カテゴリー
ゲーム

オーバーウォッチ トレーサーのお尻問題・・・ヒーローズ・オブ・ザ・ストームで確認してみる

オーバーウォッチのベータ版にてトレーサーの後姿のポーズがセクシーなので消されたと話題になっていたので、ヒーローズ・オブ・ザ・ストームで確認してみました。

3Dモデルを確認

ヒーローズ・オブ・ザ・ストームにオーバーウォッチのトレーサーが追加されました。そこで問題となっているトレーサーのお尻を確認してみました(笑)。オーバーウォッチの3Dデータとヒーローズ・オブ・ザ・ストームの3Dデータは違うモノだと思いますが、何らかのデザインコンセプトが読み取れるかもしれませんので・・・。

確かにお尻が強調されている

短編アニメーション“Alive”を見た時から、そもそも3Dモデルのデザイン自体がお尻を強調していると思っていましたが、ヒーローズ・オブ・ザ・ストームのトレーサーはさらに強調されたものになっています。ハッキリ言って割れすぎです・・・これはセクシーと言うよりも滑稽なくらいオーバーです(笑)。

トレーサーのコンセプトと問題点

トレーサーのコンセプトはスピード感のあるキャラクターです。そのコンセプトを表現するためにアスリートのようなランニングタイツをはかせているのですが、そのシンプルなデザインのために下半身のデザインがシンプルになりすぎてしまう問題があると思われます。

割れによるデザイン効果

シンプルになりすぎてしまう問題を解決しているのがお尻の割れではないでしょうか?お尻の割れを強調してモデリングすることにより、トレーサーを左側面から眺めた時にお尻の曲線を強調して表現することに成功しています。また左のお尻の後ろに、右のお尻を並べることで配置のリズムをつくりだしています。お尻の曲線がデフォルメされた球状になっているおかげで、曲線によるリフレクションハイライトを作り出し、割れ目とガーターでキャッチシャドウを作り出しています。これらの効果はデザイン変化のとぼしいトレーサーの下半身にアクセントをつけるための役割を担っています。

記号化したお尻

私としてはお尻にデザイン的役割を押し付けた結果、『お尻の記号』が張り付けられたような印象を受けてしまいました。例えて言うならば『クレヨンしんちゃん』がお尻を出して「おしりだぞ」と言っているような表現に近いかもしれません。そのように考えるとトレーサーのお尻が『クレヨンしんちゃん』のお尻のようにも見えてきました・・・トレーサーに失礼ですね(笑)。

やはりオーバーウォッチで確認するしかない

オーバーウォッチの短編アニメーション“Alive”を見てもトレーサーのお尻はそんなに割れていないし、球状の形態をしていません。なのでトレーサーの後姿のポーズが本当にセクシーたっだのか確認するには、やはりオーバーウォッチの3Dモデルを確認してみるしか方法がないと思います。オーバーウォッチの発売は2016年5月24日です。

日本ではPlayStation 4で発売

日本ではスクウェア・エニックスからPlayStation 4専用の『オーバーウォッチ オリジンズ・エディション』が2016年5月24日に販売されます。


オーバーウォッチ オリジンズ・エディション(2016年5月24日発売予定)

カテゴリー
ゲーム

ブリザードエンターテイメントは日本市場に入ってくるのか?

BlizzCon 2015のオープニングセレモニーにてブリザードエンターテイメントのCEOであるMike Morhaimeさんが「Japan」という単語を使っていました。はたして深い意味があるのでしょうか?

Mike MorhaimeさんのBlizzCon 2015でのスピーチ

ブリザードエンターテイメントのCEOであるMike Morhaimeさんのスピーチの中で「遠くは日本、サウスアフリカ、アルゼンチン、オーストラリアから参加している」と発言していました。なぜわざわざ「Japan」と言わなければならなかったのでしょうか?普通ならブリザードエンターテイメントのサービスがすでに開始されている韓国や中国の方がもっと遠いはずです(笑)。ましてや熱狂的なファンだったら昔から日本人でもBlizzConに参加している人はいたのではないでしょうか?それとも今年のBlizzConには誰か重要な日本人が参加していたのでしょうか?

BlizzCon 2015 Opening Ceremony

オーバーウォッチの日本語版がスクウェア・エニックスから発売

どうやらオーバーウォッチのPS4日本語版がスクウェア・エニックスから発売されるようです。ひょっとするとMike Morhaimeさんのスピーチの真意はこのことだったのかもしれませんね。でもそれだけの事だったらばディアブロの時と同じですよね・・・。


【発売日未定】オーバーウォッチ オリジンズ・エディション(2016年春発売予定)

Battle.netのサイトに日本語へのリンクを発見!

Battle.netのサイトに入ると日本語へのリンクを発見しました。まだ全然日本語化されていませんが、いつこのようなリンクが作られたのでしょうか・・・あれ?ハースストンのサイトがいつの間にか日本語化されている!?ウッカリしてました・・・いつの間にか日本語でサービス開始されていたのですね(笑)。

他のサイトにも日本語へのリンクを発見

オーバーウォッチディアブロワールド・オブ・ウォークラフト『Legion』のサイトにも同じような日本語へのリンクが設定されていました。現在のところはリンクをクリックしても何も起きませんが、ひょっとすると近い将来には日本語でサポートされるのでしょうか?どうなるのか楽しみですね。

カテゴリー
ゲーム

ヒーローズ・オブ・ザ・ストーム 『バトルフィールド・オブ・エターニティー』が追加!

ブリザード・エンターテイメントが制作した新しいゲーム『ヒーローズ・オブ・ザ・ストーム(Heroes of the Storm)』に新しいバトルグラウンド『バトルフィールド・オブ・エターニティー』が追加されました。デザインのモチーフとなっている世界はディアブロです。マップのデザインがカッコイイですし、エンジェルとデーモンの格闘するアニメーションもカッコイイのでプレイしていてワクワクします。

解説動画: Heroes of the Storm: Battlefield of Eternity Overview

エンジェル VS デーモン

マップが掲載されているサイトを見ていただくとわかるように、今回のマップは左右でデザインが違います。左側のチームはエンジェルをサポートし、右側のチームはデーモンをサポートしなくてはなりません。

相手チームの神を先に倒す

相手チームが自分のチームの神を攻撃してくるので、防御しつつも機会を見つけて相手の神を先に倒さなければなりません。相手チームの神を倒すことができたら、自分の神が戦闘に加わってくれます。

カテゴリー
ゲーム

建物の壁面に描かれたゲーム『ヒーローズ・オブ・ザ・ストーム』のグラフィティ

建物の壁面にゲーム『ヒーローズ・オブ・ザ・ストーム』のグラフィティを描くタイムラプスが公開されています。このグラフィティを制作したのはSmugさん、Ed Hicksさん、Captain Krisさんの3人のアーティストです。MMORPG.comの記事によると1350本のスプレー缶と350個のノズルを使用して完成させたそうです。ホントにすごい!

タイムラプス : Sprayhem Time Lapse – Heroes of the Storm

インタビュー : Sprayhem Interview – Heroes of the Storm

制作時間

MMORPG.comの記事によると3日間(30時間以上)で仕上げたとのことです。これだけ大きな建物の壁面にグラフィティを描くのは難しそうなのに、たった3日とは驚きました。しかもロサンゼルスの日差しは強いから大変だったと思います。

場所

建物の場所はロサンゼルスのダウンタウン(Jesse St. & Imperial St)だそうです。交差点から南西の建物の南側壁面にグラフィティが描かれたようです。Google Mapで調べてみると周りの建物のグラフィティもすごくカッコイイです。

カテゴリー
ゲーム

ゲーム『ヒーローズ・オブ・ザ・ストーム』のプロジェクションマッピング

6月1日にゲーム『ヒーローズ・オブ・ザ・ストーム(Heroes of the Storm)』のサービス開始を祝うイベントがロンドンで開催されたようです。相変わらずブリザード・エンターテイメントは派手なイベントを手掛けますね。

プロジェクションマッピング

下記の動画はそのイベントにて上映されたプロジェクションマッピングです。ヒーローズ・オブ・ザ・ストームの世界観が反映されていてカッコイイです。

Projection Mapping at the Heroes Launch Event

サービス開始のイベント動画

下記の動画はサービス開始のイベントの様子がわかるものになっています。プロジェクションマッピング以外にも、コスプレ・コンテスト、DJプレイなどが楽しめたようです。

Heroes of the Storm Launch Event Highlights

カテゴリー
ゲーム

ゲーム『ヒーローズ・オブ・ザ・ストーム』がサービス開始!

ブリザード・エンターテイメントが制作した新しいゲーム『ヒーローズ・オブ・ザ・ストーム(Heroes of the Storm)』がサービス開始となりました。

ヒーローズ・オブ・ザ・ストーム(Heroes of the Storm)とは

ヒーローズ・オブ・ザ・ストームはプレーヤー5人でチームを作り、敵のチームと戦をするマルチプレイヤー・オンライン・バトル・アリーナ(MOBA)です。下記にゲームプレイの動画をリンクしておきます。

Heroes of the Storm Gameplay Sneak Peek

豊富なキャラクターが用意されています

このゲームの魅力はブリザード・エンターテイメントの豊富なキャラクターたちを使えることです。現在のところ37種類のキャラクターが用意され、今後もキャラクターが増えていくと思います。下記にトレイラーの動画をリンクしておきます。スタークラフトのNovaがかっこいいです。

Heroes of the Storm Cinematic Trailer

プレイするだけなら無料

Free-to-Playなのでゲームをプレイするだけなら無料です。各キャラクター(Hero)のスキンを購入したりするとお金がかかります。スキンは見栄えが良くなるだけなのでゲームを楽しむだけならばお金を使う必要はありません。

難しいゲームではないので英語でも問題無い

残念ながらブリザード・エンターテイメントのゲームなので日本語訳はありません。しかし、操作が難しいゲームではないので英語であっても問題ないと思います。英語を読まなくてもほとんど戸惑うようなことは無いと思います。

週替わりで使用できるキャラクターが変わる

使用できるキャラクターは週替わりで変わってしまいます。そこでキャラクターを購入するといつでも購入したキャラクターは使えるようになります。購入方法はGoldもしくはお金(米ドル)で購入できます。

Goldとは

Goldはゲームをプレイしたり、クエストをクリアするともらえます。主にキャラクターの購入に使用しますが、Goldで買えるスキンもあります。

Quick Matchモードは最初はロックされている

初めてゲームをプレイする時はQuick Matchモードがロックされていようです。Hero LeagueモードとTeam Leagueモードはロックされていることが分かるようにデザインされているのですが、Quick MatchモードのロックはReadyのボタンがアクティブにならないだけなのでわかりにくいです。Versus A.I.モードを何度かプレイしていると、Quick Matchモードのロックが外れたアラートが出てきますので、それ以降はQuick Matchモードをプレイできるようになります。