『ワンダーウーマン』のサウンドトラック全曲公開!

アメリカで大ヒットした実写映画『ワンダーウーマン』のオリジナル・サウンドトラックが全曲YouTube にアップされています。

ワンダーウーマンのテーマ曲(メロディー)について

『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの第2作目『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にて、ワンダーウーマンがバットマンを助けるために初登場した時のサウンドトラック『Is She With You?』が、ワンダーウーマンのテーマ曲(メロディー)です。

OFFICIAL – Is She With You? – Batman v Superman Soundtrack – Hans Zimmer & Junkie XL

映画『ワンダーウーマン』のサウンドトラックについて

今回の映画『ワンダーウーマン』でも『Is She With You?』で使われた同じメロディーがところどころ使われています。『Trafalgar Celebration』は優雅で綺麗な楽曲なのですが、最後に『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にて使用された『Is She With You?』に近いメロディーを聞くことができます。

Trafalgar Celebration – Wonder Woman Soundtrack – Rupert Gregson-Williams [Official]

テーマ曲(メロディー)を最も反映させた曲

ワンダーウーマンのテーマ曲(メロディー)を最も反映させた作品が『Wonder Woman’s Wrath』です。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で使用された『Is She With You?』よりもテンポが速いので、かなり緊張感があります。

Wonder Woman’s Wrath – Wonder Woman Soundtrack – Rupert Gregson-Williams [Official]

映画のテーマソンング

映画のテーマソンング『To Be Human』はシーアさんが歌っています。シーアさんは人気の女性シンガー&ソングライターです。ディズニー/ピクサーの映画『ファインディング・ドリー』でもテーマソングを歌っていました。

Sia – To Be Human feat. Labrinth – (From The Wonder Woman Soundtrack) [Official]

全曲公開

上記で紹介した曲の他にも、ワンダーウーマンのサウンドトラックCDに収録された15曲全てがYouTube に公開されています。どの曲も素晴らしいのでぜひチェックしてみてください。

下に何曲か動画(オーディオのみ)をリンクしておきます。

No Man’s Land – Wonder Woman Soundtrack – Rupert Gregson-Williams [Official]

We Are All To Blame – Wonder Woman Soundtrack – Rupert Gregson-Williams [Official]

Action Reaction – Wonder Woman Soundtrack – Rupert Gregson-Williams [Official]

サウンドトラックの収録曲

  1. Amazons Of Themyscira
  2. History Lesson
  3. Angel On The Wing
  4. Ludendorff, Enough!
  5. Pain, Loss & Love
  6. No Man’s Land
  7. Fausta
  8. Wonder Woman’s Wrath
  9. The God Of War
  10. We Are All To Blame
  11. Hell Hath No Fury
  12. Lightning Strikes
  13. Trafalgar Celebration
  14. Action Reaction
  15. To Be Human Sia (feat. Labrinth)

ワンダーウーマンのCD(インポート版)


Wonder Woman

ワンダーウーマンの本


Wonder Woman: The Art and Making of the Film(英語)
出版社: Titan Books
著者: Sharon Gosling


Wonder Woman 75th Anniversary Box Set(英語)
出版社: DC Comics
著者: Various


ワンダーウーマン:ザ・ライズ (ShoPro Books DC UNIVERSE REBIRTH)
出版社: 小学館集英社プロダクション
著者: グレッグ・ルッカ


ワンダーウーマン:アースワン (ShoPro Books)
出版社: 小学館集英社プロダクション
著者: グラント・モリソン

ワンダーウーマンのフィギュア


S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン(JUSTICE LEAGUE)


ねんどろいど ワンダーウーマン ヒーローズ・エディション

シーアさんが歌う『ファインディング・ドリー』の主題歌を日本語吹替版では八代亜紀さんが歌います

ピクサー・アニメーション・スタジオが制作したアニメ『ファインディング・ドリー』の日本語吹替版では、八代亜紀さんが主題歌を歌います。

ファインディング・ドリーの主題歌「アンフォゲッタブル」

アニメ『ファインディング・ドリー』では、健忘症であるドリーが主人公なので主題歌に「アンフォゲッタブル」を使用したのはメッセージとして最適だと思います。またシーアさんが歌うことによって神秘的な海の世界を感じさせてくれます。

下記にリンクした映像はドリーの声優をしているエレンさんの番組で、シーアさんが主題歌「アンフォゲッタブル」を初披露したときの動画です。

Sia Performs ‘Unforgettable’

日本語吹替版は八代亜紀さんが歌う

日本語吹替版のエンディングは八代亜紀さんが「アンフォゲッタブル」を歌います。日本語吹替版なので八代亜紀さんが日本語で歌うのかと思っていたら、なんと英語で歌っています・・・スゴイ!

しかし「英語で歌うなら日本語版エンディングは要らないのでは?」と思ってしまうところですが、シーアさんのアレンジとは違うバージョンなので、八代亜紀さんのバージョンも必聴です。どちらもいい仕上がりなので、なにか得した気分です(笑)。

『ファインディング・ドリー』 八代亜紀さん日本版エンドソング「アンフォゲッタブル」音楽予告

八代亜紀さんが声優で登場

ちょっとネタバレになってしまうのでこれから映画を見に行く予定の人は下記の動画は見ない方がいいかも?ちなみに字幕版ではこのシーンをシガニー・ウィーヴァ―さんが担当しています。

ファインディング・ドリー「こんにちは。八代亜紀です」日本語吹替版、まさかの本人役で登場!~本編映像~

ファインディング・ドリーの商品

劇場公開に合わせてファインディング・ドリーのサウンドトラック、コンセプトアート画集などディズニー/ピクサーのファンにはうれしい商品が発売されています。

ファインディング・ドリー オリジナル・サウンドトラック

「ファインディング・ニモ」、「ウォーリー」などのさまざまな映画音楽を手掛けているトーマス・ニューマンさんが作曲しています。もちろんこのCDには八代亜紀さんが歌う「アンフォゲッタブル」も収録されています。

ジ・アート・オブ ファインディング ドリー: The Art of Finding Dory (CHRONICLE BOOKS)

ドリーやハンクなどのキャラクター達や、海の中の風景などのデザインが作られるまでの過程を解説した本です。ラフスケッチ、デジタルの2D画、クレイモデルなど、3D-CGとして制作されるまでのさまざまなアートワークを楽しむことができます。

ロボフィッシュ ファインディング ドリー (ニモ)

まるで生きているように水中でニモが泳ぐおもちゃです。