuel Miranda and Auli’l Cravahlo perform ‘How Far I’ll Go’ from MOANA

https://youtu.be/7qzKbOXw4D8

オーディションで選ばれた女の子

主題歌を歌っている女の子は『モアナと伝説の海』で声優も担当しているアウリィ・カルバーリョさんです。彼女はオーディションで選ばれたハワイ出身の新人で、まさにモアナの雰囲気にピッタリあった女の子です。

アメリカはコネクションを重要視した社会なので、普通の仕事でも何らかの関係者であることが重要視されます。書籍『ディズニー・ミュージック ?ディズニー映画 音楽の秘密』を読むと、過去のディズニーでも何らかの関係者が声優などに選ばれているケースが多いことがわかります。なので今回のオーディションはかなり異例の抜擢だということがわるでしょう。

その新人の女の子がアカデミー賞の授賞式で堂々とステージをこなしたのだから本当に素晴らしいです。また彼女を選んだキャスティング・ディレクターもすごい先見の明を持ってますね。

作詞作曲はブロードウェイで大人気の作曲家

最初にラップをしている男性が主題歌『どこまでも~How Far I’ll Go~』の作詞作曲をしたリン=マニュエル・ミランダさんです。リン=マニュエル・ミランダさんはブロードウェイでチケットが購入できないほどの大人気ミュージカルとなった『ハミルトン』を手掛けた作曲家です。

ちょっとしたトラブル

アウリィ・カルバーリョさんがいい感じで歌っている時(タイムコード3:20)にダンサーの持つ旗が彼女の頭に当たってます(笑)。アウリィ・カルバーリョさんの顔がアップで写っている時だったので、映像的には目立ってしまいましたが、当たったのが布の部分だったので問題がなくてよかったですね。

『モアナと伝説の海』のサウンドトラックCD

サウンドトラックCDは4種類ほど発売されています。インポート版2種(オリジナル版とデラックス版)、日本版2種(英語の曲と日本語の曲)あるので、購入する際は注意してください。

インポート版

インポート版のオリジナル・サウンドトラックCDです。映画で使用されたオリジナルソングとスコアが40曲収録されています。


Ost: Moana

インポート版 2ディスク・デラックス・エディション

リン=マニュエル・ミランダさんのファンにおすすめなのがインポート版2ディスク・デラックス・エディションです。リン=マニュエル・ミランダさんのデモバージョンやマーク・マンシーナさんのデモバージョンが2枚目のCDに入っています。2枚組のCDで59曲収録されています。


Ost: Moana (2-disc deluxe edition)

英語の曲に日本語のジャケットがついたCD

日本語のジャケットですが、英語の曲を収録したCDです。40曲収録


モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック<英語版>

日本語の曲が収録されたCD

日本の声優さんが吹き替えたバージョンのCDです。主題歌『どこまでも~How Far I’ll Go~』は屋比久知奈さんが歌う劇中歌、加藤ミリヤさんが歌うエンドソングが収録されています。またボーナストラックにアレッシア・カーラさんのバージョンも収録されています。41曲収録


モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック <日本語版>