カテゴリー
テーマパーク

ディズニー『ハピリー・エバー・アフター』のミュージックビデオ公開

ジョーダン・フィッシャーさんとアンジー・ケイラウアーさんが歌う『ハピリー・エバー・アフター』のミュージックビデオが公開になりました。

ハピリー・エバー・アフターとは

フロリダのディスニーワールドにあるマジックキングダムでは、プロジェクション・マッピングと花火を使った豪華なショー『ハピリー・エバー・アフター』を開催しています。このショーではビジュアルだけでなく、サウンドトラックも豪華なつくりになっています。

今回公開になったミュージックビデオでは、ジョーダン・フィッシャーさんとアンジー・ケイラウアーさんがデュエットするバージョンです。

Happily Ever After – Jordan Fisher & Angie Keilhauer | Magic Kingdom

ショーで使われているオーケストラ・バージョン

オーケストラとコーラスがプラスされたバージョンがマジックキングダムのショーでは使われています。こちらも素晴らしいので是非チェックしてみてください。

Creators Ready ‘Happily Ever After’ for Debut at Magic Kingdom Park

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのミュージックCD


東京ディズニーランド ミュージックアルバム


東京ディズニーシー ミュージック・アルバム


東京ディズニーリゾート(R) パレード&エンターテインメント・ベスト デラックス (3枚組ALBUM)

カテゴリー
テーマパーク

ディズニー・マジック・キングダムで初お披露目された『ハピリー・エバー・アフター』の公式動画

フロリダのディズニー・マジック・キングダムに新しいショー『ハピリー・エバー・アフター』が登場し、初お披露目されました。

ハピリー・エバー・アフターとは

13年続いたマジック・キングダムの花火のショー『Wishes』が2017年5月11日で終了し、12日から『ハピリー・エバー・アフター(Happily Ever After)』になりました。このショーはは花火、レーザー、プロジェクション・マッピングを使用したディズニーならではの豪華なショーです。

ライブ配信の公式動画

ディズニーのYouTubeチャンネルに『ハピリー・エバー・アフター』が初お披露目された時の動画がアップされました。ライブ配信の動画をそのままアップしているので、タイムコード10:00からスタートすると番組がはじまります。ショーはタイムコード15:22から始まります。

#DisneyParksLIVE: Happily Ever After | Walt Disney World

追記:残念ながらディスニーの公式動画は期間限定公開のため、削除されてしまったようです。なので下にThe DISさんの動画をリンクしておきます。

HAPPILY EVER AFTER Magic Kingdom Fireworks 4K Full Show + Outro | Walt Disney World

ショーのみどころ

プロジェクション・マッピングに使われているアニメーションには今回のために新しいカットが制作されました。『リトル・マーメイド』のアースラ、アラジン、『プリンセスと魔法のキス』のティアナは昔ながらの手描きでアニメーションが作られました。

サウンドトラック

『ハピリー・エバー・アフター』のサウンドトラックはジョーダン・フィッシャーさんとアンジー・ケイラウアーさんがメインで歌っています。詳細については下記のリンクに記事を書いています。

記事: ディズニー・マジック・キングダムの新しいショー『ハピリー・エバー・アフター』で使用される楽曲公開

ディズニーランドに関連する書籍

アトラクション・ポスターの画集


ディズニーテーマパーク ポスターコレクション
出版社: 講談社
著者: ダニー・ハンケ、ヴァネッサ・ハント、トニー・バクスター、ウォルト・ディズニー・イマジニアリング
翻訳: 上杉 隼人、杉山 まどか

ディズニー・テーマパークの設計、開発に関する本(英語)


Walt Disney Imagineering(英語)
出版社: Disney Book Group
著者: The imagineers

ディズニー・テーマパークの地図に関する本(英語)


Maps of the Disney Parks(英語)
出版社: Disney Editions
著者: Vanessa Hunt, Kevin Neary, Susan Neary

カテゴリー
テーマパーク

プロジェクション・マッピングのショー『ハピリー・エバー・アフター』のメイキング動画

マジック・キングダムで新しく開催されるショー『ハピリー・エバー・アフター(Happily Ever After)』のメイキング動画がYouTubeにアップされています。

ハピリー・エバー・アフターとは

フロリダにあるマジック・キングダムで開催されている花火のショー『Wishes』が2017年5月11日クローズし、次の日からプロジェクション・マッピングを用いた新しいショー『ハピリー・エバー・アフター(Happily Ever After)』がスタートします。すでに公開されているメイキング動画を見ると、プロジェクション・マッピングに使われているアニメーションとサウンドトラックは完成度が高いと思われます。

Creators Ready ‘Happily Ever After’ for Debut at Magic Kingdom Park

アニメーションのメイキング

『ハピリー・エバー・アフター』に使用されたアニメーションには、手描きで作られた部分があります。エリック・ゴールドバーグさんが『リトル・マーメイド』のアースラを、マーク・ヘンさんがアラジンとジャファーのヘビを、ランディー・ヘイコックさんがプリンセスと魔法のキス』のティアナを担当しました。

通常のアニメーションの制作とは違い、プロジェクターでお城の模型に映像を写しながらアニメーションを検証しているところは面白いですね。

Walt Disney World Happily Ever After Animator Interview | Disney

オーケストラのメイキング

サウンドトラックに使われている75人編成のオーケストラのパートは、ロンドンにあるAIRスタジオで収録されました。

‘Happily Ever After’ Score Recording Session | Walt Disney World

ボーカルのメイキング

デュエットのパートはジョーダン・フィッシャーさんとアンジー・ケイラウアーさんが歌っています。

Jordan Fisher & Angie Keilhauer on Recording ‘Happily Ever After’ Theme Song

ディズニーランドに関する本

ディズニー音楽の本


ディズニー・ミュージック ディズニー映画 音楽の秘密
出版社: スタイルノート
著者: 谷口 昭弘

アトラクション・ポスターの画集


ディズニーテーマパーク ポスターコレクション
出版社: 講談社
著者: ダニー・ハンケ、ヴァネッサ・ハント、トニー・バクスター、ウォルト・ディズニー・イマジニアリング
翻訳: 上杉 隼人、杉山 まどか

ディズニー・テーマパークの設計、開発に関する本(英語)


Walt Disney Imagineering(英語)
出版社: Disney Book Group
著者: The imagineers

カテゴリー
テーマパーク

ディズニー・マジック・キングダムの新しいショー『ハピリー・エバー・アフター』で使用される楽曲公開

フロリダにあるディズニー・マジック・キングダムで開催される新しいショー『ハピリー・エバー・アフター』の音楽が公開されました。

新しいショー『ハピリー・エバー・アフター』とは

シンデレラ城を使ったプロジェクション・マッピングと花火のショーが2017年5月12日から開催されます。プロジェクション・マッピングに使用されるアニメーションは昔ながらの手描きで制作しています。

ショーに使われる曲『ハピリー・エバー・アフター』

ショーに使われる曲『ハピリー・エバー・アフター』は香港ディズニーランド10周年で使われ、ステージショー『ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック』でも使われた曲です。今回公開されたバージョンは『ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック』で歌われている英語バージョンと比べるとだいぶ歌詞が変わりました。

オーケストラバージョン

ジョーダン・フィッシャーさんとアンジー・ケイラウアーさんがメインで歌い、75人編成のオーケストラとコーラスがついたバージョンです。

Creators Ready ‘Happily Ever After’ for Debut at Magic Kingdom Park

デュエットバージョン

下記の動画(オーディオのみ)はジョーダン・フィッシャーさんとアンジー・ケイラウアーさんが歌っているバージョンです。カントリーロック風に仕上がっています。

Jordan Fisher, Angie Keilhauer – Happily Ever After (Full Version/Audio Only)

ジョーダン・フィッシャーさんについて

ジョーダン・フィッシャーさんはディズニー映画『モアナと伝説の海』で、作曲家のリン=マニュエル・ミランダさんとデュエットしています。

アンジー・ケイラウアーさんについて

アンジー・ケイラウアーさんはアメリカの人気オーディション番組『The Voice』に出ていたカントリーシンガーです。

香港ディズニーランド10周年バージョン

下記の動画は香港ディズニーランド10周年で使われたクラブ系のダンスバージョンです。歌っているのは謝安琪(ケイ・ツェ)さん。

香港迪士尼樂園度假區10周年廣東話版主題曲, 謝安琪主唱《有夢要想-Happily Ever After》

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのミュージックCD


東京ディズニーランド ミュージックアルバム


東京ディズニーシー ミュージック・アルバム


東京ディズニーリゾート(R) パレード&エンターテインメント・ベスト デラックス (3枚組ALBUM)

カテゴリー
テーマパーク

世界のテーマパーク 入場者数のランキング Top 25

TEA and AECOMによる『2014年のテーマパークとミュージアムのインデックスレポート(PDF)』がAECOMのWebサイトに掲載されました。世界のテーマパークだけでなく、ウォーターパークやミュージアムのレポートも掲載されています。

2014年の入場者数ランキング

このレポートは入場者数のみでランキングしています。よってテーマパークの総合評価ではありません。

テーマパークのランキング Top25

2014年の入場者数が多かったテーマパーク Top25のランキングです。ランキングしているテーマパークの大半がアメリカとアジアで展開しているテーマパークで占められています。それに対しヨーロッパのテーマパークはあまりランクインしていません。このランキングで目を引くのはディズニーパークの強さです。ディズニーパークだけで11パークもランクインしています。

  1. マジックキングダム@ディズニー・ワールド (アメリカ/フロリダ)
  2. 東京ディズニーランド (日本/東京)
  3. ディズニーランド (アメリカ/カリフォルニア)
  4. 東京ディズニーシー (日本/東京)
  5. ユニバーサルスタジオ・ジャパン (日本/大阪)
  6. エプコット@ディズニー・ワールド (アメリカ/フロリダ)
  7. ディズニー・アニマル・キングダム@ディズニー・ワールド (アメリカ/フロリダ)
  8. ディズニー・ハリウッド・スタジオ@ディズニー・ワールド (アメリカ/フロリダ)
  9. ディズニーランドパーク@ディズニーランド・パリ (フランス/マルヌ・ラ・ヴァレ)
  10. ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (アメリカ/カリフォルニア)
  11. ユニバーサルスタジオ@ユニバーサル (アメリカ/フロリダ)
  12. アイランズ・オブ・アドベンチャー@ユニバーサル (アメリカ/フロリダ)
  13. 香港海洋公園 (香港)
  14. ロッテワールド (韓国/ソウル)
  15. 香港ディズニーランド (香港)
  16. エバーランド (韓国/キョンギド)
  17. ユニバーサルスタジオ・ハリウッド (アメリカ/カリフォルニア)
  18. 杭州宋城 (中国/杭州市)
  19. ナガシマスパーランド (日本/桑名)
  20. 長隆海洋王国 (中国/珠海市)
  21. ヨーロッパ・パーク (ドイツ/ルスト)
  22. シーワールド・フロリダ (アメリカ/フロリダ)
  23. チボリ公園 (デンマーク/コペンハーゲン)
  24. エフテリング (オランダ/カーツスフーフェル)
  25. ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク@ディズニーランド・パリ (フランス/マルヌ・ラ・ヴァレ)

2014年の注目は長隆海洋王国

2014年3月29日にオープンした長隆海洋王国がいきなり20位にランクインしています。このテーマパークはマカオに隣接する珠海市横琴新区にできた海のテーマパークです。アメリカのシーワールドに近いコンセプトだと思います。このテーマパークのメインは世界最大の水族館だそうで、水槽があまりにも巨大です(笑)。来年のレポートではさらに上位にランキングされるでしょう。

北アメリカのテーマパーク・ランキング

アメリカのランキングを見るとテーマパークの勢力図がよくわかります(笑)。1位から6位までをディズニーが独占、7位から9位をユニバーサルスタジオが独占、10位と11位をシーワールドが独占しています。以下はブッシュガーデンが12位と20位、ナッツベリーファームが13位、シックスフラッグが18位と19位にランクインしています。ヨーロッパでは10位と12位にランクインしているレゴランドですが、アメリカではTop 20にランクインできていません。

日本のテーマパーク・ランキング

世界ランキング2位に東京ディズニーランド、4位に東京ディズニーシーがランクインしています。注目すべきは数あるディズニーパークをおさえてユニバーサルスタジオ・ジャパンが5位に入っています。フロリダのユニバーサルスタジオが11位、12位、17位ですから大健闘です。やはり大阪につくったのが大正解だったと思います。さらに注目すべき点はナガシマスパーランドが19位にランクインしています。日本のテーマパークはまだまだ好調のようです。

カテゴリー
テーマパーク

ディズニーランドのアトラクション・ポスターを集めた画集『ディズニーテーマパーク ポスターコレクション』

ディズニーランドやディズニーシーはもちろん、世界中ののディズニーテーマパークに設置してあるアトラクション・ポスターを集めた画集が『ディズニーテーマパーク ポスターコレクション』です。プロのアーティストたちによって贅沢に作られたシルクスクリーンのポスターは必見です。

アトラクションのポスターを集めた珍しい画集

ディズニーランドやディズニーシーに行かないと見ることができないアトラクション・ポスターを集めた画集が『ディズニーテーマパーク ポスターコレクション』です。ディズニーランドが開園した1955年から2010年までに制作された様々なアトラクション・ポスターを楽しむことができます。年代によるバージョン違いや、アメリカ、日本、フランスなどの地域によるバージョン違いも掲載されているので、ディズニーマニアが満足できる画集となっています。

追記:私が購入したときは英語版しか出版されていませんでしたが、現在は日本語版が出版されています。

ディズニーテーマパーク ポスターコレクション

アトラクション・ポスターとは

ディズニーランドの開園時には、どのようなアトラクションが設置されているのか来園者に知られていませんでした。そこでテーマパーク内にアトラクションを紹介するポスターを展示したのがアトラクション・ポスターの始まりです。

またアトラクション・ポスターはテーマパーク内の装飾としての役割も持っているので、ウォルト・ディズニー・イマジニアリングの専門のアーティストたちが制作していました。デジタルが普及する近年までシルクスクリーンで制作していたのですが、高品質なポスターをシルクスクリーンで制作するためには相当コストがかっていたようです。このようなアトラクション・ポスターの誕生秘話や制作方法などについては画集に詳しく説明が書いてあります。

注意:映画のポスターではありません

画集『ディズニーテーマパーク ポスターコレクション』はディズニーテーマパークのアトラクション・ポスターを特集した画集なので、ディズニーアニメや映画のポスターは掲載されていません。

劇場公開時に使用されたディズニーのアニメや映画のポスターは下記の画集で鑑賞することができます。英語版になってしまいますがこちらもよくできた画集なのでおすすめです。

Disney Movie Posters: From Steamboat Willie to Inside Out (Disney Editions Deluxe (Film))(英語)

画集のサイズ

画集のサイズが28.4 x 22.6 x 1.8 cmと大きいので、アトラクション・ポスターの細部まで楽しんで鑑賞することができます。特に有名なポスターは1ページを使って掲載しているので、迫力があります。また他のポスターは1ページにつき2枚から4枚で掲載されています。その場合はハガキくらいのサイズになりますが、バージョン違いやコンセプト段階との比較ができるように配置されているので見やすいです。

各チャプターの内容

144ページほどの画集ですが、内容は豊富です。チャプター1ではディズニーテーマパークにおけるアトラクション・ポスターの歴史を解説しています。また「ディズニー・ワールド・モノレールシステム」のポスターを例に、シルクスクリーンの製作方法が解説されています。

チャプター2以降はテーマランド(アドベンチャーランドなどのエリア区分)ごとにアトラクションのポスターが掲載されています。なのでカリフォルニア、フロリダ、東京、パリ、香港などのバージョン違いも比較できるのでかなりマニアックな構成です。

ただしホーンテッド・マンションように各テーマパークごとに違うテーマランドに配置されている場合は、チャプター4(カリフォルニア、フロリダ)、チャプター5(パリ)、チャプター6(東京)のように分かれしまいます。これはレアケースなので仕方がないですね。

アトラクション・ポスターのリスト

下記にチャプター2以降に掲載されている主なポスターをリストしておきます。画集にはここで取り上げた以外のアトラクション・ポスターがたくさん掲載されているので、ディズニーマニアの方は画集で確認してみるといいでしょう。

チャプター2:メインストリート

  • サンタフェ・アンド・ディズニーランド鉄道
  • グランドキャニオン・ジオラマ
  • 太古の世界
  • ウォルトディズニー・ストーリー・フィーチャリング・グレート・モーメンツ・ウィズ・ミスターリンカーン
  • アニメーション・アカデミー
  • メインストリート・リムジン
  • ワールドバザール
  • レッドワコン・イン
  • クリスタルパレス
  • プラザイン
  • ザ・ギブソンガール・アイスクリームパーラー
  • ケイシーズ・コーナー

チャプター3:アドベンチャーランド

  • ジャングルクルーズ
  • スイスファミリー・ツリーハウス
  • ターザンのツリーハウス
  • 魅惑のチキルーム
  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー
  • クリスタルパレス
  • ウエスタンリバー鉄道
  • アドベンチャー・アイル
  • タヒチアン・テラス・レストラン
  • フェスティバル・オフ・ライオンキング
  • カリブの海賊

チャプター4:ニューオリンズ・スクエアとリバティー・スクエア

  • カリブの海賊
  • ホーンテッド・マンション
  • ザ・ホール・オブ・プレジデント

チャプター5:フロンティアランド

  • フロンティアランド
  • 蒸気船マークトウェイン号
  • トムソーヤ島
  • ダイヤモンド・ホースシュー・レビュー
  • カントリーベア・シアター
  • ビッグサンダー・マウンテン
  • スプラッシュ・マウンテン
  • ホーンテッド・マンション

チャプター6:ファンタジーランド

  • アリス・イン・ワンダーランド
  • ピーターパン空の旅
  • 白雪姫と7人のこびと
  • ミスター・トードズ・ワイルド・ライド
  • アリスのティーパーティー
  • 空飛ぶダンボ
  • ピノキオの冒険旅行
  • プーさんのハニーハント
  • ストーリーブックランド・カナルボート
  • マッターホルン・ボブスレー
  • イッツ・ア・スモールワールド
  • 海底2万マイル
  • ホーンテッド・マンション
  • シンデレラ城ミステリーツアー
  • 眠れる森の美女の城
  • 美女と野獣の城
  • ミッキーマウスクラブシアター
  • ミッキーマウスレビュー
  • トゥーンタウン

チャプター7:トゥモローランド

  • ニュートゥモローランド
  • 海底2万マイル
  • フライト・トゥー・ザ・ムーン
  • スペースステーションX-1
  • ロケット・トゥー・ザ・ムーン
  • スカイウェイ
  • フライング・ソーサーズ
  • アドベンチャー・スルー・インナースペース
  • グランドサーキット・レースウェイ
  • スタージェット
  • ファインディング・ニモ・サブマリン・ヴォヤッジ
  • ディズニーランドモノレール
  • カルーセル・オブ・プログレス
  • ミート・ザ・ワールド
  • ピープルムーバー
  • スペースマウンテン
  • アメリカ・ザ・ビューティフル
  • マジック・ジャーニー
  • ビジョナリウム
  • スターツアーズ
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
  • モンスターズ・インク ライド&ゴーシーク

チャプター8:東京ディズニーシー

  • タワー・オブ・テラー
  • レジェンド・オブ・ミシカ
  • ポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル
  • センター・オブ・ジ・アース
  • 海底2万マイル
  • マーメイドラグーンシアター
  • シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
  • ジャスミンのフライングカーペット
  • マジックランプシアター
  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー クリスタルスカルの魔宮
  • レイジングスピリッツ
  • ストームライダー
  • アクアトピア
  • タートル・トーク
  • トイ・ストーリー・マニア

チャプター9:ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー

  • レッドカートローリー
  • トワイライトゾーン タワー・オブ・テラー
  • ラジエーター・スプリング・レイサーズ
  • ルイージズ・フライング・タイヤ
  • メイターズ・ジャンクヤード・ジャンボリー
  • ソアリン・オーバー・カリフォルニア
  • グリズリー・リバー・ラン
  • ザ・リトルマーメイド アリエルズ・アンダーシー・アドベンチャー
  • ミッキーズ・ファン・ホイール
  • シリー・シンフォニー・スイング
  • カリフォルニア・スクリーミン
  • グーフィーズ・スカイスクール

ディズニーテーマパーク ポスターコレクション

著者:ダニー・ハンケ、ヴァネッサ・ハント、トニー・バクスター
翻訳:上杉 隼人、杉山 まどか
出版社: 講談社