カテゴリー
アニメーション

ディズニーの『ズートピア』とピクサーの『アーロと少年』のコンセプトアート画集が日本語訳で出版予定

ディズニーとピクサーのコンセプトアート画集『THE ART OF ・・・』シリーズに日本語訳された『ズートピア』と『アーロと少年』が加わります。

日本語訳の出版がついに決定

徳間書店から『ジ・アート・オブ ズートピア』と『ジ・アート・オブ アーロと少年』が2016年6月21日に出版されます。

発行が株式会社CLASSIX MEDIAに?

今までピクサーの『THE ART OF ・・・』シリーズはスタジオ・ジブリが責任編集し、徳間書店から出版されていましたが、今回から株式会社CLASSIX MEDIAが発行し、徳間書店から出版されることになったようです。

またディズニーの『THE ART OF ・・・』シリーズは株式会社ボーンデジタルから出版されていたのですが、こちらも株式会社CLASSIX MEDIAが発行し、徳間書店から出版されることになったようです。

ジ・アート・オブ ズートピア: THE ART OF ZOOTOPIA

ジ・アート・オブ アーロと少年: THE ART OF アーロと少年

本のサイズ

今まで発行された日本語訳の『THE ART OF ・・・』シリーズと同じく、本のサイズはW280mm × H224mmとなるようです。

ちなみに英語版はアメリカの規格なのでW289mm × H238mmと少し大きいです。

注目の販売価格

発行の変更がどのくらい影響しているのかわかりませんが、日本語訳の販売価格が安くなりました。今まで3,800円+税だった価格から2,950円+税に大幅値下げされます。私のように映画公開前から英語版を購入すると4,500円くらいかかりますから、ずいぶん安い価格です(苦笑)。

カテゴリー
アニメーション

ピクサーの最新作『アーロと少年』の画集『The Art of the Good Dinosaur (英語)』

アメリカではすでに公開されているピクサーの長編アニメーション『アーロと少年』の画集『The Art of the Good Dinosaur (英語)』が出版されました。


The Art of the Good Dinosaur (英語)

素晴らしいコンセプトアート

画集『The Art of the Good Dinosaur (英語)』では『アーロと少年』のコンセプトアートや制作過程で作られた作品を見ることができます。鉛筆で描かれたキャラクターのラフスケッチ、精巧に作られたクレイモデル、まるで自然の中にいるように感じさせるライティングスタディーなどは見ごたえがあります。ラフスケッチやストーリーボードのような作品でさえすごいのに、ライティングスタディーの段階になるとため息が出るほどいい作品になっています。またアーロとスポットの表情も豊かなので、キャラクターの感情がすごく伝わってきます。
ディズニー/ピクサーのファンには満足のできる画集だと思います。

解説文などはありません

『The Art of the Good Dinosaur』は英語で出版されていますが、序文、イントロダクション、謝辞の他に解説文などはありません。画集『THE ART OF インサイド・ヘッド (ジブリ)』と同様に解説文が無くなったことで、各作品の掲載サイズが大きくなっているので画集として堪能できる仕上がりとなっています。

画集のレイアウト

画集『THE ART OF インサイド・ヘッド (ジブリ)』よりもレイアウトが良くなっており、解説文が無くても何が言いたいのか分かるような順序で構成されています。ストーリーボードやラフスケッチなど制作過程の作品とライティングスタディーやクレーモデルなどの完成作品が対比させて配置してあるので、キャラクターやシーンの制作過程がわるようになっています。

日本語訳の出版

現在のところ日本語版のアナウンスはありませんが、ピクサーの『The Art ofシリーズ』はスタジオジブリ責任編集で徳間書店から日本語で出版されています。たぶん今回も出版されるのではないでしょうか?

追記:日本語訳が2016年6月21日に出版予定

上記に書いた私の読みが外れてしまいました(笑)。今回は株式会社CLASSIX MEDIAが発行し、徳間書店から出版されることになったようです。うれしいことに価格が3,800円+税から2,950円+税に大幅値下げされます。


ジ・アート・オブ アーロと少年: THE ART OF アーロと少年

『The Art ofシリーズ』について

ピクサーやディズニーの長編アニメーションが公開される前に毎回出版されている画集が『The Art ofシリーズ』です。こちらのリンクに過去に出版されたリストを掲載しています。

カテゴリー
アニメーション

ピクサーのアニメーション『アーロと少年』の設定画集『The Art of the Good Dinosaur (英語)』が11月10日発売予定

アメリカでピクサーのアニメーション『アーロと少年(原題:The Good Dinosaur)』が2015年11月25日の公開予定(日本公開は2016年3月12日)です。かわいい恐竜のキャラクターとリアルな自然環境の表現がすごい映像になっているので、これは期待できそうです。

The Good Dinosaur – Official US Trailer

設定画集『The Art of the Good Dinosaur (英語)』が発売予定

今回もピクサーのアニメーション『アーロと少年』が公開される前に『アーロと少年』の設定画集が『ジ・アート・オブ…シリーズ』として出版されることなりました。現在のところ英語版のみが2015年11月10日も発売予定となっています。

今回の『アーロと少年』では魅力的な恐竜がたくさん出てくるようなので、どのような制作過程を経てデザインされたのか気になるところです。また背景となる風景や自然の表現が非常にキレイなのでコンセプトアート段階でのドローイングも注目ですね。


The Art of the Good Dinosaur (英語)

たぶん日本語訳も発売される

日本での公開はまだ先なので日本語版の出版情報は入っていませんが、いつものようにスタジオジブリ責任編集で出版されると思います。

追記:日本語訳が2016年6月21日に出版予定

上記に書いた私の読みが外れてしまいました(笑)。今回は株式会社CLASSIX MEDIAが発行し、徳間書店から出版されることになったようです。うれしいことに価格が3,800円+税から2,950円+税に大幅値下げされます。


ジ・アート・オブ アーロと少年: THE ART OF アーロと少年

短編アニメーションの設定画集も発売予定

『アーロと少年』と同時に『Sanjay’s Super Team』というタイトルの短編アニメーションが公開される予定です。しかも今回の短編アニメーション『Sanjay’s Super Team』は『ジ・アート・オブ…シリーズ』として出版されることになりました。詳しくはこちらの記事に書いていますので、参考にしていただけるとありがたいです。


The Art of Sanjay’s Super Team (英語)

カテゴリー
アニメーション

ピクサーのアニメーション『ザ・グッドダイナソー(邦題 アーロと少年)』の予告編が公開

ピクサーのアニメーション『インサイド・ヘッド』の次に劇場上映される予定の『ザ・グッドダイナソー』の予告編が公開されました。

The Good Dinosaur US Teaser Trailer

ストーリー

もし太古の昔に隕石が地球に衝突せず、恐竜が生存していたら・・・。そのような架空の世界を舞台にしたアニメーションになるようです。恐竜だからと言ってジュラシックパークのようなリアルなキャラクターではなく、ピクサーならではのかわいいキャラクターなので子供も安心して見られる作品です。どんな冒険になるのか?公開が楽しみな作品ですね。

恐竜と人間が共存している世界?

緑色の恐竜が走っているシーンを見ると、恐竜の頭の上に原始人の子供のようなモノが乗っています。またこのアニメーションのポスターも緑の恐竜と人間の手形が描かれているので、どうやら恐竜と人間が共存してる世界のようです。

監督はピーター・ソーンさん

監督はピクサーの短編アニメーション『晴れ ときどき くもり(原題:Partly Cloudy)』で監督したピーター・ソーンさん。『カールじいさんの空飛ぶ家』に登場してくるラッセル少年のモデルとなった人です。ホントにそっくり!

公開時期

アメリカでは2015年11月25日公開予定です。

追記:邦題は『アーロと少年』

日本では『アーロと少年』というタイトルで2016年3月12日(土)公開だそうです。

カテゴリー
アニメーション

完成度が高いピクサー・アニメーション・スタジオのコンセプトアート画集について

今まで出版されているピクサー・アニメーション・スタジオのコンセプトアート画集(設定画集)についてまとめてみました。このコンセプトアート画集のシリーズは、ディズニー/ピクサーのファンに長いこと愛されつづけているので、現在ではたくさんの画集が出版されています。

『ジ・アート・オブ…シリーズ』について

ディズニーとピクサーのアニメーションが劇場公開されるたびに、アメリカの出版社クロニクルブックスから『ジ・アート・オブ…シリーズ』が出版されています。あまりにもたくさんの画集が出版されているので、今回はピクサーの画集のみをまとめみました。

ディズニー・アニメーション・スタジオが制作した作品はこちらのページ(ディズニー編)にまとめています。

一躍有名になったコンセプトアート

このシリーズが出版されるまでコンセプトアートはあくまでアニメーションの制作過程の資料にすぎませんでした。しかし、この画集シリーズが出版された影響で、現在では他のアニメーション・スタジオやゲーム会社などからもコンセプトアート画集が出版されるようになりました。

完成度の高いコンセプトアート

この画集には完成度の高いコンセプトアートが豊富に掲載されています。なかにはストーリーの都合でボツになったコンセプトアートも掲載されているので、映像では見られなかったアイディアやストーリーを知ることができます。

ラフスケッチからクレイモデルまで掲載

コンセプトアート以外にもラフスケッチやクレイモデルも掲載されているので、アーティストたちがどのようにデザインを決定していったのか、理解できるように構成されています。

ピクサー・アニメーション・スタジオのコンセプトアート画集リスト

ピクサーが劇場公開した長編アニメーションを新しい順にリストしてみました。その後にショートストーリーや専門分野を特集した画集をリストしています。

長編アニメーションの画集

The Art of Coco (英語)

The Art of Cars 3 (英語)

ジ・アート・オブ ファインディング ドリー

ジ・アート・オブ アーロと少年


記事へリンク

ジ・アート・オブ インサイド・ヘッド


記事へリンク

ジ・アート・オブ モンスターズ・ユニバーシティ

ジ・アート・オブ メリダとおそろしの森

ジ・アート・オブ カーズ2

ジ・アート・オブ・トイ・ストーリー3

ジ・アート・オブ・カールじいさんの空飛ぶ家

ジ・アート・オブ ウォーリー

ジ・アート・オブ レミーのおいしいレストラン

下記の画像は90度回転されてAmazon.co.jpにアップロードされたまま放置されています(笑)。この画集も他と同じく本来は横長です。

ジ・アート・オブ カーズ

ジ・アート・オブ・Mr.インクレディブル

ジ・アート・オブ・ファインディング・ニモ

ジ・アート・オブ・モンスターズ・インク

短編アニメーションの画集

The Art of Sanjay’s Super Team (英語)


記事へリンク

The Art of Pixar Short Films (英語)

専門分野を特集した画集

The Color of Pixar (英語)

The Art of Pixar: 25th Anniv.: The Complete Color Scripts and Select Art from 25 Years of Animation (英語)

FUNNY!: ピクサー・ストーリー・ルームのユーモアあふれる25年間

ディズニーの画集

ディズニー・アニメーション・スタジオのコンセプトアート画集はこちらのページ(ディズニー編)にまとめています。またカーズのスピンオフ作品『プレーンズ』はディズニートゥーン・スタジオズの制作なので、ディズニー編のリストに入っています。