カテゴリー
アニメーション ゲーム 小説 映画

フランケンシュタインからアバターにわたるSFを解説した書籍『SF大クロニクル』

書籍『SF大クロニクル』は小説、漫画、映画、アニメ、ゲームなどのSF作品を年代順に解説している書籍です。500ページ以上にわたって作品が紹介されているので、かなり満足できる年代記になっていると思います。

書籍『SF大クロニクル』

SFの起源となった小説フランケンシュタインから映画アバターまで、SFにとって重要な作品と人物がまとめられています。これからSF作品を楽しもうと思っている人にとっては便利なガイドになるでしょう。

またマーベルやDCコミックに登場するスーパーヒーローもたくさん掲載されているのでアメコミ好きの人も楽しめると思います。


SF大クロニクル

年代順にSF作品を掲載

書籍『SF大クロニクル』は年代記なのでSFの歴史がよくわかります。最初から順番通りに読むことで、名作と呼ばれる作品が他の作家や作品に影響を与えていることが実感できます。

メディア展開のデータ

この書籍の面白いところは、SF作品が他のメディアに展開したデータを網羅しているところです。例えば小説が映画化されたり、ゲーム化されたりしたデータが年表と写真で掲載されています。

見るべき作品を選別するのに役立つ

この書籍に掲載されている作品はSFの歴史として重要な作品を掲載しています。しかし、すべての作品を絶賛しているわけではありません(笑)。評判が悪い作品があればきちんと指摘しています。

例えば小説を映画化したものの改悪してしまったケースや、TVシリーズのファーストシーズンはよかったが、それ以降はダメになってしまったケースなど、さまざまな解説が書いてあります。TVシリーズは見るのに時間がかかりますから、作品を事前に選別できるので非常に助かります(笑)。

日本のSF作品が世界に与えた影響

書籍『SF大クロニクル』はイギリスで出版されたものなのでイギリスとアメリカのSF作品が多く掲載さてていますが、日本のSF作品もかなりの数が掲載されています。日本のSF作品が世界に影響を与えてたことがよくわかります。

下記は掲載されている日本の作品のリストです。

  • 円谷英二
  • 鉄腕アトム
  • ゴジラ
  • 時をかける少女
  • ガッチャマン
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 風の谷のナウシカ
  • 攻殻機動隊
  • 新世紀エヴァンゲリオン
  • バイオハザード
  • 20世紀少年
  • スチームボーイ

上記以外にもロバート・ハインラインの『スターシップ・トゥルーパーズ』の項目では『機動戦士ガンダム』の名前も出てきます。

巻末

巻末にはSFに登場してくる宇宙船のサイズをシルエットで比較した図や、各SF作品のストーリーがどの時代で展開しているのかわかる年表が掲載されています。


SF大クロニクル
出版社: KADOKAWA
編集: ガイ・ヘイリー
日本語版監修: 北島明弘

カテゴリー
アニメーション ゲーム

ゴールデンウィークに親子で楽しめる美術館と博物館 – まんが、アニメ、ゲームなどの企画展

2016年のゴールデンウィークは親子で楽しめるような展覧会が美術館や博物館などで開催されています。

ゴールデンウィークに開催しているマンガ、アニメ、ゲームなどの展覧会(2016)

美術館や博物館はと聞くとお堅いイメージがありますが、近年ではマンガ、アニメ、ゲームなどの展覧会を開催しています。今年のゴールデンウィークはディズニー、ピクサー、セーラームーンなどの人気コンテンツの展示が開催されているので、親子で楽しめると思います。各企画展のタイトルにリンクを貼っていますので、詳細は各サイトで確認することをおすすめします。

アニメの展覧会

  • POWER OF PRINCESS ディズニープリンセスとアナと雪の女王展
  • スタジオ設立30周年記念 ピクサー展
  • ジブリの立体建造物展
  • メカニックデザイナー 大河原邦男展

POWER OF PRINCESS ディズニープリンセスとアナと雪の女王展

会場:松屋銀座 — [東京・銀座]
期間:2016年4月13日(水) – 2016年5月8日(日)(入館は閉館の30分前まで、最終日17:00閉場)
入場料:一般1,500円、高大生1,200円、中学生から3歳まで800円、3歳未満無料

スタジオ設立30周年記念 ピクサー展

会場:東京都現代美術館 — [東京・江東区]
期間:2016年3月5日(土) – 2016年5月29日(日)
開館時間:10:00 – 18:00(入館は閉館の30分前まで、4/29~5/28までの金・土・祝は20:00まで)
休館日:月曜日、3月22日(火)(2016年3月21日、5月2日、23日は開館)
入場料:一般1,500円、高校・大学・専門学校生1,000円、小・中学生500円、未就学児無料

ジブリの立体建造物展

会場:長野県信濃美術館 — [長野県・長野市]
期間:2016年4月16日(土) – 2016年6月26日(日)
開館時間:9:00 – 17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週水曜日(5月4日(水)は開館)
入場料:一般・大学生1,200円(1,100円)、高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金

メカニックデザイナー 大河原邦男展

会場:佐川美術館 — [滋賀県・守山市]
期間:2016年4月17日(日) – 2016年6月16日(木)
開館時間:9:30 – 17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日
入場料:一般1,000円、高大生600円、中学生以下は無料(保護者の同伴必要)
※団体(20名様以上)は200円引き

マンガの展覧会

  • 美少女戦士セーラームーン展
  • デビュー30周年記念 さくらももこの世界展

美少女戦士セーラームーン展

会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内 スカイギャラリー — [東京・六本木]
期間:2016年4月16日(土) – 2016年6月19日(日)
開館時間:10:00 – 22:00(入館は閉館の30分前まで)
※会期中無休
入場料:一般1,800円、学生(高校・大学生)1,200円、子ども(4歳-中学生)600円、シニア(65歳以上)1,500円
※会期中、展示替えを予定

デビュー30周年記念 さくらももこの世界展

会場:横須賀美術館 — [神奈川県・横須賀市]
期間:2016年4月23日(土) – 2016年6月19日(日)
開館時間:10:00 – 18:00
休館日:5月9日(月)、6月6日(月)
入場料:一般900円(720円)、学生(高校・大学生)・65歳以上700円(560円)、中学生以下無料
※市内在住または在学の高校生は無料
※( )内は20名以上の団体料金

ゲーム & その他の展覧会

  • GAME ON ゲームってなんでおもしろい?
  • スクウェア・エニックス×Z会 Works of VISUAL WORKS デジタルアートの最先端
  • スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン
  • サンダーバード ARE GO×TeNQ―未来の宇宙へ F.A.B!
  • しあわせのリカちゃん展

GAME ON ゲームってなんでおもしろい?

会場:日本科学未来館 — [東京・お台場]
期間:2016年3月2日(水) – 2016年5月30日(月)
開館時間:10:00 – 17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週火曜休館(2016年3月29日、4月5日、5月3日は開館)
入場料:一般(19歳以上) 1,500円、18歳以下750円(土曜日のみ650円)、6歳以下は無料

スクウェア・エニックス×Z会 Works of VISUAL WORKS デジタルアートの最先端

会場:大岡信ことば館 — [静岡県・三島市]
期間:2016年3月26日(土) – 2016年8月31日(水)
開館時間:10:00 – 17:00(入館は閉館の30分前まで)
※金曜日は19:00まで開館
休館日:月曜日 (5月2日と7月18日は開館、7月19日は休館)
入場料:一般1,000円、大学生700円、小中高生500円、未就学児無料
※会期中、展示替えを予定

スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン

会場:富山県立近代美術館 — [富山県・富山市]
期間:2016年4月16日(土) – 2016年6月26日(日)
開館時間:9:30 – 18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(5月2日、9日は開館、5月10日(火)は休館)
入場料:一般1,000円(前売り・団体800円)、大学生750円(団体550円)
※( )内は20名以上の団体料金
※小・中・高校生およびこれらに準ずる方、社会人等で18歳以下無料

サンダーバード ARE GO×TeNQ―未来の宇宙へ F.A.B!

会場:宇宙ミュージアム TeNQ(テンキュー) — [東京・東京ドームシティ]
期間:2016年3月3日(木) – 2016年6月28日(火)
開館時間:平日11:00 – 21:00、土日祝・特定日10:00 – 21:00(入館は20:00まで)
※特定日はGW・春夏冬休みなど
※年中無休
入場料:一般1,800円、シニア65歳以上1,200円、学生1,500円、4歳~中学生1,200円

しあわせのリカちゃん展

会場:狭山市立博物館 — [埼玉県・狭山市]
期間:2016年3月19日(土) – 2016年5月29日(日)
開館時間:9:00 – 17:00(入館は閉館の30分前まで)
入場料:一般300円(250円)、高・大生250円(200円)、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金

マンガ、アニメ、おもちゃなどのミュージアム

上記に掲載したような企画展だけではなく、日本全国各地にあるマンガ・アニメの専門ミュージアムもチェックすると、今からでもゴールデンウィークの計画が立てられると思います。ウィキペディアにマンガ・アニメミュージアムの一覧がありましたのでリンクしておきます。