カテゴリー
ゲーム 映画

コミコン2015にて公開された映画『Warcraft(ウォークラフト)』のウェポンとアーマー

現在アメリカのサンディエゴにてコミコン2015が開催されています。GameSpotの記事が伝えるところによると、ロード・オブ・ザ・リングやホビットで有名なWeta Workshopのブースでは、2016年に公開予定の映画『Warcraft(ウォークラフト)』のウェポンとアーマーを公開しているそうです。

Weta Workshop Showing WOW Props – Comic Con 2015

ワールド・オブ・ウォークラフトの世界観が反映されている

展示しているのはゲーム『ワールド・オブ・ウォークラフト』に登場してくるアライアンスのロイヤルガードが身に付けているウェポンとアーマーです。どの小道具もゲームの世界観をそのままに反映したデザインなので制作者たちのクオリティーが高いことが分かります。例えばアーマーなどは一見するとすべて同じデザインのように思えますが、よく見ると細部のデザインが違います。

映画『Warcraft(ウォークラフト)』に期待

ワールド・オブ・ウォークラフトのデザインは10年前に開発されたモノなので、ローポリゴンながらもデザインを誇張し、存在感を出してきました。よってゲームのデザインをそのまま実写に応用しようとすると「コスプレ大会のようになってしまうのではないか?」と心配していました。しかし今回の展示と以前お伝えしたオークのイメージ画像のクオリティを見て、映画『Warcraft(ウォークラフト)』には期待できると思いました。

映画『ウォークラフト』の小説

映画の小説が日本語版でも出版されます。発売予定日は2016年7月1日

ウォークラフト 公式ノベライズ

映画『ウォークラフト』のメイキング画集

映画のコンセプトアートやメイキングを特集した『Warcraft – ダークポータルの裏側』が日本語訳で出版されます。発売予定日は2016年7月1日

Warcraft – ダークポータルの裏側 –

ロード・オブ・ザ・リングとチャッピー

この動画の後半はロード・オブ・ザ・リングのウェポンとチャッピーのロボットが紹介されています。ロード・オブ・ザ・リングのウェポンはコスプレや家に飾るためのコレクターズアイテムです。また展示しているチャッピーのロボットは映画で使われたオリジナルでは無く、元はポリスドロイドだったものを改良してディスプレイ用にしたモノだそうです。チャッピーの足元に展示してある小さいスケールのムースもカッコいいので注目です。

カテゴリー
ゲーム 映画

映画『ウォークラフト』オークのイメージが公開

ゲーム『ワールド・オブ・ウォークラフト』を元にした映画『ウォークラフト』に登場するオーク「Orgrim」のイメージが公開されました。ゲームとは違った現実的な雰囲気がカッコイイです。

オークのイメージ公開記事

記事へのリンク:Your First Look at Orgrim, Warcraft’s Hunky Star

WIREDに映画『ウォークラフト』に登場してくるオーク「Orgrim」のイメージが2枚公開されました。1枚はたいまつの光、もしくはたき火のようなライティングがされたシーンです。背景がごちゃごちゃしているので野営をしているところなのでしょうか?もう1枚はオーク「Orgrim」のバストショットです。顔つきがカッコいいですし、肩当の材質がリアルにデザインされています。ゲームでは表現されていない胸毛の部分も現実感があっていい出来です。

ディレクターへのインタビュー記事

記事へのリンク:6 Things We Learned About Warcraft From Its Director

こちらもWIREDからの記事です。映画『ウォークラフト』のディレクターDuncan Jonesさんがインタビューに答えています。

映画の完成に期待

公開されたオークの完成度が高かったので映画『ウォークラフト』に期待できそうです。またコンセプトアートの段階でブリザード・エンターテイメントも関わっているということなので大丈夫だと思われます。アメリカでの公開は2016年6月10日になるようです。

映画『ウォークラフト』の小説

映画の小説が日本語版でも出版されます。発売予定日は2016年7月1日

ウォークラフト 公式ノベライズ

映画『ウォークラフト』のメイキング画集

映画のコンセプトアートやメイキングを特集した『Warcraft – ダークポータルの裏側』が日本語訳で出版されます。発売予定日は2016年7月1日

Warcraft – ダークポータルの裏側 –

カテゴリー
ゲーム

Gorehowl(戦斧)の制作映像

映画やゲームなどの武器やアーマーを制作しているTony Swattonさんがブリザード・エンターテイメントからの注文でGorehowl(戦斧)を制作する映像です。Gorehowlとはゲーム World of Warcarftの新しいエクスパンションWarlords of Draenorに登場してくるGrommashが持つ戦斧の名前です。

Azeroth Armory Gorehowl

ミーティング

実物大にプリントアウトしたイメージ画をもとにGorehowlを作ります。ただし戦斧の刃の部分は鉄の塊で作ってしまうと重すぎてしまうので、鉄板を組み合わせて外側のみを制作します。

制作過程

戦斧の刃

  • 実物大にプリントアウトしたイメージ画から形を1/8インチ厚の鉄板に写します。
  • プラズマカッターで鉄板からパーツを切り出し、グラインダーで形を整えます。
  • 斧の尖端部分は炭素鋼の板を中心から180度折り曲げ、スクリュープレスを使用して折り曲げた板を少しずつ開いてV字にします。
  • スパイク部分は鉄の棒をハンマーでたたいて作り出します。
  • 作られた各パーツは溶接してつなぎます。
  • 刃の部分を研ぎシャープにします。

戦斧の柄

  • 柄の部分はレッドオークの木材から切り出し、グラインダーで形を整えます。
  • 柄に皮を貼り付けます。

戦斧の装飾パーツ

  • 奥さんのKarenさんが粘土(chavant oil clay)を使いスケルトンの装飾や柄の端の装飾を作ります。
  • 完成した粘土を元にRTVシリコンで型を作ります。
  • シリコンの型にワックスを流し込むとワックスでできた装飾パーツが完成します。
  • ワックスでできた装飾パーツを缶(ブロンズ鋳造の型)に入れます。
  • 缶をオーブンで焼くことでワックス部分が燃えてなくなります。
  • 高温で溶けたブロンズを缶に流し込むことでブロンズ製のパーツが鋳造されます。

完成

  • 各パーツを固定して完成です。

破壊してみる

せっかくきれいに完成したGorehowlですが・・・Blizzardのお兄ちゃんはすぐに「何か破壊しよう」と提案しています(笑)。氷でできたMURLOC、うまそうなハム、石膏像、スイカ、ガラスのコップなどを破壊!最後はモデルさんがポーズをとって終了・・・オイオイ苦労の末に完成したGorehowlを鑑賞する時間が短すぎないか?

カテゴリー
ゲーム

タイムズスクエアでおこなわれたワールド・オブ・ウォークラフトの広告がすごい!

ブリザード・エンターテイメントから発売される予定のワールド・オブ・ウォークラフトのエクスパンション『Warlords of Draenor』の広告がタイムズスクエアに展示されました。

ニューヨークの象徴でもあるイエローキャブが破壊される

ニューヨークのタイムズスクエアに突然、巨大な戦斧が落ちてきて、ニューヨークの象徴でもあるイエローキャブを破壊してしまいました(笑)。なんとこれがブリザードエンターテイメントの広告なんです!観光客も通勤途中のビジネスマンもあまりにインパクトのある広告に立ち止ってしまいます。さすがブリザードエンターテイメントですね、企画が面白い!

The Iron Horde Invades Times Square

戦斧Gorehowlのデザイン

イエローキャブに突き刺さっているのがオークのGrommashが持つ戦斧Gorehowlです。サイズがかなり大きく作られているので迫力があります。破壊されたイエローキャブと合わせると高さ3メートルはありそうです。ブレード、グリップ、装飾のスカルなど細部のデザインがきれいに仕上げられています。ブリザードエンターテイメントはゲーム会社なのに彫刻部門をかかえているので作品のクオリティーが高いです!

イエローキャブの細部までこだわったデザイン

巨大な戦斧だけでなく破壊されたイエローキャブの細部もこだわってデザインしているようです。まず車体の屋根に付いていたはずの看板が外れ、地面に転がっています。この看板をよく見るとワールド・オブ・ウォークラフトのエクスパンション『Warlords of Draenor』の広告になっています。またナンバープレートがWRCRFTとなっており、車体には「Draenorまで均一運賃」と書かれています(笑)。