カテゴリー
小説

ディズニーのアニメや実写版映画とは全く違う『ジャングル・ブック』の原作小説

ディズニーの実写映画『ジャングル・ブック』が大変面白かったので、ラドヤード・キプリングが書いた原作小説を読んでみました。原作を読んで驚いたのは映画とは全く違うストーリーだということです。しかも小説の方がアクションシーンが多いので、大人も子供も楽しめるストーリーになっています。

岩波少年文庫のジャングル・ブック

ディズニーの実写版映画『ジャングル・ブック』が劇場公開されたので、現在はさまざまな出版社から『ジャングル・ブック』の小説が翻訳されています。私が読んだのは岩波書店から出版されている三辺 律子さんの翻訳本です。読みやすい表現で翻訳されているので違和感なく読むことができました。

ジャングル・ブック (岩波少年文庫)
出版社: 岩波書店
著者: ラドヤード・キプリング
翻訳: 三辺 律子

短編小説を集めた形式

原作小説は短編が集まった形式なので時間軸がバラバラに展開します。なので各章を読みはじめる時に一瞬だけ戸惑うかもしれません。しかしどのストーリーも展開が早いのですぐに物語の魅力に引き込まれると思います。

ただし残念なことに岩波少年文庫のジャングル・ブックではモウグリが登場する8編のみの掲載になります。モウグリが登場しない残り7編は掲載されていません。

アニメ、実写映画とは全くストーリーが違う

原作小説のジャングル・ブックはアニメや映画とは全く違うストーリーになっています。特にアニメで表現されていたようなほのぼのとした雰囲気ではなく、原作小説ではジャングルで生き抜くための戦いが常につきまとってきます。その結果、アニメや映画などよりもジャングル・ブックの社会がどのように構成されているのか理解しやすくなっていると思います。

無駄に殺生をしているわけでは無い

ディズニーのアニメや実写版映画と比べると原作小説の方が「血生臭いシーンが多いなぁ」と感じると思います。しかしジャングルには掟があり、無駄な殺生をしているわけではありません。厳しいジャングルで生き抜くことの難しさや、命の尊さなどを効果的に表現していると思います。

また無駄な殺生を楽しんでいるシア・カーンや人間などは敵として描かれ、避けられない戦いとなっていくところなどは映画版に負けないくらい魅力的なアクションシーンになっています。

子供のキャラクターは純粋無垢な存在ではない

日本人の傾向としてありがちな「子供のキャラクターを純粋無垢な存在」と認識してしまったり、ディズニーアニメの作り出した主人公モウグリの印象を持ってジャングル・ブックを読みはじめると、モウグリの設定に多少戸惑ってしまうと思います。

原作小説ではモウグリの子供時代から思春期までの成長過程を描いているので、モウグリのキャラクターは常に変化し、それと共にストーリーがエンディングへ向かっていく設定になっています。なのでモウグリが成長するにしたがって彼の行動や発言に好感が持てない箇所もあるかもしれませんが、「主人公の好感度」と「小説の完成度」は別物だと思って評価したほうがいいでしょう。

その他のジャングルブックの翻訳本

ディズニーの実写版映画の劇場公開に合わせて原作小説の翻訳本がさまざまな出版社から発売されています。

ジャングル・ブック (新潮文庫)


出版社: 新潮社
著者: ラドヤード・キプリング
翻訳: 田口 俊樹

新訳 ジャングル・ブック (角川つばさ文庫)


出版社: KADOKAWA/角川書店
著者: ラドヤード・キプリング
翻訳: 山田 蘭

ジャングル・ブック (文春文庫)


出版社: 文藝春秋
著者: ラドヤード・キプリング
翻訳: 金原 瑞人、井上 里

ディズニーのアニメと実写版映画もおすすめ

原作とは全く違うストーリーになっているディズニーのジャングル・ブックですが、どちらも素晴らしい作品なのでおすすめです。アニメ版はシャーマン兄弟によるミュージカルが見どころですし、実写版映画はリアルなジャングルの風景をCGで作り出しているので映像に迫力があります。

ちなみにディズニーはジャングル・ブック 2も制作していますがこちらも全く違うストーリーになっています。ただし・・・原作小説を読んだ後にこの強いアニメを見ると恐ろしいエンディングにしか感じられません(笑)。

ディズニーアニメ版 『ジャングル・ブック』

ディズニー実写版 『ジャングル・ブック』

関連記事

カテゴリー
映画

映画ジャングル・ブックのメイキングがわかる画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』

映画監督ジョン・ファヴローさんによるの実写映画『ジャングル・ブック』のコンセプトアートやメイキングが掲載された画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』が出版されています。

画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』

2016年8月11日に日本公開となった映画『ジャングル・ブック』ですが、アメリカの公開日と同じ2016年4月15日に画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』が出版されています。コンセプトアート、メイキングの写真、動物や植物のCGIなどが掲載されています。

メイキングについてまとめた画集

映画『ジャングル・ブック』の画集は映画全体のメイキングを網羅しています。キャストとチームの紹介、キャラクターと背景、撮影技術、動物のアニメーション、CGIについてたくさんの写真と共に解説が書かれています。特にコンセプトアートと写真は極力大きく掲載されていながらも、きれいにレイアウトしてあるので見やすいです。

The Art of Disney The Jungle Book

コンセプトアートも豊富に掲載

『The Art of ・・・』と題された映画の画集はコンセプトアートを主に掲載した本が多いので、映画のコンセプトアートを期待して購入する人も多いと思います。この『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』はすべてがコンセプトアートの画集とはなっていませんが、コンセプトアートも豊富に掲載されています。特に第2章の主人公モーグリや動物たちのコンセプトアートは素晴らしいです。鉛筆で描かれたスケッチからデジタルでペイントされたリアルなコンセプトアートまで掲載されているので、十分に満足できる仕上がりです。

撮影技術よりもネール・セティ君に驚く

撮影技術について解説されたチャプターでは、ブルーバックスクリーンの中で主人公モーグリ役のネール・セティ君がどのように演技をしているのかわかります。ネール・セティ君の周りには草木のセットが作られているのですが、それ以外の場所には何も無い空間です。さらに動物たちとの会話シーンは巨大な動物のお面のようなものを相手に演技しています。子供とは言ってもプロはスゴイですね(笑)。

CGIについて

巻末ではシア・カーン、ラクシャ、カーのジャングル、レイジ―リバーのCGIについて12ページほど掲載されています。モデリング、テクスチャ、ルックデベロップメントなどの写真をたくさん掲載しているので、ひとつひとつの写真のサイズは小さいのですが、全体的な制作工程がわかるようになっています。ただしCGIの専門誌のようなレベルの解説は無く、写真に対して簡単なキャプションをつけた感じになります。

映画『ジャングル・ブック』のサントラ

日本語版のサウンドトラックが発売されています。ディスク1はオリジナルの英語バージョン、ディスク2は日本語バージョンが収録されています。西田敏行さんの歌う「ザ・ベアー・ネセシティ」と石原慎一さん、Little Glee Monsterの歌う「君のようになりたい」がそれぞれ収録されています。

ジャングル・ブック オリジナル・サウンドトラック

関連記事

カテゴリー
映画

Little Glee Monsterがさわやかに歌う!映画『ジャングルブック』の「君のようになりたい」

シャーマン兄弟によって作詞、作曲された名曲「君のようになりたい (I Wan’na Be Like You)」を女性のボーカルユニットLittle Glee Monster(リトル・グリー・モンスター)が歌っています。

名曲「君のようになりたい」

1967年に作られたディズニーアニメ『ジャングルブック』の中でサルの王様(キング・ルイ)が歌う名曲が「君のようになりたい」です。ディキシーランド・ジャズのスタイルで作曲されたこの曲は、アニメで使われたシーンと同じように、みんなで踊りたくなるようなノリの良い曲です。

ちなみにこの歌を歌っていたのはジャズ・ミュージシャンのルイ・プリマさんだったので、サルの王様の名前がルイと名付けられました。

Little Glee Monsterが歌う

2016年8月11日から日本公開になる実写映画『ジャングル・ブック』では、日本の女性ボーカルユニットLittle Glee Monster(リトル・グリー・モンスター)が「君のようになりたい」を歌っています。ルイ・プリマさんのパワフルな男性的なイメージとは違う、さわやかなイメージを楽しむことができると思います。特に軽快なスキャットがいいですね。

リトグリ 【生歌・生演奏】君のようになりたい-Live Music Video-

https://youtu.be/gjCh3dGjExQ

追記:残念ながらディズニーのYouTubeチャンネルにアップされていたリトル・グリー・モンスターのさまざまな動画は映画のプロモーションが終わったのですべて削除されてしまいました。しかし、うれしいことにリトル・グリー・モンスターのYouTubeチャンネルに新く「君のようになりたい」の動画がアップされました。この動画はディキシーランド・ジャズの雰囲気を演出した映像になっているので、今まで公開されていた動画よりも大人っぽいリトル・グリー・モンスターが見られます。

残念ながら削除されてしまった動画のタイトル

  • 「ジャングル・ブック」君のようになりたい/Little Glee Monster
  • 「ジャングル・ブック」【歌あり】一緒に歌おう!Little Glee Monster♪君のようになりたい(キャンペーンソング)
  • 7/21 LINE LIVEでLittle Glee Monster が 「ジャングル・ブック」キャンペーンソング「君のようになりたい」を初披露!

キング・ルイの声優は石原慎一さん

日本語吹き替え版の映画ではキング・ルイの声優を石原慎一さんが担当しているので、石原慎一さんの歌う「君のようになりたい」を聴くことができます。残念ながら石原慎一さんのバージョンはYouTubeに公開されていないようです。

英語バージョンの声優はクリストファー・ウォーケンさん

英語バージョンではクリストファー・ウォーケンさんがキング・ルイの声優を担当しています。こちらはもっとオリジナルのルイ・プリマさんに近いイメージで歌っています。

Christopher Walken – I Wan’na Be Like You (2016) (From “The Jungle Book” (Audio Only))

映画『ジャングル・ブック』のサントラ

日本語版のサウンドトラックが発売されています。ディスク1はオリジナルの英語バージョン、ディスク2は日本語バージョンが収録されています。西田敏行さんの歌う「ザ・ベアー・ネセシティ」と石原慎一さん、Little Glee Monsterの歌う「君のようになりたい」がそれぞれ収録されています。

ジャングル・ブック オリジナル・サウンドトラック

映画ジャングル・ブックのメイキング画集

映画ジャングル・ブックのコンセプトアートやメイキングなどが掲載された画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』が英語版で発売されています。映画の制作現場の雰囲気やコンセプトアートなどのデザインに興味がある人におすすめです。現在のところ日本語版の出版はアナウンスされてないようです。

The Art of Disney The Jungle Book (英語)

関連記事

カテゴリー
映画

映画ジャングルブックのカー(インドニシキヘビ)が怪しくささやきながら襲ってくる360°動画

2016年8月11日に劇場公開予定のディズニー映画『ジャングルブック』の世界を体験できる360°動画がアップされました。

ジャングルの中でカーに襲われる360°動画

ジャングルの中でカー(インドニシキヘビ)に襲われる360°動画がアップされました。動画をスタートしたら、画面をドラッグすることでジャングルの中を見渡すことができます。ただし、ぐるぐる回しすぎるとカーの登場するシーンを見逃してしまうので注意してください(笑)。

この映像はこのプロモーションのために作られたCGなので、映画に登場するカーのようなリアルな完成度はありません。しかしカーがどこからやってくるのかわからないので、緊張感がある動画になっています。

Through Mowgli’s Eyes Pt. 1 “Kaa’s Jungle” 360 Experience – Disney’s The Jungle Book

声優はスカーレット・ヨハンソンさん

カーの役はスカーレット・ヨハンソンさんが演じています。なので怪しいと思いながらも、スカーレット・ヨハンソンさん魅力的な声を聞き入ってしまいます(笑)。

カーの迫力あるシーンに驚き!

1967年に公開されたディズニーアニメのジャングルブックではユーモラスなシーンでしたが、今回の実写版はかなり迫力のあるシーンになっています。カーの表現があまりにもリアルなので、大人が見ても怖いです(笑)。カーが歌う『トラスト・イン・ミー』をマーク・ロンソンさんがリミックスした動画が公開されていますので、そちらを見るとそのすごさが確認できます。

映画『ジャングル・ブック』のサントラ

日本語版のサウンドトラックが発売されています。ディスク1はオリジナルの英語バージョン、ディスク2は日本語バージョンが収録されています。西田敏行さんの歌う「ザ・ベアー・ネセシティ」と石原慎一さん、Little Glee Monsterの歌う「君のようになりたい」がそれぞれ収録されています。

ジャングル・ブック オリジナル・サウンドトラック

映画ジャングル・ブックのメイキング画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』

映画ジャングル・ブックのコンセプトアートやメイキングの写真などが掲載された画集が英語版で発売されています。現在のところ日本語版の出版はアナウンスされてないようです。

The Art of Disney The Jungle Book (英語)

関連記事

カテゴリー
映画

マーク・ロンソンによる『トラスト・イン・ミー』リミックス – 映画ジャングル・ブック(2016)から

映画ジャングル・ブックの中でスカーレット・ヨハンソンさんが歌う『トラスト・イン・ミー』をマーク・ロンソンさんがリミックスしました。

実写版ジャングル・ブックで使用される『トラスト・イン・ミー』

1967年に公開されたディズニーアニメ版のジャングル・ブックでは、カー(インドニシキヘビ)が『トラスト・イン・ミー』を歌いながら主人公のモーグリを催眠術にかけます。アニメ版ではシーンはユーモラスな感じで描かれていましたが、今回の実写版では緊張感があるリアルなシーンとなっているようです。

実写版ジャングル・ブックではカーの声優をスカーレット・ヨハンソンさんが演じ、『トラスト・イン・ミー』も歌っています。下記にスカーレット・ヨハンソンさんが歌うバージョンをリンクしておきます。

Scarlett Johansson – Trust in Me (From “The Jungle Book” (Audio Only))

追記:アニメ版とは違い実写版ではミュージカル的な要素は排除されているので、映画の中ではカーは『トラスト・イン・ミー』を歌いません。エンディングにて2Dアニメーションと共に流れます。

マーク・ロンソンによる『トラスト・イン・ミー』リミックス

スカーレット・ヨハンソンさんの歌うオリジナル版の方はやさしい雰囲気の歌ですが、マーク・ロンソンさんのリミックスでは神秘的であやしげな雰囲気に作ってあります。

しかしこのリミックスは何のために作られたのかよくわかりません(笑)。映画のなかで使われたわけでも無く、オリジナルのサウンドトラックにも入っていないようです。

“Trust in Me” DJDS Remix – Scarlett Johansson & Mark Ronson – Disney’s The Jungle Book

追記:あくまで私の妄想ですけど・・・ひょっとすると映画の中で『トラスト・イン・ミー』を歌うシーンが最初のうちは設定されていたのかもしれません。そしてマーク・ロンソンさんのリミックスはエンディングに流すつもりだったのかも?その根拠としては映画の中で使われた『ザ・ベアー・ネセシティ』はエンディングでもう一度かかりますが、その時はドクター・ジョンさんのバージョンが使われています。

追記:トラスト・イン・ミー (イドリス・エルバ・イージー・タイガー・リミックス)

日本語版のサントラに収録されている『トラスト・イン・ミー』のイドリス・エルバ・イージー・タイガー・リミックスがアップされています。

The Idris Elba Easy Tiger Remix – Trust In Me Featuring Scarlett Johansson

映画ジャングル・ブックの公開日

アメリカでは2016年4月15日に公開されていますが、日本公開は2016年8月11日です。

映画『ジャングル・ブック』のサントラ

日本語版のサウンドトラックが発売されています。ディスク1はオリジナルの英語バージョン、ディスク2は日本語バージョンが収録されています。西田敏行さんの歌う「ザ・ベアー・ネセシティ」と石原慎一さん、Little Glee Monsterの歌う「君のようになりたい」がそれぞれ収録されています。

ジャングル・ブック オリジナル・サウンドトラック

映画ジャングル・ブックのメイキング画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』

映画ジャングル・ブックのコンセプトアートやメイキングの写真などが掲載された画集が英語版で発売されています。現在のところ日本語版の出版はアナウンスされてないようです。

The Art of Disney The Jungle Book (英語)

関連記事

カテゴリー
映画

映画『ジャングル・ブック』の日本語版予告公開!さらにアメリカではメイキング映像が公開!

映画『ジャングル・ブック』の日本語版予告がついに公開されました。またすでに劇場公開しているアメリカではメイキング動画が公開されています。

映画『ジャングル・ブック』の予告

2016年8月11日に劇場公開される映画『ジャングル・ブック』の日本語版予告が公開されました。今回のジャングル・ブックの見どころは実写とCGの合成による映像です。動物やジャングルなどの自然表現がリアルなので、まるで本物のジャングルにいるような映像表現を楽しめます。またモーグリがジャングルを疾走するアクションシーンはリズムよく編集されているので、見ていて気持ちがいいです。ディズニーアニメとは違ったジャングル・ブックになると思うので、日本公開が待ち遠しいところです。

「ジャングル・ブック」予告編

https://youtu.be/OIxyfN-9fWU

悪役のデザインにも注目

1967年に公開されたディズニーアニメと大きく違うところは、悪役であるシア・カーン(トラ)やカー(ヘビ)のデザインがリアルなので、ほどよい緊張感が出ていることです。この悪役のデザインならば、ジャングルを出ていかなくてはならないモーグリの宿命が分かりやすいと思います。

映画『ジャングル・ブック』のメイキング映像公開

すでに劇場公開しているアメリカではメイキング映像が公開されました。ブルーバックを多用したスタジオでの撮影がメインですが、これがCGIと合成されてリアルなジャングルになってしまうのだからすごいです。動画には一瞬だけ風景のコンセプトアートや果物を取るモーグリのラフスケッチも写っているので、要チェックです。

追記:日本語訳がつけられたバージョンが公開されたのでリンク先を交換しました。英語版と全く同じ内容です。

「ジャングル・ブック」あのシーンはこうして作られた?!最先端バーチャル映像の制作秘話

https://youtu.be/7WHPgfwgAVM

映画ジャングル・ブックのメイキング画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』

映画ジャングル・ブックのコンセプトアートやメイキングの写真などが掲載された画集が英語版で発売されています。動物やジャングルのコンセプトアートがたくさん掲載されているので、とてもきれいな本に仕上がっています。またプルーバックスクリーンでの撮影、カーンのモデリングなどのメイキングについても、写真と解説が掲載されているので映像の制作に興味がある人が読んでも楽しめると思います。残念ながら現在のところ日本語版の出版はアナウンスされてないようです。

The Art of Disney The Jungle Book (英語)

映画『ジャングル・ブック』のサントラ

日本語版のサウンドトラックが発売されています。ディスク1はオリジナルの英語バージョン、ディスク2は日本語バージョンが収録されています。西田敏行さんの歌う「ザ・ベアー・ネセシティ」と石原慎一さん、Little Glee Monsterの歌う「君のようになりたい」がそれぞれ収録されています。

ジャングル・ブック オリジナル・サウンドトラック

関連記事