カテゴリー
映画

マーク・ロンソンによる『トラスト・イン・ミー』リミックス – 映画ジャングル・ブック(2016)から

映画ジャングル・ブックの中でスカーレット・ヨハンソンさんが歌う『トラスト・イン・ミー』をマーク・ロンソンさんがリミックスしました。

実写版ジャングル・ブックで使用される『トラスト・イン・ミー』

1967年に公開されたディズニーアニメ版のジャングル・ブックでは、カー(インドニシキヘビ)が『トラスト・イン・ミー』を歌いながら主人公のモーグリを催眠術にかけます。アニメ版ではシーンはユーモラスな感じで描かれていましたが、今回の実写版では緊張感があるリアルなシーンとなっているようです。

実写版ジャングル・ブックではカーの声優をスカーレット・ヨハンソンさんが演じ、『トラスト・イン・ミー』も歌っています。下記にスカーレット・ヨハンソンさんが歌うバージョンをリンクしておきます。

Scarlett Johansson – Trust in Me (From “The Jungle Book” (Audio Only))

追記:アニメ版とは違い実写版ではミュージカル的な要素は排除されているので、映画の中ではカーは『トラスト・イン・ミー』を歌いません。エンディングにて2Dアニメーションと共に流れます。

マーク・ロンソンによる『トラスト・イン・ミー』リミックス

スカーレット・ヨハンソンさんの歌うオリジナル版の方はやさしい雰囲気の歌ですが、マーク・ロンソンさんのリミックスでは神秘的であやしげな雰囲気に作ってあります。

しかしこのリミックスは何のために作られたのかよくわかりません(笑)。映画のなかで使われたわけでも無く、オリジナルのサウンドトラックにも入っていないようです。

“Trust in Me” DJDS Remix – Scarlett Johansson & Mark Ronson – Disney’s The Jungle Book

追記:あくまで私の妄想ですけど・・・ひょっとすると映画の中で『トラスト・イン・ミー』を歌うシーンが最初のうちは設定されていたのかもしれません。そしてマーク・ロンソンさんのリミックスはエンディングに流すつもりだったのかも?その根拠としては映画の中で使われた『ザ・ベアー・ネセシティ』はエンディングでもう一度かかりますが、その時はドクター・ジョンさんのバージョンが使われています。

追記:トラスト・イン・ミー (イドリス・エルバ・イージー・タイガー・リミックス)

日本語版のサントラに収録されている『トラスト・イン・ミー』のイドリス・エルバ・イージー・タイガー・リミックスがアップされています。

The Idris Elba Easy Tiger Remix – Trust In Me Featuring Scarlett Johansson

映画ジャングル・ブックの公開日

アメリカでは2016年4月15日に公開されていますが、日本公開は2016年8月11日です。

映画『ジャングル・ブック』のサントラ

日本語版のサウンドトラックが発売されています。ディスク1はオリジナルの英語バージョン、ディスク2は日本語バージョンが収録されています。西田敏行さんの歌う「ザ・ベアー・ネセシティ」と石原慎一さん、Little Glee Monsterの歌う「君のようになりたい」がそれぞれ収録されています。

ジャングル・ブック オリジナル・サウンドトラック

映画ジャングル・ブックのメイキング画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』

映画ジャングル・ブックのコンセプトアートやメイキングの写真などが掲載された画集が英語版で発売されています。現在のところ日本語版の出版はアナウンスされてないようです。

The Art of Disney The Jungle Book (英語)

関連記事

カテゴリー
ゲーム 映画

映画『ウォークラフト』のキャラクター紹介動画 – メインキャラクターもすごいけどグルダンの完成度がスゴイ(笑)

映画『ウォークラフト』のキャラクターを紹介した動画が公開されました。

メインキャラクターの紹介動画

現在のところデュロタン、アンデュイン・ロザー、ガローナを紹介した動画がアップされています。ウォークラフトにはその他にもたくさん重要なキャラクターがいるので他のキャラクターの動画も作ってほしいところです。しかし下記の動画を見る限り、映画の予告編とほぼ同じカットが使われているので、他の紹介動画が作られる可能性は低いかな?

Warcraft – “Durotan” Character Video (HD)

Warcraft – “Lothar” Character Video (HD)

Warcraft – “Garona” Character Video (HD)

キャスト

デュロタン役 – トビー・ケベル
アンデュイン・ロザー役 – トラヴィス・フィメル
ガローナ役 – ポーラ・パットン

グルダンの完成度がスゴイ

ガローナを紹介する動画の途中にグルダンが登場します。クローズアップされた顔の完成度がスゴイです。グルダン役はダニエル・ウーさんが演じているのですが、ウーさんの面影はどこにもないです(笑)。ゲームのグルダンと比較できるようにワールド・オブ・ウォークラフト Legionのシネマティック・ティーザーを下記に共有しておきます。

World of Warcraft Cinematic Teaser

映画『ウォークラフト』の小説

映画の小説が日本語版でも出版されます。発売予定日は2016年7月1日

ウォークラフト 公式ノベライズ

映画『ウォークラフト』のメイキング画集

映画のコンセプトアートやメイキングを特集した『Warcraft – ダークポータルの裏側』が日本語訳で出版されます。発売予定日は2016年7月1日

Warcraft – ダークポータルの裏側 –

カテゴリー
映画

映画『ジャングル・ブック』の日本語版予告公開!さらにアメリカではメイキング映像が公開!

映画『ジャングル・ブック』の日本語版予告がついに公開されました。またすでに劇場公開しているアメリカではメイキング動画が公開されています。

映画『ジャングル・ブック』の予告

2016年8月11日に劇場公開される映画『ジャングル・ブック』の日本語版予告が公開されました。今回のジャングル・ブックの見どころは実写とCGの合成による映像です。動物やジャングルなどの自然表現がリアルなので、まるで本物のジャングルにいるような映像表現を楽しめます。またモーグリがジャングルを疾走するアクションシーンはリズムよく編集されているので、見ていて気持ちがいいです。ディズニーアニメとは違ったジャングル・ブックになると思うので、日本公開が待ち遠しいところです。

「ジャングル・ブック」予告編

https://youtu.be/OIxyfN-9fWU

悪役のデザインにも注目

1967年に公開されたディズニーアニメと大きく違うところは、悪役であるシア・カーン(トラ)やカー(ヘビ)のデザインがリアルなので、ほどよい緊張感が出ていることです。この悪役のデザインならば、ジャングルを出ていかなくてはならないモーグリの宿命が分かりやすいと思います。

映画『ジャングル・ブック』のメイキング映像公開

すでに劇場公開しているアメリカではメイキング映像が公開されました。ブルーバックを多用したスタジオでの撮影がメインですが、これがCGIと合成されてリアルなジャングルになってしまうのだからすごいです。動画には一瞬だけ風景のコンセプトアートや果物を取るモーグリのラフスケッチも写っているので、要チェックです。

追記:日本語訳がつけられたバージョンが公開されたのでリンク先を交換しました。英語版と全く同じ内容です。

「ジャングル・ブック」あのシーンはこうして作られた?!最先端バーチャル映像の制作秘話

https://youtu.be/7WHPgfwgAVM

映画ジャングル・ブックのメイキング画集『The Art of Disney The Jungle Book (英語) 』

映画ジャングル・ブックのコンセプトアートやメイキングの写真などが掲載された画集が英語版で発売されています。動物やジャングルのコンセプトアートがたくさん掲載されているので、とてもきれいな本に仕上がっています。またプルーバックスクリーンでの撮影、カーンのモデリングなどのメイキングについても、写真と解説が掲載されているので映像の制作に興味がある人が読んでも楽しめると思います。残念ながら現在のところ日本語版の出版はアナウンスされてないようです。

The Art of Disney The Jungle Book (英語)

映画『ジャングル・ブック』のサントラ

日本語版のサウンドトラックが発売されています。ディスク1はオリジナルの英語バージョン、ディスク2は日本語バージョンが収録されています。西田敏行さんの歌う「ザ・ベアー・ネセシティ」と石原慎一さん、Little Glee Monsterの歌う「君のようになりたい」がそれぞれ収録されています。

ジャングル・ブック オリジナル・サウンドトラック

関連記事

カテゴリー
ゲーム 映画

映画『ウォークラフト』の新しい日本版予告が公開!さらに酒場『ザ・ライオンズ・プライド・イン』でのメイキング動画も公開!

映画『ウォークラフト』の新しい日本版予告が公開されました。またアメリカではメイキングの動画が公開されています。

映画『ウォークラフト』の予告

世界的にヒットしたゲーム『ワールド・オブ・ウォークラフト』の映画が2016年7月1日に日本で劇場公開になります。以前にも日本語版の予告が公開されていましたが、新しく公開された動画は『本予告』とタイトルがつけられています。

動画を見ると以前の公開された動画にアメリカ版の予告『Warcraft – Trailer 2 (HD) 』が追加されています。日本語版とアメリカ版では音楽が大きく違うので印象がだいぶ違いますが、どちらの動画もカッコよく仕上がっています。

『ウォークラフト』本予告

Warcraft – Trailer 2 (HD)

映画『ウォークラフト』のメイキング映像

アメリカでは酒場『ザ・ライオンズ・プライド・イン』でのメイキング動画が公開されています。この動画ではオグリム・ドゥームハンマー役のロバート・カジンスキーさんが解説してくれます。

ロバート・カジンスキーさんが絶賛するように『ザ・ライオンズ・プライド・イン』のセットは完璧にゲームの世界観を再現しています。多くのWoWファンは、はじめてゲーム『ワールド・オブ・ウォークラフト』を体験したときの感動を思い出すでしょう。私はあまりに感動してしまったので、新たにレベル1からキャラクーを作ってしまいました(笑)。

Warcraft – Featurette: “The Lion’s Pride Inn” (HD)

映画『ウォークラフト』の小説

映画の小説が日本語版でも出版されます。発売予定日は2016年7月1日

ウォークラフト 公式ノベライズ

映画『ウォークラフト』のメイキング画集

映画のコンセプトアートやメイキングを特集した『Warcraft – ダークポータルの裏側』が日本語訳で出版されます。発売予定日は2016年7月1日

Warcraft – ダークポータルの裏側 –

カテゴリー
ゲーム 映画

映画『ウォークラフト』のトレイラーがついに公開!

BlizzCon 2015にて映画『ウォークラフト』のトレイラーがついに公開されました。

BlizzCon 2015の動画

動画の経過時間21分ごろを探すとCEOのMike Morhaimeさんが映画『ウォークラフト』についてアナウンスしています。ほんの少しの時間ですが監督のダンカン・ジョーンズさんが登場します。

BlizzCon 2015 Opening Ceremony

映画『ウォークラフト』のトレイラー

ワールド・オブ・ウォークラフトのゲームファンであっても納得できるクオリティーに仕上がっているのではないでしょうか?特にオークのデザインはリアリティーがあっていいですよね。アメリカでは2016年6月に公開予定です。非常に楽しみですが・・・日本での公開はどうなるのでしょうね?

Warcraft – Official Trailer (HD)

映画『ウォークラフト』の小説

映画の小説が日本語版でも出版されます。発売予定日は2016年7月1日

ウォークラフト 公式ノベライズ

映画『ウォークラフト』のメイキング画集

映画のコンセプトアートやメイキングを特集した『Warcraft – ダークポータルの裏側』が日本語訳で出版されます。発売予定日は2016年7月1日

Warcraft – ダークポータルの裏側 –

カテゴリー
ゲーム 映画

コミコン2015にて公開された映画『Warcraft(ウォークラフト)』のウェポンとアーマー

現在アメリカのサンディエゴにてコミコン2015が開催されています。GameSpotの記事が伝えるところによると、ロード・オブ・ザ・リングやホビットで有名なWeta Workshopのブースでは、2016年に公開予定の映画『Warcraft(ウォークラフト)』のウェポンとアーマーを公開しているそうです。

Weta Workshop Showing WOW Props – Comic Con 2015

ワールド・オブ・ウォークラフトの世界観が反映されている

展示しているのはゲーム『ワールド・オブ・ウォークラフト』に登場してくるアライアンスのロイヤルガードが身に付けているウェポンとアーマーです。どの小道具もゲームの世界観をそのままに反映したデザインなので制作者たちのクオリティーが高いことが分かります。例えばアーマーなどは一見するとすべて同じデザインのように思えますが、よく見ると細部のデザインが違います。

映画『Warcraft(ウォークラフト)』に期待

ワールド・オブ・ウォークラフトのデザインは10年前に開発されたモノなので、ローポリゴンながらもデザインを誇張し、存在感を出してきました。よってゲームのデザインをそのまま実写に応用しようとすると「コスプレ大会のようになってしまうのではないか?」と心配していました。しかし今回の展示と以前お伝えしたオークのイメージ画像のクオリティを見て、映画『Warcraft(ウォークラフト)』には期待できると思いました。

映画『ウォークラフト』の小説

映画の小説が日本語版でも出版されます。発売予定日は2016年7月1日

ウォークラフト 公式ノベライズ

映画『ウォークラフト』のメイキング画集

映画のコンセプトアートやメイキングを特集した『Warcraft – ダークポータルの裏側』が日本語訳で出版されます。発売予定日は2016年7月1日

Warcraft – ダークポータルの裏側 –

ロード・オブ・ザ・リングとチャッピー

この動画の後半はロード・オブ・ザ・リングのウェポンとチャッピーのロボットが紹介されています。ロード・オブ・ザ・リングのウェポンはコスプレや家に飾るためのコレクターズアイテムです。また展示しているチャッピーのロボットは映画で使われたオリジナルでは無く、元はポリスドロイドだったものを改良してディスプレイ用にしたモノだそうです。チャッピーの足元に展示してある小さいスケールのムースもカッコいいので注目です。

カテゴリー
映画

映画 『ホビット 決戦のゆくえ』設定画集『The Hobbit:The Battle of the Five Armies Chronicles:The Art of War(英語) 』の発売日が決定

映画 『ホビット 決戦のゆくえ』の設定画集『The Hobbit:The Battle of the Five Armies Chronicles:The Art of War(英語) 』の発売日が決定しました。発売日は2015年11月3日です。まだまだ待たなくてはなりませんが、豊富に掲載されるコンセプトアートを見れる日を楽しみにしています。

The Hobbit:The Battle of the Five Armies Chronicles:The Art of War(英語)

映画 『ホビット』の設定画集シリーズのコンセプトアートは見ごたえあり!

映画 『ホビット』の設定画集シリーズは今まで6冊出版されています。そのうち5冊は今回発売が予定されている『The Hobbit:The Battle of the Five Armies Chronicles:The Art of War(英語) 』と同じ形式で発売されています。コンセプトアートが豊富に掲載されているのでホビットのファンは圧倒されると思います。またハードカバーの裏側に何らかの仕掛けがしてあるので、毎回楽しみにしています。期待が外れたことは無いので今回も間違いなく満足できるものになると思います。

日本語での出版はあるのか?

現在は『ホビット 決戦のゆくえ 設定画集 ART & DESIGN』のみ株式会社ボーンデジタルから日本語で出版されています。今のところ株式会社ボーンデジタルが『The Hobbit:The Battle of the Five Armies Chronicles:The Art of War(英語) 』を日本語で出版するかわかりません。株式会社ボーンデジタルから出版されてる書籍は興味深い本が多いので定期的にチェックしていますので、わかりしだい報告したいと思います。

カテゴリー
ゲーム 映画

映画『ウォークラフト』オークのイメージが公開

ゲーム『ワールド・オブ・ウォークラフト』を元にした映画『ウォークラフト』に登場するオーク「Orgrim」のイメージが公開されました。ゲームとは違った現実的な雰囲気がカッコイイです。

オークのイメージ公開記事

記事へのリンク:Your First Look at Orgrim, Warcraft’s Hunky Star

WIREDに映画『ウォークラフト』に登場してくるオーク「Orgrim」のイメージが2枚公開されました。1枚はたいまつの光、もしくはたき火のようなライティングがされたシーンです。背景がごちゃごちゃしているので野営をしているところなのでしょうか?もう1枚はオーク「Orgrim」のバストショットです。顔つきがカッコいいですし、肩当の材質がリアルにデザインされています。ゲームでは表現されていない胸毛の部分も現実感があっていい出来です。

ディレクターへのインタビュー記事

記事へのリンク:6 Things We Learned About Warcraft From Its Director

こちらもWIREDからの記事です。映画『ウォークラフト』のディレクターDuncan Jonesさんがインタビューに答えています。

映画の完成に期待

公開されたオークの完成度が高かったので映画『ウォークラフト』に期待できそうです。またコンセプトアートの段階でブリザード・エンターテイメントも関わっているということなので大丈夫だと思われます。アメリカでの公開は2016年6月10日になるようです。

映画『ウォークラフト』の小説

映画の小説が日本語版でも出版されます。発売予定日は2016年7月1日

ウォークラフト 公式ノベライズ

映画『ウォークラフト』のメイキング画集

映画のコンセプトアートやメイキングを特集した『Warcraft – ダークポータルの裏側』が日本語訳で出版されます。発売予定日は2016年7月1日

Warcraft – ダークポータルの裏側 –

カテゴリー
映画

ついに日本語訳『ホビット 決戦のゆくえ 設定画集 ART & DESIGN』が出版

ついにダニエル・ファルコナー (著)による『ホビット 決戦のゆくえ 設定画集 ART & DESIGN』が日本語訳で出版されることになりました。


ホビット 決戦のゆくえ 設定画集 ART & DESIGN

しかし今回、日本語訳されるのは上記の『ホビット 決戦のゆくえ 設定画集 ART & DESIGN』のみです。映画『ホビット 思いがけない冒険』と『ホビット 竜に奪われた王国』の設定画集はまだ翻訳されないようです。これを機会に英語版で発売されているほかの巻も日本語訳されるといいですね。

英語版では『ホビット 思いがけない冒険』と『ホビット 竜に奪われた王国』も出版

『ホビット 思いがけない冒険』と『ホビット 竜に奪われた王国』の設定画集は英語版で合計4冊出版されています。どの巻もすばらしいドローイングと写真が掲載されています。英語が読めなくてもトールキンのファン、Wetaのファンは十分に楽しめる内容です。


The Hobbit: An Unexpected Journey Chronicles: Art & Design (英語)


The Hobbit: An Unexpected Journey Chronicles II: Creatures & Characters (英語)


The Hobbit: The Desolation of Smaug Chronicles: Art & Design (英語)


The Hobbit: The Desolation of Smaug Chronicles: Cloaks & Daggers (英語)

スマウグ(ドラゴン)を特集した設定画集(英語)

Smaug: Unleashing the Dragon (The Hobbit: The Desolation of Smaug)はストーリーのメインとなるスマウグ(ドラゴン)の設定画集です。内容は設定画だけでなくデジタル制作の部分もカバーしているので非常に良い本です。残念ながらほんのサイズが小さい!どうせマニアしか買わない本なのだから他と同じサイズにしてほしかった(笑)。

Smaug: Unleashing the Dragon (The Hobbit: The Desolation of Smaug) (英語)

ホビットのロケーションガイド(英語)

The Hobbit Motion Picture Trilogy Location Guide: Hobbiton, the Lonely Mountain and Beyond(英語) はかなりロケーションを特集したマニアックな書籍です。撮影風景の写真も掲載されていますが、多くの写真はニュージーランドの自然を撮影したものです。このすばらしい自然があるからこそロード・オブ・ザ・リングやホビットが撮影できたことがよくわかります。この本には撮影場所への行き方やマップなどが掲載されているので、ニュージーランドを訪れた時にはWetaのスタジオ見学だけでなく、撮影現場を訪れたくなると思います。また自然の写真がキレイなのでニュージーランドでトレッキングをしたい人にもいい刺激になるかもしれません。


The Hobbit Motion Picture Trilogy Location Guide: Hobbiton, the Lonely Mountain and Beyond (英語)

カテゴリー
映画

レイ・ハリーハウゼンのDVD 5本を寄せ集めたDVDボックスセット

アメリカのコストコでレイ・ハリーハウゼン DVDボックスセットを発見! 19.99ドルとお買い求めしやすい価格だったので即決で購入しました。

レイ・ハリーハウゼンのDVD 5本ボックスセット

購入したDVDボックスセットは『The Fantastic Films of Ray Harryhausen : Legendary Monster Series』と名付けられていました。

Exif_JPEG_PICTURE

収録作品

  • アルゴ探検隊の大冒険:Jason and the Argonauts
  • シンドバッド七回目の冒険:The 7th Voyage of Sinbad
  • シンドバッド虎の目大冒険:Sinbad and tha Eye of the Tiger
  • シンドバッド黄金の航海:The Golden Voyage of Sinbad
  • ガリバーの大冒険:3 Worlds of Gulliver

個別に販売されたものをボックスセットにした企画

DVDのタイトルを見るとモンスターに特化したボックスセットのように思えますが、各DVDのパッケージをよく観察してみると、コロンビアのロゴのサイズや配置場所がバラバラ・・・どうやら個別に販売されていたDVDをボックスにまとめた企画のようです。安いから贅沢は言えませんね。

『タイタンの戦い』はボックスに入ってない

少し残念なのが『タイタンの戦い : Clash of the Titans』が入ってないこと。 タイタンの戦いは数カ月前に見たばかりだったのですが、手元に置いておきたい作品なので後日購入を検討したいと思っています。

日本で発売されているDVDボックスセット

残念ながら上記のボックスセットは日本で発売されていません。ただしレイ・ハリーハウゼンさんのファンは日本にも多くいるので、日本でもさまざまなボックスセットが発売されています。

DVDライブラリー Limited Box シリーズ

オリジナル・フィギュアがついたDVDボックスセットが『レイ・ハリーハウゼン DVDライブラリー Limited Box』です。1巻から3巻まで発売されています。

レイ・ハリーハウゼン DVDライブラリー Limited Box 1

レイ・ハリーハウゼン DVDライブラリー Limited Box 2

レイ・ハリーハウゼン DVDライブラリー Limited Box 3

Blu-rayのボックスセット

『シンドバッド 7回目の航海』、『水爆と深海の怪物』、『世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す』、『地球へ2千万マイル』の4作品をBlu-rayで楽しめるボックスセット。

レイ・ハリーハウゼン コレクション Blu-ray BOX (4枚組)

最強のDVDボックスセット

DVD19枚とオリジナル・フィギュアがついたボックスセットが『レイ・ハリーハウゼン コンプリート・コレクション』です。レイ・ハリーハウゼンさんが特撮監督を務めた全作品と初期作品のドキュメンタリー集が入っているまさにコンプリート・コレクション!

追記:定価も62,790円でしたが、2016年10月27日の時点では34,480円まで安くなっています。