カテゴリー
アーティスト

キース・パーキンソンのWEBサイトを訪れてみた

ファンタジー・アーティストでもあり、イラストレーターとして知られるキース・パーキンソンのオフィシャルサイトを訪れてみました。

ギャラリーのサイト

メニューからGalleryをクリックすると、キース・パーキンソンのファンタジーやSFの絵が見ることができます。ブックカバーに使用された作品の数は豊富なので十分に楽しめます。しかし残念なのがダンジョンズ&ドラゴンズに使用された絵があまりにも少ないこと、またマジック:ザ・ギャザリングなどに使用された絵が見れないことです。彼の死後に作成されたオフィシャルサイトなので全ての作品が集められなかったのかもしれませんね?可能であるならば、ぜひ彼の作品を集めて公開してもらいたいところです。

ストアーのサイト

メニューからStoreをクリックするとキース・パーキンソンの代表的な作品がポスターとして販売されています。ディアブロ2、エバークエスト、Dragon Magazineの表紙に使用された絵など、懐かしい作品を見ることができます。ただし残念なことに有名なグレート・レッド・ドラゴンのポスターは売り切れだそうです。

原画

驚くことにこのサイトではポスターの販売だけでなく、原画の販売もしています。ポスターよりも値段は高いですが、気に入った作品があれば高すぎるという程ではないのかも・・・?

ミニチュア

ミニチュア(Miniatures)のページではキース・パーキンソンの絵をもとに立体化されたミニチュアも購入できます。販売元はDark Sword Miniatures, Inc.、制作者は40年もプロとしてミニチュア制作をしているTom Meier(元Ral Partha Enterprisesの原型師、現在はThunderbolt Mountainを運営)。

キース・パーキンソン(Keith Parkinson)について

1958年10月22日カリフォルニア州ウェストコビーナ生まれ。1980年Kendall College of Art and Design卒業。TSRのスタッフアーティストとして5年間はたらく。その間ダンジョンズ&ドラゴンズのプロジェクトやドラゴンランス、フォーゴトン・レルムなどの書籍や雑誌のカバーなどを手掛ける。その後はフリーランスとして数多くの書籍の表紙を手掛けた。1995年にはトレーディングカードゲーム Guardiansを制作。2000年にはオンラインゲーム エバークエストのアートワークを手掛け、2002年からSigil Games Onlineのアートディレクター兼共同設立者となり、Vanguard: Saga of Heroesのプロジェクトに従事する。2005年10月26日急性骨髄性白血病により47歳で死去。