カテゴリー
アニメーション

『ファインディング・ドリー』新キャラクターのハンクとデスティニーを担当する声優さんがついに発表!

ファインディング・ドリーに登場するの声優さんをあてるクイズ『ドリーの新たな仲間たちの声優は誰?』の答えがついに明かされました。

ハンクとデスティニーの声優さんは?

ついにクイズの答えが発表されました。タコのハンクの声は上川隆也さん!そしてジンベエザメのデスティニーの声は中村アンさんが担当します。どちらの声優さんも各キャラクターのイメージに合ってよい感じですね。

『ファインディング・ドリー』新キャラクター達の声優コメント付き 最新予告

ドリーとマーリンの声優さんは?

『ファインディング・ドリー』は前作『ファインディング・ニモ』の続編にあたるアニメなので、ドリーの声優さんは室井滋さんが、マーリンの声優さんは木梨憲武さんが引き続き担当しています。さすがにこの2人が違う声優さんに変わっていたらショックですよね(笑)。

ちなみに『ファインディング・ドリー』は2016年7月16日に劇場公開されます。あまりにも海の表現がきれいなので、映画館から出たら海か水族館に行きたくなりそうですね。

『The Art of Finding Dory (英語)』発売予定

コンセプトアートなどが掲載された『The Art of』シリーズに『The Art of Finding Dory (英語)』が加わります。発売予定日は2016年5月24です。日本語版のアナウンスは今のところありません。


The Art of Finding Dory(英語)

追記:日本語版のコンセプトアート画集発売

日本語版がついに発売されています。今回の画集はメイキングもわかるように構成されており、クレイモデルの写真や解説も掲載されています。ピクサーアニメのファンとしては満足の仕上がりです。


ジ・アート・オブ ファインディング ドリー: The Art of Finding Dory (CHRONICLE BOOKS)

『ファインディング・ニモ』の設定画集

『ファインディング・ニモ』の設定画集もおすすめです。ニモができるまでのコンセプトアートがたくさん掲載されています。特にディジタルが普及する前に描かれているので、パステルや木炭などでコンセプトアートが制作されています。ピクサー・アニメーション・スタジオのレベルの高さがよくわかる画集です。


ジ・アート・オブ・ファインディング・ニモ