カテゴリー
テーマパーク

スターウォーズの酒場「オーガのカンティーナ」でDJ・R-3Xが使用する楽曲公開

ディズニーランドにできたスターウォーズの酒場「オーガのカンティーナ」で使用されているBGMがYouTubで公開されました。アップテンポの楽曲が楽しめます。

スターウォーズの酒場「オーガのカンティーナ」

カリフォルニアとフロリダのディズニーランドに「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」と呼ばれる新エリアが登場しました。そのギャラクシーズ・エッジにある注目の酒場が「オーガのカンティーナ」です。

酒場なのでビールやカクテルが販売されており、子供向けにはアルコール抜きのカクテルもあります。

あの有名なドロイドがDJに転職

「オーガのカンティーナ」ではドロイドがDJをしているのですが・・・このドロイドどこかで会ったことがあるような。
なんとスター・ツアーズのスタースピーダー3000の元パイロット、キャプテン・レックスがDJに転職し、DJ・R-3Xとして働いているのです(笑)。

DJ・R-3Xが使用する楽曲

全部で18曲がアップされています。どの曲もにぎやかで楽しくなるような雰囲気の音楽です。

Mad About Mad About Me (From “Star Wars: Galaxy’s Edge Oga’s Cantina”/Audio Only)

Modal Notes (From “Star Wars: Galaxy’s Edge Oga’s Cantina”/Audio Only)

Laki Lembeng – Nama Heh (From “Star Wars: Galaxy’s Edge Oga’s Cantina”/Audio Only)

Duro Droids – Beep Boop Bop (From “Star Wars: Galaxy’s Edge Oga’s Cantina”/Audio Only)

Star Wars: Galaxy’s Edge Oga’s Cantina: R-3X’s Playlist

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジのグッズ


Star Wars: Galaxy’s Edge Oga’s Cantina: R3X’s Playlist #1


Star Wars: Galaxy’s Edge Symphonic Suite (Music Inspired by the Disney Themed Land)


Star Wars: Galaxy’s Edge Cookbook(英語)
著者: Chelsea Monroe-Cassel
出版社: Titan Books Ltd


Star Wars: Galaxy’s Edge(英語)
著者: Ethan Sacks
出版社: Marvel

カテゴリー
テーマパーク

儲かっているのはディズニーランドだけではない!USJのマーケティング本『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』

集客力が落ちていたユニバーサルスタジオ・ジャパンの業績をV字回復させたマーケターである森岡 毅さんの著書『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』は、ユニバーサルスタジオ・ジャパンの事例に照らし合わせながら、マーケティングの基礎を解説した入門書です。


USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

わかりやすい解説と事例

高校生になる森岡さんの娘さんでも理解できるように書かれた本なので、ビジネスの知識がない私が読んでも理解ができました。特にマーケティングの概念を解説だけでなく、ユニバーサルスタジオ・ジャパンでの事例が書いてあるので、その効果を実感しやすいです。なのでこの本を読んでいるとユニバーサルスタジオ・ジャパンに行きたくなります(笑)。

不祥事が集客減の原因ではなかった!

2004年に破綻寸前の状況まで陥った原因は『度重なった不祥事』のせいだと思われていましたが、マーケティングの分析によると『度重なった不祥事』が原因ではなかったそうです。原因はなんとユニバーサルスタジオ・ジャパンは客離れがはじまったことにより、『不祥事』が次々と発生していったのが真相だそうです。なので『度重なった不祥事』の印象を消そうといくら努力をしても、間違った努力をしても業績は回復しないわけです(笑)。

『映画のテーマパーク』をやめる

ユニバーサルスタジオ・ジャパンが『映画のテーマパーク』をやめた理由が書かれています。「そもそも映画を見ている人が少ない」というマーケティングのデータから「映画」にこだわってテーマパークを運営しても客が来ないことがわかったそうです。そこでユニバーサルスタジオ・ジャパンは『映画のテーマパーク』から『エンターテイメントのセレクトショップ』へと変化しなければならなかったそうです。

日本でマーケティングが発達しなかった理由

企業でマーケティングを担当している人が読むと耳が痛くなってしまうことも書かれています(笑)。日本の技術志向、規制による競争阻害、終身雇用制などが日本でマーケティングが発達しなかった理由として挙げられています。たしかにマーケーターがいくら頑張っても、会社の中で資料が積み上げられているだけだったら機能していないも同然ですね・・・。

マーケディング・フレームワーク

実際にマーケティングを使えるようになるための重要なパートが『マーケディング・フレームワーク」に関するチャプターです。5C分析、戦略的ターゲット、コアターゲット、マーケティング・ミックスなどの概念を学べます・・・専門用語を並べると難しそうに聞こえますが、この本の解説を読めば簡単に理解できます。

特に戦略的ブランド・エクイティの解説は秀逸で、難しい概念を『フェラーリを購入する人』と『ディズニーランドへ行く女性』の心理を使ってわかりやすく説明しています・・・私としては女性の心理がやっと理解できたのでよかった(笑)。

マーケターになりたい人へのアドバイス

大学生向けのアドバイスとして、企業のマーケターになるためのアドバイスが書かれています。また、『向き、不向き』をチェックできるリストもあるので活用してみるといいでしょう。ちなみに私は全ての項目が当てはまらないという結果でした(笑)。

森岡 毅さんのマーケティング入門書

P&Gでマーケディングを学び、USJの復活で注目のマーケターとなった森岡 毅さんの著書。


USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門
出版社: KADOKAWA
著者: 森岡 毅


USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? (角川文庫)
出版社: KADOKAWA
著者: 森岡 毅


確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力
出版社: KADOKAWA
著者: 森岡 毅

カテゴリー
テーマパーク 映画

ジョニー・デップが仕掛けた『カリブの海賊』でのドッキリ!公式動画が公開

カリフォルニアのディズニーランドでジャック・スパロウに扮装したジョニー・デップさんがドッキリを仕掛けました。

『カリブの海賊』でのドッキリ

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のPRとして、ジョニー・デップさんが今回もディズニーランドでドッキリを仕掛けました。

Johnny Depp Surprises Fans as Captain Jack Sparrow at Disneyland!

ジョニー・デップが突然話しかけてくる

『カリブの海賊』のアトラクションを楽しんでいると、そこにジャック・スパロウに扮装したジョニー・デップさんが待ち構えています(笑)。ロボットだと思っていたゲストたちは、ジョニー・デップさんに突然話しかけられ驚いています(笑)。

最後には『カリブの海賊』のバルコニーから登場するサービスまで披露してくれました。さすがジョニー・デップさんです。

関連記事

映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』でジョニー・デップさんがしかけたドッキリの記事を下記にリンクしておきます。

ジョニー・デップが演じるマッドハッターがディズニーランドでドッキリをする動画

『カリブの海賊』の関連商品

オリジナル・サウンドトラック(インポート版)


Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales

おもちゃ


レゴ(LEGO)パイレーツオブカリビアン サイレント・メアリー号 71042

書籍


ディズニーテーマパーク ポスターコレクション

カテゴリー
テーマパーク

ディズニー映画『ベイマックス』をテーマにした新アトラクションの計画

東京ディズニーランドでは、2020年にディズニーの長編アニメーション『ベイマックス』をテーマにした新アトラクションがオープンします。

トゥモローランドの縮小

グランドサーキット・レースウェイとスタージェットのアトラクションがクローズとなり、新しい『美女と野獣のエリア(仮)』がオープンします。トゥモローランドが縮小してしまうのは寂しいですが、新しいアトラクションがトゥモローランドに作られる予定です。

ベイマックスのアトラクション

スペース・マウンテンの隣に60億円をかけてベイマックスのアトラクションが建設される予定です。ベイマックスはもともと東京を舞台にしたマーベル・コミックの漫画ですから、東京ディズニーランドにピッタリのアトラクションです。

アトラクションのデザイン

ベイマックスのアトラクションでは、ゲストはランダムに回転するライドに乗ることになります。コンセプトアートをチェックすると、ベイマックスがライドを引っ張ているデザインになっています。残念ながらどのような回転をするアトラクションなのか、コンセプトアートからはわかりません。

ベイマックスのグッズ

ブルーレイ


ベイマックス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

おもちゃ


ベイマックス ぬいぐるみヒーローベイマックス

書籍


The Art of ベイマックス(ジ・アート・オブ ベイマックス)

カテゴリー
テーマパーク 映画

ジョニー・デップが演じるマッドハッターがディズニーランドでドッキリをする動画

ジョニー・デップさんがカリフォルニアのディズニーランドでちょっとしたドッキリをおこないました。ファンにはうれしいサービスです。

マッドハッターのポスターが話しかけてくる

カリフォルニアにあるディズニーランドのエントランス付近に、映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』のデジタルサイネージが設置されました。

The Mad Hatter Surprise

映画に登場するさまざまなキャラクターの静止画が表示される中で、ジョニー・デップさんが演じるマッドハッターだけが微妙に動いています(笑)。お客さんたちが「ちょっとおかしいぞ?」と気がつきはじめたところでマッドハッターが声をかけるというドッキリ。なんとこのデジタルサイネージはスタジオにいるジョニー・デップさんと会話できるシステムになっていたのです。ディズニーランドを訪れたお客さんたちにはうれしいサービスですね。

ただしお客さんたちに気がつかれないとジョニー・デップさんだけ取り残された状態になってしまう欠点もあるようです(笑)。

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

ティム・バートン監督による映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』は2016年7月1日から日本で劇場公開されます。

Disney’s Alice Through The Looking Glass

前作『アリス・イン・ワンダーランド』を見てから劇場へ

実写版『アリス・イン・ワンダーランド』の続編になりますので、まだ前作を見ていない人はDVDを見てから劇場に行った方がいいと思われます。

アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

【ポップ!】『ディズニー』「アリス・イン・ワンダーランド」チェシャ猫

カテゴリー
テーマパーク

世界のテーマパーク 入場者数のランキング Top 25

TEA and AECOMによる『2014年のテーマパークとミュージアムのインデックスレポート(PDF)』がAECOMのWebサイトに掲載されました。世界のテーマパークだけでなく、ウォーターパークやミュージアムのレポートも掲載されています。

2014年の入場者数ランキング

このレポートは入場者数のみでランキングしています。よってテーマパークの総合評価ではありません。

テーマパークのランキング Top25

2014年の入場者数が多かったテーマパーク Top25のランキングです。ランキングしているテーマパークの大半がアメリカとアジアで展開しているテーマパークで占められています。それに対しヨーロッパのテーマパークはあまりランクインしていません。このランキングで目を引くのはディズニーパークの強さです。ディズニーパークだけで11パークもランクインしています。

  1. マジックキングダム@ディズニー・ワールド (アメリカ/フロリダ)
  2. 東京ディズニーランド (日本/東京)
  3. ディズニーランド (アメリカ/カリフォルニア)
  4. 東京ディズニーシー (日本/東京)
  5. ユニバーサルスタジオ・ジャパン (日本/大阪)
  6. エプコット@ディズニー・ワールド (アメリカ/フロリダ)
  7. ディズニー・アニマル・キングダム@ディズニー・ワールド (アメリカ/フロリダ)
  8. ディズニー・ハリウッド・スタジオ@ディズニー・ワールド (アメリカ/フロリダ)
  9. ディズニーランドパーク@ディズニーランド・パリ (フランス/マルヌ・ラ・ヴァレ)
  10. ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー (アメリカ/カリフォルニア)
  11. ユニバーサルスタジオ@ユニバーサル (アメリカ/フロリダ)
  12. アイランズ・オブ・アドベンチャー@ユニバーサル (アメリカ/フロリダ)
  13. 香港海洋公園 (香港)
  14. ロッテワールド (韓国/ソウル)
  15. 香港ディズニーランド (香港)
  16. エバーランド (韓国/キョンギド)
  17. ユニバーサルスタジオ・ハリウッド (アメリカ/カリフォルニア)
  18. 杭州宋城 (中国/杭州市)
  19. ナガシマスパーランド (日本/桑名)
  20. 長隆海洋王国 (中国/珠海市)
  21. ヨーロッパ・パーク (ドイツ/ルスト)
  22. シーワールド・フロリダ (アメリカ/フロリダ)
  23. チボリ公園 (デンマーク/コペンハーゲン)
  24. エフテリング (オランダ/カーツスフーフェル)
  25. ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク@ディズニーランド・パリ (フランス/マルヌ・ラ・ヴァレ)

2014年の注目は長隆海洋王国

2014年3月29日にオープンした長隆海洋王国がいきなり20位にランクインしています。このテーマパークはマカオに隣接する珠海市横琴新区にできた海のテーマパークです。アメリカのシーワールドに近いコンセプトだと思います。このテーマパークのメインは世界最大の水族館だそうで、水槽があまりにも巨大です(笑)。来年のレポートではさらに上位にランキングされるでしょう。

北アメリカのテーマパーク・ランキング

アメリカのランキングを見るとテーマパークの勢力図がよくわかります(笑)。1位から6位までをディズニーが独占、7位から9位をユニバーサルスタジオが独占、10位と11位をシーワールドが独占しています。以下はブッシュガーデンが12位と20位、ナッツベリーファームが13位、シックスフラッグが18位と19位にランクインしています。ヨーロッパでは10位と12位にランクインしているレゴランドですが、アメリカではTop 20にランクインできていません。

日本のテーマパーク・ランキング

世界ランキング2位に東京ディズニーランド、4位に東京ディズニーシーがランクインしています。注目すべきは数あるディズニーパークをおさえてユニバーサルスタジオ・ジャパンが5位に入っています。フロリダのユニバーサルスタジオが11位、12位、17位ですから大健闘です。やはり大阪につくったのが大正解だったと思います。さらに注目すべき点はナガシマスパーランドが19位にランクインしています。日本のテーマパークはまだまだ好調のようです。

カテゴリー
テーマパーク

ディズニーランドのアトラクション・ポスターを集めた画集『ディズニーテーマパーク ポスターコレクション』

ディズニーランドやディズニーシーはもちろん、世界中ののディズニーテーマパークに設置してあるアトラクション・ポスターを集めた画集が『ディズニーテーマパーク ポスターコレクション』です。プロのアーティストたちによって贅沢に作られたシルクスクリーンのポスターは必見です。

アトラクションのポスターを集めた珍しい画集

ディズニーランドやディズニーシーに行かないと見ることができないアトラクション・ポスターを集めた画集が『ディズニーテーマパーク ポスターコレクション』です。ディズニーランドが開園した1955年から2010年までに制作された様々なアトラクション・ポスターを楽しむことができます。年代によるバージョン違いや、アメリカ、日本、フランスなどの地域によるバージョン違いも掲載されているので、ディズニーマニアが満足できる画集となっています。

追記:私が購入したときは英語版しか出版されていませんでしたが、現在は日本語版が出版されています。

ディズニーテーマパーク ポスターコレクション

アトラクション・ポスターとは

ディズニーランドの開園時には、どのようなアトラクションが設置されているのか来園者に知られていませんでした。そこでテーマパーク内にアトラクションを紹介するポスターを展示したのがアトラクション・ポスターの始まりです。

またアトラクション・ポスターはテーマパーク内の装飾としての役割も持っているので、ウォルト・ディズニー・イマジニアリングの専門のアーティストたちが制作していました。デジタルが普及する近年までシルクスクリーンで制作していたのですが、高品質なポスターをシルクスクリーンで制作するためには相当コストがかっていたようです。このようなアトラクション・ポスターの誕生秘話や制作方法などについては画集に詳しく説明が書いてあります。

注意:映画のポスターではありません

画集『ディズニーテーマパーク ポスターコレクション』はディズニーテーマパークのアトラクション・ポスターを特集した画集なので、ディズニーアニメや映画のポスターは掲載されていません。

劇場公開時に使用されたディズニーのアニメや映画のポスターは下記の画集で鑑賞することができます。英語版になってしまいますがこちらもよくできた画集なのでおすすめです。

Disney Movie Posters: From Steamboat Willie to Inside Out (Disney Editions Deluxe (Film))(英語)

画集のサイズ

画集のサイズが28.4 x 22.6 x 1.8 cmと大きいので、アトラクション・ポスターの細部まで楽しんで鑑賞することができます。特に有名なポスターは1ページを使って掲載しているので、迫力があります。また他のポスターは1ページにつき2枚から4枚で掲載されています。その場合はハガキくらいのサイズになりますが、バージョン違いやコンセプト段階との比較ができるように配置されているので見やすいです。

各チャプターの内容

144ページほどの画集ですが、内容は豊富です。チャプター1ではディズニーテーマパークにおけるアトラクション・ポスターの歴史を解説しています。また「ディズニー・ワールド・モノレールシステム」のポスターを例に、シルクスクリーンの製作方法が解説されています。

チャプター2以降はテーマランド(アドベンチャーランドなどのエリア区分)ごとにアトラクションのポスターが掲載されています。なのでカリフォルニア、フロリダ、東京、パリ、香港などのバージョン違いも比較できるのでかなりマニアックな構成です。

ただしホーンテッド・マンションように各テーマパークごとに違うテーマランドに配置されている場合は、チャプター4(カリフォルニア、フロリダ)、チャプター5(パリ)、チャプター6(東京)のように分かれしまいます。これはレアケースなので仕方がないですね。

アトラクション・ポスターのリスト

下記にチャプター2以降に掲載されている主なポスターをリストしておきます。画集にはここで取り上げた以外のアトラクション・ポスターがたくさん掲載されているので、ディズニーマニアの方は画集で確認してみるといいでしょう。

チャプター2:メインストリート

  • サンタフェ・アンド・ディズニーランド鉄道
  • グランドキャニオン・ジオラマ
  • 太古の世界
  • ウォルトディズニー・ストーリー・フィーチャリング・グレート・モーメンツ・ウィズ・ミスターリンカーン
  • アニメーション・アカデミー
  • メインストリート・リムジン
  • ワールドバザール
  • レッドワコン・イン
  • クリスタルパレス
  • プラザイン
  • ザ・ギブソンガール・アイスクリームパーラー
  • ケイシーズ・コーナー

チャプター3:アドベンチャーランド

  • ジャングルクルーズ
  • スイスファミリー・ツリーハウス
  • ターザンのツリーハウス
  • 魅惑のチキルーム
  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー
  • クリスタルパレス
  • ウエスタンリバー鉄道
  • アドベンチャー・アイル
  • タヒチアン・テラス・レストラン
  • フェスティバル・オフ・ライオンキング
  • カリブの海賊

チャプター4:ニューオリンズ・スクエアとリバティー・スクエア

  • カリブの海賊
  • ホーンテッド・マンション
  • ザ・ホール・オブ・プレジデント

チャプター5:フロンティアランド

  • フロンティアランド
  • 蒸気船マークトウェイン号
  • トムソーヤ島
  • ダイヤモンド・ホースシュー・レビュー
  • カントリーベア・シアター
  • ビッグサンダー・マウンテン
  • スプラッシュ・マウンテン
  • ホーンテッド・マンション

チャプター6:ファンタジーランド

  • アリス・イン・ワンダーランド
  • ピーターパン空の旅
  • 白雪姫と7人のこびと
  • ミスター・トードズ・ワイルド・ライド
  • アリスのティーパーティー
  • 空飛ぶダンボ
  • ピノキオの冒険旅行
  • プーさんのハニーハント
  • ストーリーブックランド・カナルボート
  • マッターホルン・ボブスレー
  • イッツ・ア・スモールワールド
  • 海底2万マイル
  • ホーンテッド・マンション
  • シンデレラ城ミステリーツアー
  • 眠れる森の美女の城
  • 美女と野獣の城
  • ミッキーマウスクラブシアター
  • ミッキーマウスレビュー
  • トゥーンタウン

チャプター7:トゥモローランド

  • ニュートゥモローランド
  • 海底2万マイル
  • フライト・トゥー・ザ・ムーン
  • スペースステーションX-1
  • ロケット・トゥー・ザ・ムーン
  • スカイウェイ
  • フライング・ソーサーズ
  • アドベンチャー・スルー・インナースペース
  • グランドサーキット・レースウェイ
  • スタージェット
  • ファインディング・ニモ・サブマリン・ヴォヤッジ
  • ディズニーランドモノレール
  • カルーセル・オブ・プログレス
  • ミート・ザ・ワールド
  • ピープルムーバー
  • スペースマウンテン
  • アメリカ・ザ・ビューティフル
  • マジック・ジャーニー
  • ビジョナリウム
  • スターツアーズ
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
  • モンスターズ・インク ライド&ゴーシーク

チャプター8:東京ディズニーシー

  • タワー・オブ・テラー
  • レジェンド・オブ・ミシカ
  • ポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル
  • センター・オブ・ジ・アース
  • 海底2万マイル
  • マーメイドラグーンシアター
  • シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
  • ジャスミンのフライングカーペット
  • マジックランプシアター
  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー クリスタルスカルの魔宮
  • レイジングスピリッツ
  • ストームライダー
  • アクアトピア
  • タートル・トーク
  • トイ・ストーリー・マニア

チャプター9:ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー

  • レッドカートローリー
  • トワイライトゾーン タワー・オブ・テラー
  • ラジエーター・スプリング・レイサーズ
  • ルイージズ・フライング・タイヤ
  • メイターズ・ジャンクヤード・ジャンボリー
  • ソアリン・オーバー・カリフォルニア
  • グリズリー・リバー・ラン
  • ザ・リトルマーメイド アリエルズ・アンダーシー・アドベンチャー
  • ミッキーズ・ファン・ホイール
  • シリー・シンフォニー・スイング
  • カリフォルニア・スクリーミン
  • グーフィーズ・スカイスクール

ディズニーテーマパーク ポスターコレクション

著者:ダニー・ハンケ、ヴァネッサ・ハント、トニー・バクスター
翻訳:上杉 隼人、杉山 まどか
出版社: 講談社