カテゴリー
ゲーム

ディアブロ3 トレジャー・ゴブリンが大量発生

アドベンチャーモードでプレイ

ディアブロ3のアドベンチャーモードでプレイです。

トレジャー・ゴブリンの笑い声が聞こえる

Nephalem Riftsのダンジョンをどんどん進んで一時間くらいしたころに、どこからともなくトレジャー・ゴブリンの笑い声が聞こえてきました。『虹色のポータルを出すトレジャー・ゴブリン』との遭遇を期待して声のする方向の階段をのぼっていくと、そこには部屋いっぱいにトレジャー・ゴブリンが大量発生していました(笑)。色とりどりのトレジャー・ゴブリンがいることは確認できましたが、何人いるのか数えることができませんでした。

バトルの後は宝だらけ

攻撃をかけると大人数のトレジャー・ゴブリンが逃げまくり、さらに他の敵も大勢い攻撃してきたので、画面では何が起こってるのかわからない状態になってしまいました(笑)。そんな時でも効率的にトレジャー・ゴブリンを倒すことができればいいのですが、残念ながら攻撃ボタンを押しまくることしかできませんでした。多くのトレジャー・ゴブリンが逃げてしまったと思いますが、私のような下手なプレーヤーでも、バトルの後は部屋中が宝だらけになっていました(笑)。レジェンダリー・アイテムも何個か出現していたので大満足な結果です。

場所は関係なく大量発生する

トレジャー・ゴブリンの大量発生は場所には関係なく起こるようです。上記の例はダンジョンの狭い部屋で発生しましたが、原野のような広い場所でも発生しました。

画面の外に逃げたトレジャー・ゴブリンたち

原野で大量発生したトレジャー・ゴブリンたちは画面の外に逃げていくので、上手く倒せないと思っていました。しかし画面の外に逃げていったトレジャー・ゴブリンたちはポータルを出して消えないようです。画面の外に逃げたトレジャー・ゴブリンを探すとマップのどこかに散らばっているだけのようでした。ただし再度攻撃したときに逃げられるとたぶんポータルを出して逃げてしまうと思われます。

カテゴリー
ゲーム

ディアブロ3 メルヘン世界でテディベアやユニコーンに襲われる

かなりレアなレインボー・ゴブリンが出現

アドベンチャー・モードを2時間ほどプレイしたころに、見たことがないトレジャー・ゴブリンが出現しました。よく見ると3頭身の体系でかなりかわいらしいトレジャー・ゴブリンでした。顔は笑顔で、背負っている袋には星マークと虹色のストラップが付いていました。どうやらこのトレジャー・ゴブリンこそが、めったに遭遇できないレインボー・ゴブリンだったようです。

レインボーポータルが出現

必死の思いでレインボー・ゴブリン倒すとなんとレインボーポータルが現れました!このポータルに入ってみると、アメリカの子供たちが好きそうなメルヘンの世界に飛ばされてしまいました(笑)。顔の描かれた雲や花、そして虹のアーチなど、かわいらしい風景はディアブロとは思えないメルヘンな世界観でした。本気をだせばブリザードもこのようなかわいいイメージも作れるのですね(笑)。

かわいいテディベアとユニコーンたち

このメルヘン世界を探検していくと、かわいらしいテディベアやユニコーンたちがたわむれていました。お友達になろうと近づくと・・・いきなりテディベアとユニコーンたちが攻撃を仕掛けてくるではないですか!完全に油断していたので私のキャラクターはテディベアとユニコーンたちの群衆の中で袋叩き状態です(笑)。それにしてもこんなにかわいい敵キャラだと自分の良心がじゃまして戦いにくいです(笑)。なぜならバトルの後はテディベアの頭やユニコーンの胴体などが散らかっている状態になっていたからです。さすがブリザード・・・バトルシーンのアニメーションは通常のディアブロ同様にエグイです(笑)。

レインボー・ドミネイション

後日、ブリザード・エンターテイメントの画集を眺めていたら、今回の遭遇したメルヘン世界のロゴが掲載されていました。この画集を購入したときは、このロゴの意味を理解できなかったので気が付きませんでした。どうやらこのメルヘン世界はレインボー・ドミネイションと名付けられているようです。なかなかレア体験で楽しかったです。

カテゴリー
ゲーム

Gorehowl(戦斧)の制作映像

映画やゲームなどの武器やアーマーを制作しているTony Swattonさんがブリザード・エンターテイメントからの注文でGorehowl(戦斧)を制作する映像です。Gorehowlとはゲーム World of Warcarftの新しいエクスパンションWarlords of Draenorに登場してくるGrommashが持つ戦斧の名前です。

Azeroth Armory Gorehowl

ミーティング

実物大にプリントアウトしたイメージ画をもとにGorehowlを作ります。ただし戦斧の刃の部分は鉄の塊で作ってしまうと重すぎてしまうので、鉄板を組み合わせて外側のみを制作します。

制作過程

戦斧の刃

  • 実物大にプリントアウトしたイメージ画から形を1/8インチ厚の鉄板に写します。
  • プラズマカッターで鉄板からパーツを切り出し、グラインダーで形を整えます。
  • 斧の尖端部分は炭素鋼の板を中心から180度折り曲げ、スクリュープレスを使用して折り曲げた板を少しずつ開いてV字にします。
  • スパイク部分は鉄の棒をハンマーでたたいて作り出します。
  • 作られた各パーツは溶接してつなぎます。
  • 刃の部分を研ぎシャープにします。

戦斧の柄

  • 柄の部分はレッドオークの木材から切り出し、グラインダーで形を整えます。
  • 柄に皮を貼り付けます。

戦斧の装飾パーツ

  • 奥さんのKarenさんが粘土(chavant oil clay)を使いスケルトンの装飾や柄の端の装飾を作ります。
  • 完成した粘土を元にRTVシリコンで型を作ります。
  • シリコンの型にワックスを流し込むとワックスでできた装飾パーツが完成します。
  • ワックスでできた装飾パーツを缶(ブロンズ鋳造の型)に入れます。
  • 缶をオーブンで焼くことでワックス部分が燃えてなくなります。
  • 高温で溶けたブロンズを缶に流し込むことでブロンズ製のパーツが鋳造されます。

完成

  • 各パーツを固定して完成です。

破壊してみる

せっかくきれいに完成したGorehowlですが・・・Blizzardのお兄ちゃんはすぐに「何か破壊しよう」と提案しています(笑)。氷でできたMURLOC、うまそうなハム、石膏像、スイカ、ガラスのコップなどを破壊!最後はモデルさんがポーズをとって終了・・・オイオイ苦労の末に完成したGorehowlを鑑賞する時間が短すぎないか?

カテゴリー
ゲーム

ゲーム『オーバーウォッチ』に新キャラクター追加

ブリザード・エンターテイメントから新しく発売される予定のゲーム『オーバーウォッチ』のサイトに新しいキャラクターのゲームプレイ映像が追加されました。

McCree:賞金稼ぎ

ロール:オフェンス
アビリティ:ピースキーパー、コンバット・ロール、フラッシュ・バング、デッドアイ

McCree Gameplay Preview

Zarya:ソルジャー

ロール:タンク
アビリティ:パーティクル・キャノン、パーティクル・バリア、プロジェクテッド・バリア、グラヴィトン・サージ

Zarya Gameplay Preview

カテゴリー
ゲーム

ゲーム『オーバーウォッチ』各キャラクター紹介動画が公開

ブリザード・エンターテイメントから新しく発売される予定のゲーム『オーバーウォッチ』のサイトに各キャラクターの紹介動画が公開されました。どのキャラクターも個性的で魅力があります。早くプレイしてみたいですね。

Tracer:冒険家

ロール:オフェンス
アビリティ:パルス・ピストルズ、ブリンク、リコール、パルス・ボム

Tracer Gameplay Preview

Reaper:傭兵

ロール:オフェンス
アビリティ:ヘルファイヤー・ショットガン、レイス・フォーム、シャドウ・ステップ、デス・ブロッサム

Reaper Gameplay Preview

Widowmaker:暗殺者

ロール:ディフェンス
アビリティ:ウィドウズ・キス、グラップリング・ホック、ヴェノム・マイン、インフラサイト

Widowmaker Gameplay Preview

Winston:科学者、冒険家

ロール:タンク
アビリティ:テスラ・キャノン、ジャンプ・パック、シールド・プロジェクター、プライマル・レイジ

Winston Gameplay Preview

Pharah:セキュリティー・チーフ

ロール:オフェンス
アビリティ:ロケット・ランチャー、ジャンプ・ジェット、コンカッション・ブラスト、バラージ

Pharah Gameplay Preview

Reinhardt:冒険家

ロール:タンク
アビリティ:ロケット・ハンマー、シールド、チャージ、ファイヤー・ストライク

Reinhardt Gameplay Preview

Symmetra:アーキテック

ロール:サポート
アビリティ:フォトン・プロジェクター、セントリー・タレット、フォトン・シールド、テレポーター

Symmetra Gameplay Preview

Torbjorn:ウェポン・デザイナー

ロール:ディフェンス
アビリティ:リベット・ガン、フォージ・ハンマー、ビルド・タレット、アーマー・パック

Torbjorn Gameplay Preview

Bastion:バトル・オートメーション

ロール:ディフェンス
アビリティ:コンフィグレーション・アサルト、コンフィグレーション・シージ、リコンフィギュアー、セルフリペアー

Bastion Gameplay Preview

Hanzo:傭兵、暗殺者

ロール:オフェンス
アビリティ:ストーム・ボウ、ソニック・アロー、スキャッター・アロー、ドラゴンストライク

Hanzo Gameplay Preview

Mercy:衛生兵、ファースト・リスポンダー

ロール:サポート
アビリティ:カデューシアス・スタッフ、カデューシアス・ブラスター、ガーディアン・エンジェル、エンジェリック・ディセント

Mercy Gameplay Preview

Zenyatta:放浪する導師、冒険家

ロール:サポート
アビリティ:オーブ・オブ・ディストラクション、オーブ・オブ・ハーモニー、オーブ・オブ・ディスコード、トランセンデンス

Zenyatta Gameplay Preview

カテゴリー
ゲーム

ブリザード・エンターテイメントの新しいゲーム『オーバーウォッチ』動画予告編

ブリザード・エンターテイメントから新しいゲーム『オーバーウォッチ』の予告編が公開されました。

オーバーウォッチの動画予告編

これまでブリザード・エンターテイメントが手掛けてきた映像とはまったく印象が違う作品になっています。キャラクターデザインがアニメっぽくなってますし、ストーリや戦闘シーンでのグロイ表現がまったくありません。ひょっとするとワールド・オブ・ウォークラフトやディアブロなどを制作しているチームとは違う、新しいチームが制作しているのかもしれません。デザインばかりでなくサウンドも今までのブリザード・エンターテイメントのゲームと違うので新鮮です。

Overwatch Cinematic Trailer

オーバーウォッチのゲームプレイ予告編

各キャラクターの特徴がわかる動画になっています。またゲーム内の背景がわかるような映像も含まれています。ワールド・オブ・ウォークラフトのファンとしてはMURLOCが看板になっているRIKIMARUラーメンのデザインが気になりますね。またバトルがはじまる前のスタート地点にある巨大なトラックの壁面にかっこいいMURLOCのイラストが描かれています。

Overwatch Gameplay Trailer

ベータ版の登録

ベータ版の公開は2015年中におこなわれるそうです。現在はベータ版の登録のみ受け付けています。早くプレイできる日が楽しみです。

カテゴリー
ゲーム

タイムズスクエアでおこなわれたワールド・オブ・ウォークラフトの広告がすごい!

ブリザード・エンターテイメントから発売される予定のワールド・オブ・ウォークラフトのエクスパンション『Warlords of Draenor』の広告がタイムズスクエアに展示されました。

ニューヨークの象徴でもあるイエローキャブが破壊される

ニューヨークのタイムズスクエアに突然、巨大な戦斧が落ちてきて、ニューヨークの象徴でもあるイエローキャブを破壊してしまいました(笑)。なんとこれがブリザードエンターテイメントの広告なんです!観光客も通勤途中のビジネスマンもあまりにインパクトのある広告に立ち止ってしまいます。さすがブリザードエンターテイメントですね、企画が面白い!

The Iron Horde Invades Times Square

戦斧Gorehowlのデザイン

イエローキャブに突き刺さっているのがオークのGrommashが持つ戦斧Gorehowlです。サイズがかなり大きく作られているので迫力があります。破壊されたイエローキャブと合わせると高さ3メートルはありそうです。ブレード、グリップ、装飾のスカルなど細部のデザインがきれいに仕上げられています。ブリザードエンターテイメントはゲーム会社なのに彫刻部門をかかえているので作品のクオリティーが高いです!

イエローキャブの細部までこだわったデザイン

巨大な戦斧だけでなく破壊されたイエローキャブの細部もこだわってデザインしているようです。まず車体の屋根に付いていたはずの看板が外れ、地面に転がっています。この看板をよく見るとワールド・オブ・ウォークラフトのエクスパンション『Warlords of Draenor』の広告になっています。またナンバープレートがWRCRFTとなっており、車体には「Draenorまで均一運賃」と書かれています(笑)。

カテゴリー
ゲーム

スタークラフト2 レガシー・オブ・ザ・ヴォイドの映像公開

スタークラフト2 レガシー・オブ・ザ・ヴォイドの映像が公開されました。今回のエクスパンションはProtossのストーリーがメインになります。どんな謎が解明されるのか?楽しみですね。

StarCraft II: Legacy of the Void – Oblivion

メインキャスト

Zeratul、Jim Raynor、Kerriganのメインキャストに加え、今回のエクスパンションではArtanis、Rohana、Vorazun、Karaxがストーリーに加わってくるようです。

Karaxのような武器にかかわる職人キャラはどことなくドワーフを連想するようなシルエットで作られているので、一瞬で彼の役どころがわかる点は上手いところです。しかしTerran陣営にRory Swannがいるのでキャラクーとしてかぶってしまう気がします。ロボットアームを付けている点もキャラとしてかぶると思うのですが・・・。わかりやすいけどイメージを固めすぎている気がするなぁー。私としてはどのようなミーティングでこのキャラクターができたのか気になるところです。

マルチプレイヤー

新しいキャラクターがマルチプレイヤーに追加されるそうです。また既存のキャラクターにも変更点があるそうです。これからのバトルがどのように進化していくのか楽しみです。

Legacy of the Void – Multiplayer Update: Zerg

Legacy of the Void – Multiplayer Update: Protoss

Legacy of the Void – Multiplayer Update: Terran

ベータ版受付中

ベータ版の受付がはじまりました。興味のあるかたは登録してみるといいでしょう。

カテゴリー
ゲーム

初期から現在までのブリザード・エンターテイメントのコンセプトアートが掲載された画集『The Art of Blizzard Entertainment(英語)』

ブリザード・エンターテイメントの画集『The Art of Blizzard Entertainment』を購入しました。この画集にはワールド・オブ・ウォークラフト、スタークラフト、ディアブロなどのコンセプトアートがぎっしり詰まっています。

完全にマニア向けの画集

本のサイズが大きいうえに、373ページと厚い画集なので、ブリザード・エンターテイメントのゲームマニアが満足できる画集に仕上がっています。ただしほとんどのイラストはブリザード・エンターテイメントのWEBサイトにアップしているものなので、新しいイラストはありません。よってコレクターや大きいサイズでイラストを楽しみたいマニア向けです。


The Art of Blizzard Entertainment(英語)

ブリザードの歴史を感じる

過去のラフスケッチは鉛筆で描かれているのに対し、近年はすぺてコンピューターで描かれています。近年のコンセプトアートは線で輪郭を描いてから、コンピューターで陰影とカラーリングをしていることがわかります。この画集をみていると、長年描き続けられたコンセプトアートの蓄積により、デザインや質感などのクオリティーが高くなっていることがうかがえます。

ワールド・オブ・ウォークラフト

ウォークラフト2からMists of Pandariaまでのイラストが172ページにわたって掲載されています。何度もWEBサイトで見たコンセプトアートですが、見開き2ページで掲載されているイラストも多いので細部まで鑑賞することができます。掲載されているイラストの量は各エクスパンションでほぼ同じくらいですが、1番新しいMists of Pandariaはパンダのキャラクターが5点と掲載が少ないです。

ディアブロ

過去のディアブロからディアブロ3までのコンセプトアートが76ページにわたって掲載されています。昔のインクを使ったようなイラストも雰囲気がありますが、ディアブロ3の古典絵画のように仕上げられたイラストもいい雰囲気に仕上げられています。

またD&Dのファンにはうれしい、キース・パーキンソンのディアブロ2の絵『The Final Stand』も見開き2ページをつかって掲載されています。

スタークラフト

スタークラフト1と2のコンセプトアートが79ページにわたって掲載されています。1997年に描かれたスタークラフトと2009年に描かれたスタークラフト2のコンセプトアートを見比べると、非常に洗練されたことがよくわかります。特にヒョロヒョロだったジム・レイナーがガッシリとしてリアルなイメージに完成されている点は見ものです。またZeratulの衣装デザインも細かく描かれているので見ごたえがあります。

リリースされなかったゲーム

過去に企画されていたゲームのコンセプトアートが掲載されています。企画された年代が古いので、ほとんどのイラストが鉛筆画です。キャラクターデザインは今のように洗練されてませんが、懐かしい雰囲気があるので見ていて楽しいです。

日本人として気になるのがゲーム『ロウニン』です。和服を着て、日本刀を持ったキャラクターや紋付き袴を着たモンスターが描かれています(笑)。なかにはワールド・オブ・ウォークラフトのイメージを継承しているモンスターもいるので興味深いです。

クリスマスシーズンのイラスト

クリスマスシーズンのイラストが掲載されています。ブリザードのキャラクター達がサンタクロースに仮装しているので、遊び心を感じるイラストばかりです。例えばサンタクロースの衣装を着たKerriganからLarvaをもらう女の子のイラストなどは笑えます。このようなサービスはブリザード・エンターテイメントの得意とするところですね。

The Art of Blizzard Entertainment(英語)
出版社: Insight Editions
本のサイズ: 23.5 x 4.1 x 32.4 cm