ディズニー:お城のオープニング映像の歴史

ディズニー映画のオープニングに使用されているお城のアニメーションの歴史がわかる動画がYouTubeチャンネルにアップされました。このようなマニア向けのサービスはうれしいですね。

お城のオープニング映像

1985年に劇場公開されたアニメーション「コルドロン」から、最新作の実写版「ライオンキング」までのオープニング映像が45作品も集められています。各映画のテーマに合わせて映像がアレンジされており、ディズニーの作品に対するこだわりが理解できます。

Disney Castle Openings from 45 Films | Disney

45作品のリスト

オープニング動画の中には名前すら聞いたことがないマイナーな映画もあったので、45作品のリストを作ってみました。

  1. コルドロン The Black Cauldron(1985年)
  2. トイ・ストーリー Toy Story(1995年)
  3. アイル・ビー・ホーム・フォー・クリスマス I’ll Be Home for Christmas(1998年)
  4. ターザン Tarzan(1999年)
  5. ガジェット警部 Inspector Gadget(1999年)
  6. アトランティス 失われた帝国 Atlantis: The Lost Empire(2001年)
  7. リセス 〜ぼくらの夏休みを守れ!〜 Recess: School’s Out(2001年)
  8. カントリーベアーズ The Country Bears(2002年)
  9. リロ・アンド・スティッチ Lilo & Stitch(2002年)
  10. シンデレラII Cinderella II: Dreams Come True(2002年)
  11. リジー・マグワイア・ムービー The Lizzie McGuire Movie(2003年)
  12. パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl (2003年)
  13. ジャングル・ジョージ2 George of the Jungle 2(2003年)
  14. ティーチャーズ・ペット Teacher’s Pet(2004年)
  15. ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え! Home on the Range(2004年)
  16. ポップアップ ミッキー/すてきなクリスマス Mickey’s Twice Upon a Christmas(2004年)
  17. アイス・プリンセス Ice Princess(2005年)
  18. リロ&スティッチ2 Lilo & Stitch 2: Stitch Has a Glitch(2005年)
  19. チキン・リトル Chicken Little(2005年)
  20. シャギー・ドッグ The Shaggy Dog (2006年)
  21. パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト Pirates of the Caribbean: Dead Man’s Chest (2006年)
  22. ウォルト・ディズニーのサンタクローズ3/クリスマス大決戦! The Santa Clause 3: The Escape Clause(2006年)
  23. 魔法にかけられて Enchanted (2008年)
  24. ベッドタイム・ストーリー Bedtime Stories (2008年)
  25. トロン: レガシー Tron: Legacy (2010年)
  26. プロム Prom (2011年)
  27. パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides (2011年)
  28. ジョン・カーター John Carter (2012年)
  29. フランケンウィニー Frankenweenie(2012年)
  30. プレーンズPlanes(2013年)
  31. ウォルト・ディズニーの約束 Saving Mr. Banks (2013年)
  32. オズ はじまりの戦い Oz the Great and Powerful (2013年)
  33. マレフィセント Maleficent (2014年)
  34. イントゥ・ザ・ウッズ Into The Woods (2014年)
  35. シンデレラ Cinderella (2015年)
  36. トゥモローランド Tomorrowland (2015年)
  37. ジャングル・ブック The Jungle Book (2016年)
  38. 美女と野獣 Beauty and the Beast (2017年)
  39. パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 Pirates of caribbean: Dead men tell no tales (2017年)
  40. リンクル・イン・タイム A Wrinkle in Time(2018年)
  41. インクレディブル・ファミリー Incredibles 2(2018年)
  42. プーと大人になった僕 Christopher Robin(2018年)
  43. メリー・ポピンズ リターンズ Mary Poppins Returns(2018年)
  44. アラジン Aladdin(2019年)
  45. ライオン・キング The Lion King(2019年)

全作品のオープニング動画を見たいなぁ

これ以外にもディスニー映画はたくさんあるので、いつか全作品の変遷がわかるような動画をアップしてほしいところですね。

過去のディスニー作品

古いディズニー作品の著作権は保護期間が終了しているので、手ごろな価格で販売されています。

世界名作アニメ 全10巻 (収納ケース付)セット [DVD]


世界名作アニメ クラシック・アニメ短編集 全10巻 (収納ケース付) セット [DVD]


世界名作アニメ THE WORLD MASTERPIECE MOVIE 全10巻 (収納ケース付)セット [DVD]

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のサウンドトラックとボーナストラック公開

2017年7月1日に公開予定の映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のサウンドトラックが公開されました。

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

パイレーツ・オブ・カリビアンのシリーズ5作目が『最後の海賊(原題:Dead Men Tell No Tales)』です。今回はオーランド・ブルームさんが演じるウィリアム・ターナー・ジュニアや、キーラ・ナイトレイさんが演じるエリザベス・スワンも登場します。

『最後の海賊』のサウンドトラック

パイレーツ・オブ・カリビアンのサウンドトラックに関わってきたハンス・ジマーさんは今回参加していません。その代わりハンス・ジマーさんが経営するリモートコントロール・プロダクションのジェフ・ザネリさんが担当します。ところどころにハンス・ジマーさんが過去に作曲した曲が使われているので、十分に楽しめると思います。

Beyond My Beloved Horizon (From “Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales”/Audi…

My Name Is Barbossa (From “Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales”/Audio Only)

He’s a Pirateのボーナストラック

パイレーツ・オブ・カリビアンのエンディングに使われている曲『He’s a Pirate』も公開されています。今回のボーナストラックはディミトリ・ヴェガス&ライク・マイクさんによるリミックスです。

He’s a Pirate (From “Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales”/Hans Zimmer vs D…

上記にリンクした動画以外にもディズニーミュージックVEVOのYouTubeチャンネルにたくさんアップされています。

オリジナル・サウンドトラック(インポート版)


Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales

ディズニーランド・パリで開催された映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のイベント

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の公開にあわせ、ディズニーランド・パリでイベントが開催されました。ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、ジェフリー・ラッシュが登場し、インタビューに応じています。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のイベント

『眠れる森の美女の城』に面する広場で、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のイベントが開催されました。呪われた海賊たちに扮装したダンサーたちのショーとジョニー・デップさんや映画監督たちへのインタビューが行われました。

[REPLAY] Avant-premiere de Pirates des Caraibes : La Vengeance de Salazar a Disneyland Paris!

イベントの詳細

  • 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のトレーラー(タイムコード1:28から)
  • 最初の『パイレーツ・オブ・カリビアン』から『最後の海賊』までをまとめたトレーラー(タイムコード5:36から)
  • メイキング映像(タイムコード5:36から)
  • イベント開始(タイムコード14:30から)
  • ダンサーによるショー(タイムコード16:40から)
  • 出演者の紹介(タイムコード19:25から)
  • 出演者へのインタビュー(タイムコード21:40から)

イベントに参加した映画関係者

ステージに登場する順にリストしました。

  • プロデューサー: ジェリー・ブラッカイマー
  • 監督: ヨアヒム・ローニング
  • 監督: エスペン・サンドベリ
  • カリーナ・スミス役: カヤ・スコデラリオ
  • ヘンリー・ターナー役: ブレントン・スウェイツ
  • ウィリアム・ターナー・ジュニア役: オーランド・ブルーム
  • ヘクター・バルボッサ役: ジェフリー・ラッシュ
  • サラザール役: ハビエル・バルデム
  • ジャック・スパロウ役: ジョニー・デップ

パイレーツ・オブ・カリビアンの関連グッズ

トミカ


トミカ ディズニーモータース グッディキャリー パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

オリジナル・サウンドトラック(インポート版)


Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales

書籍(英語)


Disney Pirates: The Definitive Collector’s Anthology: Ninety years of pirates in Disney feature films, television shows, and parks. (英語)

ジョニー・デップが仕掛けた『カリブの海賊』でのドッキリ!公式動画が公開

カリフォルニアのディズニーランドでジャック・スパロウに扮装したジョニー・デップさんがドッキリを仕掛けました。

『カリブの海賊』でのドッキリ

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のPRとして、ジョニー・デップさんが今回もディズニーランドでドッキリを仕掛けました。

Johnny Depp Surprises Fans as Captain Jack Sparrow at Disneyland!

ジョニー・デップが突然話しかけてくる

『カリブの海賊』のアトラクションを楽しんでいると、そこにジャック・スパロウに扮装したジョニー・デップさんが待ち構えています(笑)。ロボットだと思っていたゲストたちは、ジョニー・デップさんに突然話しかけられ驚いています(笑)。

最後には『カリブの海賊』のバルコニーから登場するサービスまで披露してくれました。さすがジョニー・デップさんです。

関連記事

映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』でジョニー・デップさんがしかけたドッキリの記事を下記にリンクしておきます。

ジョニー・デップが演じるマッドハッターがディズニーランドでドッキリをする動画

『カリブの海賊』の関連商品

オリジナル・サウンドトラック(インポート版)


Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales

おもちゃ


レゴ(LEGO)パイレーツオブカリビアン サイレント・メアリー号 71042

書籍


ディズニーテーマパーク ポスターコレクション

映画ジャングル・ブックのメイキングがわかる画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』

映画監督ジョン・ファヴローさんによるの実写映画『ジャングル・ブック』のコンセプトアートやメイキングが掲載された画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』が出版されています。

画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』

2016年8月11日に日本公開となった映画『ジャングル・ブック』ですが、アメリカの公開日と同じ2016年4月15日に画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』が出版されています。コンセプトアート、メイキングの写真、動物や植物のCGIなどが掲載されています。

メイキングについてまとめた画集

映画『ジャングル・ブック』の画集は映画全体のメイキングを網羅しています。キャストとチームの紹介、キャラクターと背景、撮影技術、動物のアニメーション、CGIについてたくさんの写真と共に解説が書かれています。特にコンセプトアートと写真は極力大きく掲載されていながらも、きれいにレイアウトしてあるので見やすいです。

The Art of Disney The Jungle Book

コンセプトアートも豊富に掲載

『The Art of ・・・』と題された映画の画集はコンセプトアートを主に掲載した本が多いので、映画のコンセプトアートを期待して購入する人も多いと思います。この『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』はすべてがコンセプトアートの画集とはなっていませんが、コンセプトアートも豊富に掲載されています。特に第2章の主人公モーグリや動物たちのコンセプトアートは素晴らしいです。鉛筆で描かれたスケッチからデジタルでペイントされたリアルなコンセプトアートまで掲載されているので、十分に満足できる仕上がりです。

撮影技術よりもネール・セティ君に驚く

撮影技術について解説されたチャプターでは、ブルーバックスクリーンの中で主人公モーグリ役のネール・セティ君がどのように演技をしているのかわかります。ネール・セティ君の周りには草木のセットが作られているのですが、それ以外の場所には何も無い空間です。さらに動物たちとの会話シーンは巨大な動物のお面のようなものを相手に演技しています。子供とは言ってもプロはスゴイですね(笑)。

CGIについて

巻末ではシア・カーン、ラクシャ、カーのジャングル、レイジ―リバーのCGIについて12ページほど掲載されています。モデリング、テクスチャ、ルックデベロップメントなどの写真をたくさん掲載しているので、ひとつひとつの写真のサイズは小さいのですが、全体的な制作工程がわかるようになっています。ただしCGIの専門誌のようなレベルの解説は無く、写真に対して簡単なキャプションをつけた感じになります。

映画『ジャングル・ブック』のサントラ

日本語版のサウンドトラックが発売されています。ディスク1はオリジナルの英語バージョン、ディスク2は日本語バージョンが収録されています。西田敏行さんの歌う「ザ・ベアー・ネセシティ」と石原慎一さん、Little Glee Monsterの歌う「君のようになりたい」がそれぞれ収録されています。

ジャングル・ブック オリジナル・サウンドトラック

関連記事

Little Glee Monsterがさわやかに歌う!映画『ジャングルブック』の「君のようになりたい」

シャーマン兄弟によって作詞、作曲された名曲「君のようになりたい (I Wan’na Be Like You)」を女性のボーカルユニットLittle Glee Monster(リトル・グリー・モンスター)が歌っています。

名曲「君のようになりたい」

1967年に作られたディズニーアニメ『ジャングルブック』の中でサルの王様(キング・ルイ)が歌う名曲が「君のようになりたい」です。ディキシーランド・ジャズのスタイルで作曲されたこの曲は、アニメで使われたシーンと同じように、みんなで踊りたくなるようなノリの良い曲です。

ちなみにこの歌を歌っていたのはジャズ・ミュージシャンのルイ・プリマさんだったので、サルの王様の名前がルイと名付けられました。

Little Glee Monsterが歌う

2016年8月11日から日本公開になる実写映画『ジャングル・ブック』では、日本の女性ボーカルユニットLittle Glee Monster(リトル・グリー・モンスター)が「君のようになりたい」を歌っています。ルイ・プリマさんのパワフルな男性的なイメージとは違う、さわやかなイメージを楽しむことができると思います。特に軽快なスキャットがいいですね。

リトグリ 【生歌・生演奏】君のようになりたい-Live Music Video-

追記:残念ながらディズニーのYouTubeチャンネルにアップされていたリトル・グリー・モンスターのさまざまな動画は映画のプロモーションが終わったのですべて削除されてしまいました。しかし、うれしいことにリトル・グリー・モンスターのYouTubeチャンネルに新く「君のようになりたい」の動画がアップされました。この動画はディキシーランド・ジャズの雰囲気を演出した映像になっているので、今まで公開されていた動画よりも大人っぽいリトル・グリー・モンスターが見られます。

残念ながら削除されてしまった動画のタイトル

  • 「ジャングル・ブック」君のようになりたい/Little Glee Monster
  • 「ジャングル・ブック」【歌あり】一緒に歌おう!Little Glee Monster♪君のようになりたい(キャンペーンソング)
  • 7/21 LINE LIVEでLittle Glee Monster が 「ジャングル・ブック」キャンペーンソング「君のようになりたい」を初披露!

キング・ルイの声優は石原慎一さん

日本語吹き替え版の映画ではキング・ルイの声優を石原慎一さんが担当しているので、石原慎一さんの歌う「君のようになりたい」を聴くことができます。残念ながら石原慎一さんのバージョンはYouTubeに公開されていないようです。

英語バージョンの声優はクリストファー・ウォーケンさん

英語バージョンではクリストファー・ウォーケンさんがキング・ルイの声優を担当しています。こちらはもっとオリジナルのルイ・プリマさんに近いイメージで歌っています。

Christopher Walken – I Wan’na Be Like You (2016) (From “The Jungle Book” (Audio Only))

映画『ジャングル・ブック』のサントラ

日本語版のサウンドトラックが発売されています。ディスク1はオリジナルの英語バージョン、ディスク2は日本語バージョンが収録されています。西田敏行さんの歌う「ザ・ベアー・ネセシティ」と石原慎一さん、Little Glee Monsterの歌う「君のようになりたい」がそれぞれ収録されています。

ジャングル・ブック オリジナル・サウンドトラック

映画ジャングル・ブックのメイキング画集

映画ジャングル・ブックのコンセプトアートやメイキングなどが掲載された画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』が英語版で発売されています。映画の制作現場の雰囲気やコンセプトアートなどのデザインに興味がある人におすすめです。現在のところ日本語版の出版はアナウンスされてないようです。

The Art of Disney The Jungle Book (英語)

関連記事

ジョニー・デップが演じるマッドハッターがディズニーランドでドッキリをする動画

ジョニー・デップさんがカリフォルニアのディズニーランドでちょっとしたドッキリをおこないました。ファンにはうれしいサービスです。

マッドハッターのポスターが話しかけてくる

カリフォルニアにあるディズニーランドのエントランス付近に、映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』のデジタルサイネージが設置されました。

The Mad Hatter Surprise

映画に登場するさまざまなキャラクターの静止画が表示される中で、ジョニー・デップさんが演じるマッドハッターだけが微妙に動いています(笑)。お客さんたちが「ちょっとおかしいぞ?」と気がつきはじめたところでマッドハッターが声をかけるというドッキリ。なんとこのデジタルサイネージはスタジオにいるジョニー・デップさんと会話できるシステムになっていたのです。ディズニーランドを訪れたお客さんたちにはうれしいサービスですね。

ただしお客さんたちに気がつかれないとジョニー・デップさんだけ取り残された状態になってしまう欠点もあるようです(笑)。

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

ティム・バートン監督による映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』は2016年7月1日から日本で劇場公開されます。

Disney’s Alice Through The Looking Glass

前作『アリス・イン・ワンダーランド』を見てから劇場へ

実写版『アリス・イン・ワンダーランド』の続編になりますので、まだ前作を見ていない人はDVDを見てから劇場に行った方がいいと思われます。

アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

【ポップ!】『ディズニー』「アリス・イン・ワンダーランド」チェシャ猫

映画ジャングルブックのカー(インドニシキヘビ)が怪しくささやきながら襲ってくる360°動画

2016年8月11日に劇場公開予定のディズニー映画『ジャングルブック』の世界を体験できる360°動画がアップされました。

ジャングルの中でカーに襲われる360°動画

ジャングルの中でカー(インドニシキヘビ)に襲われる360°動画がアップされました。動画をスタートしたら、画面をドラッグすることでジャングルの中を見渡すことができます。ただし、ぐるぐる回しすぎるとカーの登場するシーンを見逃してしまうので注意してください(笑)。

この映像はこのプロモーションのために作られたCGなので、映画に登場するカーのようなリアルな完成度はありません。しかしカーがどこからやってくるのかわからないので、緊張感がある動画になっています。

Through Mowgli’s Eyes Pt. 1 “Kaa’s Jungle” 360 Experience – Disney’s The Jungle Book

声優はスカーレット・ヨハンソンさん

カーの役はスカーレット・ヨハンソンさんが演じています。なので怪しいと思いながらも、スカーレット・ヨハンソンさん魅力的な声を聞き入ってしまいます(笑)。

カーの迫力あるシーンに驚き!

1967年に公開されたディズニーアニメのジャングルブックではユーモラスなシーンでしたが、今回の実写版はかなり迫力のあるシーンになっています。カーの表現があまりにもリアルなので、大人が見ても怖いです(笑)。カーが歌う『トラスト・イン・ミー』をマーク・ロンソンさんがリミックスした動画が公開されていますので、そちらを見るとそのすごさが確認できます。

映画『ジャングル・ブック』のサントラ

日本語版のサウンドトラックが発売されています。ディスク1はオリジナルの英語バージョン、ディスク2は日本語バージョンが収録されています。西田敏行さんの歌う「ザ・ベアー・ネセシティ」と石原慎一さん、Little Glee Monsterの歌う「君のようになりたい」がそれぞれ収録されています。

ジャングル・ブック オリジナル・サウンドトラック

映画ジャングル・ブックのメイキング画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』

映画ジャングル・ブックのコンセプトアートやメイキングの写真などが掲載された画集が英語版で発売されています。現在のところ日本語版の出版はアナウンスされてないようです。

The Art of Disney The Jungle Book (英語)

関連記事

マーク・ロンソンによる『トラスト・イン・ミー』リミックス – 映画ジャングル・ブック(2016)から

映画ジャングル・ブックの中でスカーレット・ヨハンソンさんが歌う『トラスト・イン・ミー』をマーク・ロンソンさんがリミックスしました。

実写版ジャングル・ブックで使用される『トラスト・イン・ミー』

1967年に公開されたディズニーアニメ版のジャングル・ブックでは、カー(インドニシキヘビ)が『トラスト・イン・ミー』を歌いながら主人公のモーグリを催眠術にかけます。アニメ版ではシーンはユーモラスな感じで描かれていましたが、今回の実写版では緊張感があるリアルなシーンとなっているようです。

実写版ジャングル・ブックではカーの声優をスカーレット・ヨハンソンさんが演じ、『トラスト・イン・ミー』も歌っています。下記にスカーレット・ヨハンソンさんが歌うバージョンをリンクしておきます。

Scarlett Johansson – Trust in Me (From “The Jungle Book” (Audio Only))

追記:アニメ版とは違い実写版ではミュージカル的な要素は排除されているので、映画の中ではカーは『トラスト・イン・ミー』を歌いません。エンディングにて2Dアニメーションと共に流れます。

マーク・ロンソンによる『トラスト・イン・ミー』リミックス

スカーレット・ヨハンソンさんの歌うオリジナル版の方はやさしい雰囲気の歌ですが、マーク・ロンソンさんのリミックスでは神秘的であやしげな雰囲気に作ってあります。

しかしこのリミックスは何のために作られたのかよくわかりません(笑)。映画のなかで使われたわけでも無く、オリジナルのサウンドトラックにも入っていないようです。

“Trust in Me” DJDS Remix – Scarlett Johansson & Mark Ronson – Disney’s The Jungle Book

追記:あくまで私の妄想ですけど・・・ひょっとすると映画の中で『トラスト・イン・ミー』を歌うシーンが最初のうちは設定されていたのかもしれません。そしてマーク・ロンソンさんのリミックスはエンディングに流すつもりだったのかも?その根拠としては映画の中で使われた『ザ・ベアー・ネセシティ』はエンディングでもう一度かかりますが、その時はドクター・ジョンさんのバージョンが使われています。

追記:トラスト・イン・ミー (イドリス・エルバ・イージー・タイガー・リミックス)

日本語版のサントラに収録されている『トラスト・イン・ミー』のイドリス・エルバ・イージー・タイガー・リミックスがアップされています。

The Idris Elba Easy Tiger Remix – Trust In Me Featuring Scarlett Johansson

映画ジャングル・ブックの公開日

アメリカでは2016年4月15日に公開されていますが、日本公開は2016年8月11日です。

映画『ジャングル・ブック』のサントラ

日本語版のサウンドトラックが発売されています。ディスク1はオリジナルの英語バージョン、ディスク2は日本語バージョンが収録されています。西田敏行さんの歌う「ザ・ベアー・ネセシティ」と石原慎一さん、Little Glee Monsterの歌う「君のようになりたい」がそれぞれ収録されています。

ジャングル・ブック オリジナル・サウンドトラック

映画ジャングル・ブックのメイキング画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』

映画ジャングル・ブックのコンセプトアートやメイキングの写真などが掲載された画集が英語版で発売されています。現在のところ日本語版の出版はアナウンスされてないようです。

The Art of Disney The Jungle Book (英語)

関連記事

映画『ジャングル・ブック』の日本語版予告公開!さらにアメリカではメイキング映像が公開!

映画『ジャングル・ブック』の日本語版予告がついに公開されました。またすでに劇場公開しているアメリカではメイキング動画が公開されています。

映画『ジャングル・ブック』の予告

2016年8月11日に劇場公開される映画『ジャングル・ブック』の日本語版予告が公開されました。今回のジャングル・ブックの見どころは実写とCGの合成による映像です。動物やジャングルなどの自然表現がリアルなので、まるで本物のジャングルにいるような映像表現を楽しめます。またモーグリがジャングルを疾走するアクションシーンはリズムよく編集されているので、見ていて気持ちがいいです。ディズニーアニメとは違ったジャングル・ブックになると思うので、日本公開が待ち遠しいところです。

「ジャングル・ブック」予告編

悪役のデザインにも注目

1967年に公開されたディズニーアニメと大きく違うところは、悪役であるシア・カーン(トラ)やカー(ヘビ)のデザインがリアルなので、ほどよい緊張感が出ていることです。この悪役のデザインならば、ジャングルを出ていかなくてはならないモーグリの宿命が分かりやすいと思います。

映画『ジャングル・ブック』のメイキング映像公開

すでに劇場公開しているアメリカではメイキング映像が公開されました。ブルーバックを多用したスタジオでの撮影がメインですが、これがCGIと合成されてリアルなジャングルになってしまうのだからすごいです。動画には一瞬だけ風景のコンセプトアートや果物を取るモーグリのラフスケッチも写っているので、要チェックです。

追記:日本語訳がつけられたバージョンが公開されたのでリンク先を交換しました。英語版と全く同じ内容です。

「ジャングル・ブック」あのシーンはこうして作られた?!最先端バーチャル映像の制作秘話

映画ジャングル・ブックのメイキング画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』

映画ジャングル・ブックのコンセプトアートやメイキングの写真などが掲載された画集が英語版で発売されています。動物やジャングルのコンセプトアートがたくさん掲載されているので、とてもきれいな本に仕上がっています。またプルーバックスクリーンでの撮影、カーンのモデリングなどのメイキングについても、写真と解説が掲載されているので映像の制作に興味がある人が読んでも楽しめると思います。残念ながら現在のところ日本語版の出版はアナウンスされてないようです。

The Art of Disney The Jungle Book (英語)

映画『ジャングル・ブック』のサントラ

日本語版のサウンドトラックが発売されています。ディスク1はオリジナルの英語バージョン、ディスク2は日本語バージョンが収録されています。西田敏行さんの歌う「ザ・ベアー・ネセシティ」と石原慎一さん、Little Glee Monsterの歌う「君のようになりたい」がそれぞれ収録されています。

ジャングル・ブック オリジナル・サウンドトラック

関連記事