カテゴリー
映画

『ワンダーウーマン』のサウンドトラック全曲公開!

アメリカで大ヒットした実写映画『ワンダーウーマン』のオリジナル・サウンドトラックが全曲YouTube にアップされています。

ワンダーウーマンのテーマ曲(メロディー)について

『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの第2作目『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にて、ワンダーウーマンがバットマンを助けるために初登場した時のサウンドトラック『Is She With You?』が、ワンダーウーマンのテーマ曲(メロディー)です。

OFFICIAL – Is She With You? – Batman v Superman Soundtrack – Hans Zimmer & Junkie XL

映画『ワンダーウーマン』のサウンドトラックについて

今回の映画『ワンダーウーマン』でも『Is She With You?』で使われた同じメロディーがところどころ使われています。『Trafalgar Celebration』は優雅で綺麗な楽曲なのですが、最後に『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にて使用された『Is She With You?』に近いメロディーを聞くことができます。

Trafalgar Celebration – Wonder Woman Soundtrack – Rupert Gregson-Williams [Official]

テーマ曲(メロディー)を最も反映させた曲

ワンダーウーマンのテーマ曲(メロディー)を最も反映させた作品が『Wonder Woman’s Wrath』です。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で使用された『Is She With You?』よりもテンポが速いので、かなり緊張感があります。

Wonder Woman’s Wrath – Wonder Woman Soundtrack – Rupert Gregson-Williams [Official]

映画のテーマソンング

映画のテーマソンング『To Be Human』はシーアさんが歌っています。シーアさんは人気の女性シンガー&ソングライターです。ディズニー/ピクサーの映画『ファインディング・ドリー』でもテーマソングを歌っていました。

Sia – To Be Human feat. Labrinth – (From The Wonder Woman Soundtrack) [Official]

全曲公開

上記で紹介した曲の他にも、ワンダーウーマンのサウンドトラックCDに収録された15曲全てがYouTube に公開されています。どの曲も素晴らしいのでぜひチェックしてみてください。

下に何曲か動画(オーディオのみ)をリンクしておきます。

No Man’s Land – Wonder Woman Soundtrack – Rupert Gregson-Williams [Official]

We Are All To Blame – Wonder Woman Soundtrack – Rupert Gregson-Williams [Official]

Action Reaction – Wonder Woman Soundtrack – Rupert Gregson-Williams [Official]

サウンドトラックの収録曲

  1. Amazons Of Themyscira
  2. History Lesson
  3. Angel On The Wing
  4. Ludendorff, Enough!
  5. Pain, Loss & Love
  6. No Man’s Land
  7. Fausta
  8. Wonder Woman’s Wrath
  9. The God Of War
  10. We Are All To Blame
  11. Hell Hath No Fury
  12. Lightning Strikes
  13. Trafalgar Celebration
  14. Action Reaction
  15. To Be Human Sia (feat. Labrinth)

ワンダーウーマンのCD(インポート版)


Wonder Woman

ワンダーウーマンの本


Wonder Woman: The Art and Making of the Film(英語)
出版社: Titan Books
著者: Sharon Gosling


Wonder Woman 75th Anniversary Box Set(英語)
出版社: DC Comics
著者: Various


ワンダーウーマン:ザ・ライズ (ShoPro Books DC UNIVERSE REBIRTH)
出版社: 小学館集英社プロダクション
著者: グレッグ・ルッカ


ワンダーウーマン:アースワン (ShoPro Books)
出版社: 小学館集英社プロダクション
著者: グラント・モリソン

ワンダーウーマンのフィギュア


S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン(JUSTICE LEAGUE)


ねんどろいど ワンダーウーマン ヒーローズ・エディション

カテゴリー
アニメーション ゲーム 小説 映画

フランケンシュタインからアバターにわたるSFを解説した書籍『SF大クロニクル』

書籍『SF大クロニクル』は小説、漫画、映画、アニメ、ゲームなどのSF作品を年代順に解説している書籍です。500ページ以上にわたって作品が紹介されているので、かなり満足できる年代記になっていると思います。

書籍『SF大クロニクル』

SFの起源となった小説フランケンシュタインから映画アバターまで、SFにとって重要な作品と人物がまとめられています。これからSF作品を楽しもうと思っている人にとっては便利なガイドになるでしょう。

またマーベルやDCコミックに登場するスーパーヒーローもたくさん掲載されているのでアメコミ好きの人も楽しめると思います。


SF大クロニクル

年代順にSF作品を掲載

書籍『SF大クロニクル』は年代記なのでSFの歴史がよくわかります。最初から順番通りに読むことで、名作と呼ばれる作品が他の作家や作品に影響を与えていることが実感できます。

メディア展開のデータ

この書籍の面白いところは、SF作品が他のメディアに展開したデータを網羅しているところです。例えば小説が映画化されたり、ゲーム化されたりしたデータが年表と写真で掲載されています。

見るべき作品を選別するのに役立つ

この書籍に掲載されている作品はSFの歴史として重要な作品を掲載しています。しかし、すべての作品を絶賛しているわけではありません(笑)。評判が悪い作品があればきちんと指摘しています。

例えば小説を映画化したものの改悪してしまったケースや、TVシリーズのファーストシーズンはよかったが、それ以降はダメになってしまったケースなど、さまざまな解説が書いてあります。TVシリーズは見るのに時間がかかりますから、作品を事前に選別できるので非常に助かります(笑)。

日本のSF作品が世界に与えた影響

書籍『SF大クロニクル』はイギリスで出版されたものなのでイギリスとアメリカのSF作品が多く掲載さてていますが、日本のSF作品もかなりの数が掲載されています。日本のSF作品が世界に影響を与えてたことがよくわかります。

下記は掲載されている日本の作品のリストです。

  • 円谷英二
  • 鉄腕アトム
  • ゴジラ
  • 時をかける少女
  • ガッチャマン
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 風の谷のナウシカ
  • 攻殻機動隊
  • 新世紀エヴァンゲリオン
  • バイオハザード
  • 20世紀少年
  • スチームボーイ

上記以外にもロバート・ハインラインの『スターシップ・トゥルーパーズ』の項目では『機動戦士ガンダム』の名前も出てきます。

巻末

巻末にはSFに登場してくる宇宙船のサイズをシルエットで比較した図や、各SF作品のストーリーがどの時代で展開しているのかわかる年表が掲載されています。


SF大クロニクル
出版社: KADOKAWA
編集: ガイ・ヘイリー
日本語版監修: 北島明弘

カテゴリー
映画

ジョーカーのタトゥーやハーレイ・クインのIDカードなどの付録が付いたスーサイド・スクワッドのメイキング画集

映画のメイキング画集を出版しているHarper Designからスーサイド・スクワッドのメイキング画集『Suicide Squad: Behind the Scenes with the Worst Heroes Ever(英語)』が出版されています。うれしいことに日本語訳も出版が予定されています。

映画スーサイド・スクワッド

世界的にヒットしている映画『スーサイド・スクワッド』が日本でも2016年9月10日から公開になります。バットマンやスーパーマンでおなじみのDCコミックの悪役たちが集められ、特殊部隊を作るお話しです。

魅力的なキャラクターたち

映画の公開前からジョーカー(演 ジャレッド・レト)、ハーレイ・クイン(演 マーゴット・ロビー)のビジュアルが強烈なので、気になっていた人も多いと思います。特にハーレイ・クインの凶悪さとセクシーさはジョークになっているので笑えます。またカタナ役は福原かれんさんが演じています。ディズニー・チャンネルの番組に出演していた時とは全然違う、姿に驚きました。メイキング画集に掲載されている写真はどれもカッコイイです。さすが女優さんですね。

スーサイド・スクワッドのメイキング画集

スーサイド・スクワッドのメイキング画集『Suicide Squad: Behind the Scenes with the Worst Heroes Ever(英語)』は写真、コンセプトアートを豊富に掲載するとともに、きちんと解説文が書かれています。またHarper Designから出版されている映画のメイキング画集には付録が付いてくるので、映画の世界にいるような気分を味わうこともできます。

画集の構成は各キャラクター事に掲載されているので読みやすいです。特に最初に掲載されているスーサイド・スクワッドの極秘情報ファイルは本物のファイルのように作られているので楽しめると思います。


Suicide Squad: Behind the Scenes with the Worst Heroes Ever(英語)

お楽しみの付録

付録は以前出版されたバットマンのメイキング画集『The Dark Knight Manual: Tools, Weapons, Vehicles & Documents from the Batcave(英語))』やクリムゾン・ピークのメイキング画集『Crimson Peak the Art of Darkness (英語)』と同じように、各ページに張り付けられたリ、綴じられています。

付録

  • ポスター(30cmx38cm)
  • リック・フラッグ大佐とジューン・ムーン博士のいちゃついている盗撮資料 2枚(23cmx16cm)
  • ポストカード 6枚
  • デッドショットの娘からの手紙
  • ディアブロ専用独房の設計図
  • エンチャントレスに関する調査報告書
  • タトゥー 3枚(ジョーカー、ハーレイ・クイン、ディアブロ)
  • ジョーカーのカード
  • ハーリーン・クインゼル博士(ハーレイ・クイン)のIDカード

日本語訳も出版予定

2016年10月7日に誠文堂新光社から日本語版も出版予定されています。エンチャントレスに関する調査報告書は付録小冊子として収録しているようです。

追記:残念ながら日本語翻訳版はポストカードなどの付録はついておらず、付録の写真が各ページに印刷されています。付録に興味がある場合は英語版をおすすめします。

スーサイド・スクワッド Behind the Scenes with the Worst Heroes Ever (GRAFFICA NOVELS)

カテゴリー
映画

コミコン2016にて公開されたワンダーウーマンとジャスティス・リーグの予告

サンディエゴで開催されたコミコン2016にてワンダーウーマンとジャスティス・リーグの予告が公開されました。

ワンダーウーマンの予告

2017年6月2日にアメリカ公開予定の映画 『ワンダーウーマン』の予告が公開されました。映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の中で圧倒的な存在感を見せつけたワンダーウーマンなので、一気に注目が集まっています。

WONDER WOMAN Comic-Con Trailer

ワンダーウーマンと言えば星のマークがついたティアラとパンツが印象的ですが、今回の映画化ではコミック的な衣装デザインを一新しました。ワンダーウーマンのスーツが鎧に変更され、トレードマークの星が無くなりました。しかし、デザインをよく観察すると過去のワンダーウーマンのコンセプトを使用していることが分かります。トレードマークの星は頂点を8個もった星マークに変更され、ティアラに使用されています。またメタリックな印象の強い鎧はコミック同様に赤、青、黄の三原色が使われています。

ワンダーウーマンの衣装や武器のデザインは画集『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 Tech Manual』に12ページほど掲載されているので、デザインをよく確認できます。


バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 Tech Manual (GRAFFICA NOVELS)

またワンダーウーマン役のガル・ガドットさんのシリアスな表情が今までのワンダーウーマンのイメージを変えています。ガル・ガドットさんはイスラエルの出身なので、徴兵制で軍事訓練をうけているため、アクションシーンもきちんとこなせる女優さんです。

ジャスティス・リーグの予告

コミコン2016にて一番注目を浴びていたDCコミックスの映画は何と言っても公開が迫っている映画『スーサイド・スクワッド』だったと思います。なので映画 『ワンダーウーマン』の予告だけでも十分に満足だったのですが、映画『ジャスティス・リーグ』の予告も公開されました。アメリカでの公開日は2017年11月17日です。

Justice League Special Comic-Con Footage

日本語訳されているジャスティス・リーグのコミック

ジャスティス・リーグ:誕生(THE NEW 52!) (ShoPro Books THE NEW52!)

ジャスティス・リーグ:魔性の旅路(THE NEW52!) (ShoPro Books THE NEW52!)

ジャスティス・リーグ:ジャスティス・リーグ:アトランティスの進撃(THE NEW 52!) (ジャスティス・リーグ(THE NEW 52!))

ジャスティス・リーグ:トリニティ・ウォー(THE NEW 52!)

カテゴリー
映画

コミコン2016にて公開された映画『スーサイド・スクワッド』のサウンドトラック・リミックス

バットマンやスーパーマンなどのDCコミックの悪党を集めた映画『スーサイド・スクワッド』のサウンドトラック・リミックスがコミコン2016にて公開になりました。

映画『スーサイド・スクワッド』のサウンドトラック・リミックス

公開されたサウンドトラック・リミックスの動画は純粋なサウンドトラック・リミックスというよりも、予告動画に近いコンセプトで作られているようです。なので楽曲だけでなく、映画のセリフも使われています。今回使用された3曲ともかっこいい曲なので、映画でどのように使われるのか楽しみです。

Suicide Squad – Official Comic-Con Soundtrack Remix [HD]

サウンドトラック・リミックスに使用されている各アーティストの動画

コミコン2016にて公開されたサウンドトラック・リミックスに使用された楽曲は『 ヒーサンズ』、『サッカー・フォー・ペイン』、『パープル・ランボルギーニ』の3曲です。下記にYouTubeの動画をリンクしておきます。

twenty one pilots: Heathens (from Suicide Squad: The Album)

トゥエンティ・ワン・パイロッツによる楽曲『 ヒーサンズ』の動画です。

Sucker for Pain – Lil Wayne, Wiz Khalifa & Imagine Dragons w/ Logic & Ty Dolla $ign ft X Ambassadors

楽曲『サッカー・フォー・ペイン』にはリル・ウェイン、ウィズ・カリファ、ロジック、タイ・ダラー・サイン、イマジン・ドラゴンズ、X・アンバサダーズが参加しているので、動画の方も豪華な仕上がりです。

Skrillex & Rick Ross – Purple Lamborghini [Official Video]

スクリレックスとリック・ロスによる楽曲『パープル・ランボルギーニ』の動画です。追記:この記事を書いたときはオーディオのみアップされていましたが、現在はオフィシャル・ビデオが公開になったのでYouTubeのリンクを変更しました。

スーサイド・スクワッドのサウンドトラックCD

映画『スーサイド・スクワッド』のサウンドトラックCDは上記のアーティストたちの楽曲が収録された歌曲CDと、スティーヴン・プライスの作曲によるオリジナル・モーションピクチャー・スコアーCDの2枚が発売されています。

スーサイド・スクワッド・サウンドトラック

トゥエンティ・ワン・パイロッツやスクリレックスの楽曲が収録されている歌曲を集めたCDです。

Ost: Suicide Squad

スティーヴン・プライスの作曲によるオリジナル・モーションピクチャー・スコアーが収録されたCDです。

映画『スーサイド・スクワッドの書籍

誠文堂新光社から2016年10月7日に発売予定されている映画『スーサイド・スクワッド』のメイキング画集です。詳しくはこちらのリンクに記事を書いています。

スーサイド・スクワッド Behind the Scenes with the Worst Heroes Ever (GRAFFICA NOVELS)

カテゴリー
映画

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の画集『The Art of the Film 』と『Tech Manual』が発売予定!

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の画集が2016年6月13日に2冊発売されます。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生の画集『The Art of the Film 』と『Tech Manual』

Titan Booksから出版されている『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 The Art of the Film』と『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 Tech Manual』が日本語に翻訳されて出版されます。どちらの画集も映画のメイキングやデザインがよくわかる内容になっているのでおすすめです。下記に2冊の違いを書いておきます。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 The Art of the Film (GRAFFICA NOVELS)

映画で使われたシーンの写真、コンセプトアート、メイキングなどをまとめた画集が『The Art of the Film』です。スーパーマンとバットマンがちょうど良いバランスで掲載されています。スーパーマンの章では人物を中心に、バットマンの章ではバットケイブや乗り物などを中心に掲載しています。また巻末には少しだけですがワンダーウーマンの写真とコンセプトアートが掲載されています。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 Tech Manual (GRAFFICA NOVELS)

バットマンの装備品、武器、乗り物などのコンセプトアートやCGIをまとめた画集が『Tech Manual』です。バットスーツ、バットケイブ、バットモービル、バットウィングなどのデザインを細部まで堪能することができます。また巻末にスーパーマンとワンダーウーマンのコスチュームや小道具の写真が少しだけ掲載されています。

『The Dark Knight Manual』とは無関係

今回出版される『The Art of the Film 』と『Tech Manual』は、以前Insight Editionsから出版されたバットマンの画集『The Dark Knight Manual』とは無関係です。なので『The Art of the Film 』と『Tech Manual』には付録などは付いていません。

The Dark Knight Manual: Tools, Weapons, Vehicles & Documents from the Batcave(英語)

画集『The Dark Knight Manual』はバットマンの装備品、武器、乗り物などを解説した本です。この画集の見どころは事件の資料を集めたファイルをイメージして作られています。なので本を開くとゴッサムシティの警察が使用しているファイルのデザインで構成されています(笑)。しかも画集にはウェイン・エンタープライズのメモ用紙、ポストカード、シールなどが各ページに貼られています。特にゴッサムシティの地図、ブルース・ウェインのIDカード、ジョーカーのカード、ハービー・デントのポスターなどの付録は映画の中に入ったような気分が味わえます。