『ダークエルフ物語』の第1巻 故郷、メンゾベランザンについて

小説『アイスウィンド・サーガ』シリーズの前日譚として書かれたお話が『ダークエルフ物語 1巻から3巻』です。『アイスウィンド・サーガ』の方が先に出版されましたが、『ダークエルフ物語 1巻から3巻』を読んでから『アイスウィンド・サーガ』を読んだ方が、さまざまな設定を知ることができます。


ダークエルフ物語 (1) 故郷、メンゾベランザン

表紙について

ストーリーよりも先に説明しておきたいことが表紙のイメージについてです。出版社が児童文学として売り込みたかったのか?ダークファンタジーの小説としては全く似つかわしくない絵が表紙に使用されています・・・そもそもセクシー表現が途中にあるのに児童文学は無理でしょ(笑)。しかも表紙にかいてあるようなシーンはありません(笑)。なので洋書の表紙をイメージして読むことをおすすめします。


Homeland: The Legend of Drizzt, Book I

ダークエルフの社会

ダークエルフの社会が詳しく描写されています。密かに一族を皆殺しにすれば、罪には問われずに、貴族の階級が上がる社会システム。白兵院、魔法院、尼僧院などの教育機関など、地下都市メンゾベランザンでの貴族生活が書かれています。

主人公ドリッズド・ドゥアーデンの成長

デヴィーア家への奇襲の最中に生まれたドリッズド・ドゥアーデンの成長する過程がメインのストーリーとなります。なぜドリッズドはダークエルフの社会に馴染めなかったのか?なぜ地下都市メンゾベランザンを脱出しなかければならなかったのか?などの謎がついに明かされます。

グエンワイヴァ―との出会い

主人公ドリッズド・ドゥアーデンの相棒グエンワイヴァ―(異世界の豹)を手に入れるまでのストーリーが書かれています。『アイスウィンド・サーガ』のファンにとって必読の書です。


ダークエルフ物語 (1) 故郷、メンゾベランザン
出版社: エンターブレイン
著者: R.A.サルバトーレ
翻訳: 笠井 道子

『SFの書き方』に掲載されていた各課題の参考文献

書籍『SFの書き方』を読んでみたものの、小説を書くような凄いことはできないので、この本に掲載されている参考文献くらいは読んでみようと決意してみました。

書籍『SFの書き方』について

株式会社ゲンロンで開催されている大森望 SF創作講座(第一期)の講義内容をまとめた本が『SFの書き方』です。現在は第二期が開催されています。


SFの書き方 「ゲンロン 大森望 SF創作講座」全記録
出版社: 早川書房
編集: 大森 望

参考文献のリスト

紙にメモしても無くしてしまうし、PCにメモしても外出先では見られないので、Blogに書き込んでおくのが一番便利だと思い、下記にリストをつくりました。

課題1 『これがSFだ!』という短編を書きなさい


紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)
出版社: 早川書房
著者: ケン リュウ

課題2 『変な世界』を設定せよ


竜の卵 (ハヤカワ文庫 SF 468)
出版社: 早川書房
著者: ロバート L.フォワード

課題3 『エンタメSF』の設計


未来の二つの顔 (創元SF文庫)
出版社: 東京創元社
著者: ジェイムズ・P・ホーガン

課題4 誰もが知っている物語をSFにしよう


神話の力 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
出版社: 早川書房
著者: ジョーゼフ キャンベル、ビル モイヤーズ


千の顔をもつ英雄〔新訳版〕上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
出版社: 早川書房
著者: ジョーゼフ・キャンベル


千の顔をもつ英雄〔新訳版〕下 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
出版社: 早川書房
著者: ジョーゼフ・キャンベル

課題5 テーマを作って理を通す


美亜へ贈る真珠 〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)
出版社: 早川書房
著者: 梶尾真治


2001夜物語 3 新装版 (双葉文庫 ほ 3-6 名作シリーズ)
出版社: 双葉社
著者: 星野 之宣

課題6 遊べ!理不尽なまでに!


挑戦者たち
出版社: 新潮社
著者: 法月 綸太郎

課題7 謎をとこうとする物語の作成


ソラリス (ハヤカワ文庫SF)
出版社: 早川書房
著者: スタニスワフ・レム

課題8 読者を『おもてなし』してください!

星新一さんの作品すべて、特に初期のショートショート


ねらわれた星 (星新一ショートショートセレクション 1)
出版社: 理論社
著者: 星 真一

課題9 決して相容れないものを並立させよ


都市と都市 (ハヤカワ文庫SF)
出版社: 早川書房
著者: チャイナ・ミエヴィル

ゲンロンで開催されたSF創作講座の全講義をまとめた本『SFの書き方』

株式会社ゲンロンで開催された大森望 SF創作講座の講義録をまとめた本が『SFの書き方』です。SF作家として出版社から本を出したい人を対象にしています。


SFの書き方 「ゲンロン 大森望 SF創作講座」全記録

SF小説を書かない人も楽しめる

私のように小説を書くような趣味がない人が読んでも楽しめます。普段は知ることができないSF作家の創作方法や、出版業界の話が書いてあるので興味深いです。

課題と講義

『SFの書き方』には講義のまえに提示された課題と、課題に対して受講者が提出したSF小説の梗概が掲載されています。その後に講義内容が掲載されているので、まるで自分が受講しているような感覚で読むことができます。SF小説を書いている人ならば「俺ならこうする!」などとアイディアを考えながら学習できるのではないでしょうか?

ちなみに私も課題をトライしてみましたが、初めてのことなので何も思いつきませんでした(笑)。先ずはSF小説をもっと読まないとダメだなぁ。

提出された課題について

ゲンロンのWebサイトでは受講生が提出した課題や完成させた作品を読むことができます。どの受講者も素晴らしいので、次回の講義に参加したい人は読んでみるといいかもしれません。

魅力的な講師陣

SF創作講座では大森望さんだけでなく、魅力的な講師陣が参加しています。講師によって適切なテーマが設定されているので、学べることが多いと思います。

  • 大森望さん
  • 東浩紀さん
  • 長谷敏司さん
  • 冲方丁さん
  • 藤井太洋さん
  • 宮内悠介さん
  • 法月綸太郎さん
  • 新井素子さん
  • 円城塔さん
  • 小川一水さん
  • 山田正紀さん

付録 SF作家になる方法

『SFの書き方』には講義だけでなく、大森望さんのアドバイスが付録として掲載されています。これからSF作家を目指す人は、SFの新人賞に応募するだけでなく、SNSやネットを使った活動など、積極的に動く必要があるようです。


SFの書き方 「ゲンロン 大森望 SF創作講座」全記録
出版社: 早川書房
編集: 大森 望

フランケンシュタインからアバターにわたるSFを解説した書籍『SF大クロニクル』

書籍『SF大クロニクル』は小説、漫画、映画、アニメ、ゲームなどのSF作品を年代順に解説している書籍です。500ページ以上にわたって作品が紹介されているので、かなり満足できる年代記になっていると思います。

書籍『SF大クロニクル』

SFの起源となった小説フランケンシュタインから映画アバターまで、SFにとって重要な作品と人物がまとめられています。これからSF作品を楽しもうと思っている人にとっては便利なガイドになるでしょう。

またマーベルやDCコミックに登場するスーパーヒーローもたくさん掲載されているのでアメコミ好きの人も楽しめると思います。


SF大クロニクル

年代順にSF作品を掲載

書籍『SF大クロニクル』は年代記なのでSFの歴史がよくわかります。最初から順番通りに読むことで、名作と呼ばれる作品が他の作家や作品に影響を与えていることが実感できます。

メディア展開のデータ

この書籍の面白いところは、SF作品が他のメディアに展開したデータを網羅しているところです。例えば小説が映画化されたり、ゲーム化されたりしたデータが年表と写真で掲載されています。

見るべき作品を選別するのに役立つ

この書籍に掲載されている作品はSFの歴史として重要な作品を掲載しています。しかし、すべての作品を絶賛しているわけではありません(笑)。評判が悪い作品があればきちんと指摘しています。

例えば小説を映画化したものの改悪してしまったケースや、TVシリーズのファーストシーズンはよかったが、それ以降はダメになってしまったケースなど、さまざまな解説が書いてあります。TVシリーズは見るのに時間がかかりますから、作品を事前に選別できるので非常に助かります(笑)。

日本のSF作品が世界に与えた影響

書籍『SF大クロニクル』はイギリスで出版されたものなのでイギリスとアメリカのSF作品が多く掲載さてていますが、日本のSF作品もかなりの数が掲載されています。日本のSF作品が世界に影響を与えてたことがよくわかります。

下記は掲載されている日本の作品のリストです。

  • 円谷英二
  • 鉄腕アトム
  • ゴジラ
  • 時をかける少女
  • ガッチャマン
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 風の谷のナウシカ
  • 攻殻機動隊
  • 新世紀エヴァンゲリオン
  • バイオハザード
  • 20世紀少年
  • スチームボーイ

上記以外にもロバート・ハインラインの『スターシップ・トゥルーパーズ』の項目では『機動戦士ガンダム』の名前も出てきます。

巻末

巻末にはSFに登場してくる宇宙船のサイズをシルエットで比較した図や、各SF作品のストーリーがどの時代で展開しているのかわかる年表が掲載されています。


SF大クロニクル
出版社: KADOKAWA
編集: ガイ・ヘイリー
日本語版監修: 北島明弘

ディズニーのアニメや実写版映画とは全く違う『ジャングル・ブック』の原作小説

ディズニーの実写映画『ジャングル・ブック』が大変面白かったので、ラドヤード・キプリングが書いた原作小説を読んでみました。原作を読んで驚いたのは映画とは全く違うストーリーだということです。しかも小説の方がアクションシーンが多いので、大人も子供も楽しめるストーリーになっています。

岩波少年文庫のジャングル・ブック

ディズニーの実写版映画『ジャングル・ブック』が劇場公開されたので、現在はさまざまな出版社から『ジャングル・ブック』の小説が翻訳されています。私が読んだのは岩波書店から出版されている三辺 律子さんの翻訳本です。読みやすい表現で翻訳されているので違和感なく読むことができました。

ジャングル・ブック (岩波少年文庫)
出版社: 岩波書店
著者: ラドヤード・キプリング
翻訳: 三辺 律子

短編小説を集めた形式

原作小説は短編が集まった形式なので時間軸がバラバラに展開します。なので各章を読みはじめる時に一瞬だけ戸惑うかもしれません。しかしどのストーリーも展開が早いのですぐに物語の魅力に引き込まれると思います。

ただし残念なことに岩波少年文庫のジャングル・ブックではモウグリが登場する8編のみの掲載になります。モウグリが登場しない残り7編は掲載されていません。

アニメ、実写映画とは全くストーリーが違う

原作小説のジャングル・ブックはアニメや映画とは全く違うストーリーになっています。特にアニメで表現されていたようなほのぼのとした雰囲気ではなく、原作小説ではジャングルで生き抜くための戦いが常につきまとってきます。その結果、アニメや映画などよりもジャングル・ブックの社会がどのように構成されているのか理解しやすくなっていると思います。

無駄に殺生をしているわけでは無い

ディズニーのアニメや実写版映画と比べると原作小説の方が「血生臭いシーンが多いなぁ」と感じると思います。しかしジャングルには掟があり、無駄な殺生をしているわけではありません。厳しいジャングルで生き抜くことの難しさや、命の尊さなどを効果的に表現していると思います。

また無駄な殺生を楽しんでいるシア・カーンや人間などは敵として描かれ、避けられない戦いとなっていくところなどは映画版に負けないくらい魅力的なアクションシーンになっています。

子供のキャラクターは純粋無垢な存在ではない

日本人の傾向としてありがちな「子供のキャラクターを純粋無垢な存在」と認識してしまったり、ディズニーアニメの作り出した主人公モウグリの印象を持ってジャングル・ブックを読みはじめると、モウグリの設定に多少戸惑ってしまうと思います。

原作小説ではモウグリの子供時代から思春期までの成長過程を描いているので、モウグリのキャラクターは常に変化し、それと共にストーリーがエンディングへ向かっていく設定になっています。なのでモウグリが成長するにしたがって彼の行動や発言に好感が持てない箇所もあるかもしれませんが、「主人公の好感度」と「小説の完成度」は別物だと思って評価したほうがいいでしょう。

その他のジャングルブックの翻訳本

ディズニーの実写版映画の劇場公開に合わせて原作小説の翻訳本がさまざまな出版社から発売されています。

ジャングル・ブック (新潮文庫)


出版社: 新潮社
著者: ラドヤード・キプリング
翻訳: 田口 俊樹

新訳 ジャングル・ブック (角川つばさ文庫)


出版社: KADOKAWA/角川書店
著者: ラドヤード・キプリング
翻訳: 山田 蘭

ジャングル・ブック (文春文庫)


出版社: 文藝春秋
著者: ラドヤード・キプリング
翻訳: 金原 瑞人、井上 里

ディズニーのアニメと実写版映画もおすすめ

原作とは全く違うストーリーになっているディズニーのジャングル・ブックですが、どちらも素晴らしい作品なのでおすすめです。アニメ版はシャーマン兄弟によるミュージカルが見どころですし、実写版映画はリアルなジャングルの風景をCGで作り出しているので映像に迫力があります。

ちなみにディズニーはジャングル・ブック 2も制作していますがこちらも全く違うストーリーになっています。ただし・・・原作小説を読んだ後にこの強いアニメを見ると恐ろしいエンディングにしか感じられません(笑)。

ディズニーアニメ版 『ジャングル・ブック』

ディズニー実写版 『ジャングル・ブック』

関連記事

スタニスワフ・レムの『泰平ヨンの未来学会議』を読む

2013年に映画化された『コングレス未来学会議』の原作『泰平ヨンの未来学会議』を読みました。作者は『ソラリス』『砂漠の惑星』などを書いたSF小説家のスタニスワフ・レムさんです。今回読んだ『泰平ヨンの未来学会議』は2015年5月25日に発行された大野典宏さんによる改訳版です。

泰平ヨンの未来学会議〔改訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

想像もしなかったようなハプニングが次々に起こるストーリー

この小説の特徴は想像もしなかったようなハプニングが次々に起こるストーリーです。各々のハプニングにはスタニスワフ・レムの未来に対するアイディアが詰め込まれています。最初から最後まで読むと彼の豊富な想像力に圧倒されてしまうでしょう。泰平ヨンに起こるハプニングや未来の設定などはまるで遊園地のアトラクションのように楽しめるので、ぜひ読んでみることおすすめします。

現実の世界も魅力的

この小説は反乱の鎮圧のために軍が投下した爆弾の幻覚薬を吸い込んでしまったことから幻覚の世界を体験するパートがメインストーリーです。しかし泰平ヨンが第8回世界未来学会議のために宿泊するコスタリカのヒルトンホテルでの体験と現実世界も異常な状態になっているので面白いです。ホテルの中と反乱の設定だけでも別のストーリーが作れてしまうくらい魅力的な世界観をスタニスワフ・レムさんは作り出しています。

幻覚による突然の場面展開

泰平ヨンが幻覚を見ているときに突然場面が変化する部分があります。何の前触れもなく文章が続いていくので主人公だけでなく読者も「アレ?・・・何が起こってるの?」と思って気が付く仕掛けになっています。この感覚は泰平ヨンに自分が乗り移ってしまったようで不思議な感覚であり、スタニスワフ・レムの仕掛けに騙された感じで楽しいです。

ユートピアのような未来

さまざまなハプニングによりユートピアのような未来にたどりついた泰平ヨンですが、彼が体験する未来の設定もアイディアにあふれています。また泰平ヨンが未来に適応しようと学習をすればするほどユートピアのような未来に疑念を持つ展開になるストーリーも面白いです。

映画『コングレス未来学会議』も楽しみ

残念ながら見逃してしまいましたが、映画『コングレス未来学会議』のDVD化が楽しみです。訳者である大野典宏さんの『あとがき』を読むと、映画版は小説とは全く違うストーリーながらもスタニスワフ・レムの主張を描ききっていると評しています。また映画批評などでも高評価だったのでぜひチェックしたいと思います。

『コングレス未来学会議』劇場予告編

ファンタジー小説『ダークエルフ物語 』と『アイスウィンド・サーガ』を読む順序

R.A.サルバトーレさんが書いたファンタジー小説『ダークエルフ物語 』シリーズと『アイスウィンド・サーガ』シリーズを読む順序をリストしてみました。

めちゃくちゃになってしまったシリーズ

ダークエルフのドリッズドが冒険するファンタジー小説が『ダークエルフ物語 』と『アイスウィンド・サーガ』です。このシリーズはタイトルが2つあるだけでなく、ナンバリングがしてないのでどの本から読んだらいいのかわかりにくいシリーズになってしまいました(笑)。

表紙のイメージがバラバラ

日本では継続して出版さなかったために、表紙がバラバラになってしまいました。特に初期のものは児童文学を装って出版しようとしたために、ダークファンタジーとしてはありえないイメージになっています(笑)。『アイスウィンド・サーガ』シリーズの英語版と富士見書房版はかっこよかっただけに残念な状態です。

『ダークエルフ物語 』と『アイスウィンド・サーガ』シリーズのリスト

そこで『ダークエルフ物語 』と『アイスウィンド・サーガ』シリーズを読む順番にまとめてみました。出版されてた順番としては『アイスウィンド・サーガ』シリーズが一番最初なのですが、下記の順で読むとドリッズドの生い立ちや、ダークエルフの特性などが理解できるので『アイスウィンド・サーガ』をより楽しめると思います。

1.『ダークエルフ物語』シリーズ(アイスウィンド・サーガの前日譚)


ダークエルフ物語 (1) 故郷、メンゾベランザン
出版社: エンターブレイン
著者: R.A.サルバトーレ
翻訳: 笠井 道子


ダークエルフ物語 (2) 異郷、アンダーダーク
出版社: エンターブレイン
著者: R.A.サルバトーレ
翻訳: 笠井 道子


ダークエルフ物語 (3) 新天地、フォーゴトン・レルム
出版社: エンターブレイン
著者: R.A.サルバトーレ
翻訳: 笠井 道子

2.『アイスウィンド・サーガ』シリーズ


アイスウィンド・サーガ (1) 悪魔の水晶
出版社: エンターブレイン
著者: R.A.サルバトーレ
翻訳: 風見 潤


アイスウィンド・サーガ (2) ドラゴンの宝
出版社: エンターブレイン
著者: R.A.サルバトーレ
翻訳: 風見 潤


アイスウィンド・サーガ (3) 水晶の戦争
出版社: エンターブレイン
著者: R.A.サルバトーレ
翻訳: 風見 潤


アイスウィンド・サーガ (4) 暗黒竜の冥宮
出版社: アスキー・メディアワークス
著者: R.A.サルバトーレ
翻訳: 府川 由美恵


アイスウィンド・サーガ (5) 冥界の門
出版社: アスキー・メディアワークス
著者: R.A.サルバトーレ
翻訳: 府川 由美恵

3.『ダークエルフ物語 』シリーズ(アイスウィンド・サーガの後日譚)


ダークエルフ物語 (1) ドロウの遺産
出版社: アスキー・メディアワークス
著者: R.A.サルバトーレ
翻訳: 笠井 道子


ダークエルフ物語 (2) 星なき夜
出版社: アスキー・メディアワークス
著者: R.A.サルバトーレ
翻訳: 笠井 道子


ダークエルフ物語 (3) 暗黒の包囲
出版社: アスキー・メディアワークス
著者: R.A.サルバトーレ
翻訳: 笠井 道子


ダークエルフ物語 (4) 夜明けへの道
出版社: アスキー・メディアワークス
著者: R.A.サルバトーレ
翻訳: 笠井 道子

その他

ボードゲーム

ダークエルフ物語の主人公ドリッズトが冒険するボートゲームがアメリカで発売されています。現在は英語のみ発売


Legend of Drizzt Board Game: A Dungeons & Dragons Board Game (英語)

小説『クレリック・サーガ』

『ダークエルフ物語』とは別のストーリーですが、「フォーゴトン・レルム」を舞台にしたR.A.サルバトーレさんの小説。


クレリック・サーガ (1) 秘密の地下墓地
出版社: アスキー
著者: R.A.サルバトーレ
翻訳: 笠井 道子


クレリック・サーガ (2) 森を覆う影
出版社: アスキー
著者: R.A.サルバトーレ
翻訳: 笠井 道子